日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

霧島連山「新燃岳」来年1月にも噴火警戒レベル1へ引き下げ

Posted morimori / 2016.12.26 Monday / 23:36


《情報追記》新燃岳において、2017年3月13日より数日間、火山性地震が急増した為、以下の記事(レベル1への引き下げ)は保留となるものと思われます。

火山性地震
3月13日 32回、14日 35回、15日 25回、16日 8回、(17日は午後3時までに観測されておらず少ない状態で推移。)

追記 おわり


霧島連山「新燃岳」について、気象庁は26日、噴火警戒レベル2(火口周辺規制)の新燃岳について、火山活動が落ち着いてきたとして、今後大きな変化がなければ来年1月にもレベル1(活火山であることに留意)へ引き下げることを明らかにしたようです。

新燃岳は2011年1月に本格的なマグマ噴火を起こし、レベル3に引き上げ、その後活発な火山活動は収まり、噴火警戒レベルはレベル2へ引き下げられておりました。

新燃岳の噴火は11年9月7日以降発生してなく、火山性地震は今年9月以降、月に10回未満。火口内の溶岩の体積膨張も停滞、落ち着いた状態を維持しているとの事。

新燃岳噴火 宮崎市より撮影
〜 2011年の噴火(約50Km離れた宮崎市より撮影) 〜


 


NHKニュースによると
“火山噴火予知連絡会メンバーの鍵山恒臣京都大教授は「溶岩が少し膨らんでおり、万が一にも噴火する可能性があったが、それもなくなった。この状態でいきなり噴火することはありえないと思う」と話した。”とのことです。

このまま落ち着いてくれるといいのですが・・・。

ただ、登山道などは、火山レキや灰に埋もれてしまっておりますので、すぐに入山出来る状態ではないでしょうから、整備が完了するまで(おそらく年単位のスパン)、噴火レベルは下がっても当面現状の入山規制は続くことと思います。

キリシマミツバツツジが再び見られる時が来ると良いのですが、多くは焼け、火山灰に埋もれてしまったようです。

新燃岳鞍部のキリシマミツバツツジ 
〜 新燃岳鞍部にあったキリシマミツバツツジの群落 〜


関連リンク
 新燃岳
 2011年 新燃岳岳噴火時系列



【はみだし情報】オススメ!! お見逃しなきよう

宮崎発ドラマ「宮崎のふたり」
ギャラクシー賞 2016年10月度月間賞を受賞!!
NHK BSプレミアム 12月29日(木)昼2:00 再放送決定

 「宮崎のふたり」ロケ地マップ

 
 



 
-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

 

宮崎のホテル・旅館など

【お得なNews】7月3日より じゃらんnetで限定クーポン(最大5000円)配布開始
宮崎県のホテル旅館民宿ペンション

− 霧島連山「新燃岳」来年1月にも噴火警戒レベル1へ引き下げ −
日本のひなた宮崎県
PAGE TOP