日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

Gマスターズームレンズ+α7用、カメラバック (半)DIY自作

Posted morimori / 2017.05.02 Tuesday / 23:33


「帯に短し襷に長し」カメラバック事情?

カメラバックは、一眼カメラが3台程入る大型のショルダータイプと、背負う大型のデイバックタイプを所持しておりますが、これらはカメラ一台持って撮り歩くには、大きすぎて不向き。
カメラ一台収納用の小さめなカメラバックもありますが、最近購入した、大きめのズームレンズ(FE 24-70mm F2.8 GM )を装着したカメラ(α7R2)には、サイズが小さすぎて使えない・・。

帯に短し襷に長し」って感じ。

そんなことから、今回、フード装着したまま、ピッタリ収納出来る、撮り歩きスナップ撮影用オリジナルカメラバックを作成することにしましたので、ご紹介。

カメラバック (半)DIY 自作 2

撮り歩きスナップ用カメラバック(半)DIY・自作

カメラを取り出したらすぐ使えるのが理想

レンズをボディーから分離して収納などもってのほか(^^;)、フードを逆向き付けて収納するのさえも面倒、取り出してすぐ使える状態で収納するのが私のカメラバックの理想形です。
基本、この仕様(ものぐさ仕様?)で作成しました。

「すぐに取り出せ・開け閉めが容易」

バック自体は、カメラ用に作られたカメラバックを使うのではなく、汎用のショルダーバックをベースにカスタマイズすることにしました。

ショルダーバックの形状は、種々ありますが、過去の経験から、被せるタイプのもので、開け閉めはマジックテープのワンタッチのものが良いと考えております。
(偶然・突然のシャッターチャンスに、カメラバックからカメラをすぐに取り出すことが出来ず、何度撮り逃がしたことか・・・)
※マジックテープの、ネックは、開ける際、「ジャー」という音を発することで、その点だけTPO注意。


オリジナルカメラバック作成

バックは市販ショルダーバックを使用

先月、たまたま立ち寄った、衣料品店で、大幅値引きされた Levi's 製のかぶせショルダーバッグを発見(市価5000円位のものが7割引き程度)、サイズもピッタリなので購入、今回、このバックを利用、カメラバックに仕立てることにしました。

インナー部を購入

カメラバックの中身(インナー)だけが販売されておりますので、これをベースに加工することにしました。

カメラバック (半)DIY 自作 インナー部

バックのサイズを測り、丁度いいお目当てのインナーを探すも、なかなかピッタリサイズが見つからない。




楽天ショップでいろいろ探しましたが、結局、ピッタリのサイズがなかったので、近いサイズのものを購入、縫製部を外して分解、現物に合わせ使うことにしました。

キャンプ用、銀マットで骨格作り

まずはインナーを収めるアウター?骨格(補強)作りをします。

カメラバック (半)DIY 自作 3

一般的には市販のインナーをバックに入れて「ハイ出来上がり」なのですが、当方は今回、インナーをばらしてサイズを拡張、さらに、より外部からの衝撃に対しての安全面を考慮してインナーの外側に衝撃吸収補強を追加しました。
補強は、キャンプなどでシュラフの下に敷く、どこにでも売ってる銀マットロールを加工して作成。
銀マットはカッターやハサミで簡単に切断加工できます。

底部には、置いた時や、落下した際の振動を吸収できるよう、スポンジテープなどを貼って、柔らかくしました。

骨格ができたら、インナーを貼り付けて完成です。

カメラバック (半)DIY 自作 5

この大口径レンズは結構重い(886g)ので、フードに変な力が加わらない様、鏡胴下を支えるように、鏡胴中心付近に支えの「枕」(スポンジ)を当てがっております。

カメラバック (半)DIY 自作 6

世界に一つだけ?オリジナルカメラバック

一般ユース向きのショルダーバックなので、ベルト部分は布のみでした。
肩から滑り落ちる懸念もありますので、ベルトの内側に滑り止め加工のされた同幅のSONY一眼用ショルダーストラップが余っていたので、これを加工、内側に貼り付け、滑りにも対処しました。

この後の予定としては、アウターのすっぽり入るサイズのビニール袋を購入、普段は押し込んでおき、突然の豪雨や、沢歩きなどの時には、引き出し、完全防水となる仕様に改良予定です。

余談ですが、以前、矢研の滝の撮影の際、沢を歩いていて、ツルツルの岩場で滑り、カメラバックごと川に沈した苦い経験あり。(その時はバック事、ビニール袋に入れていたのでカメラは無事でした。)

その後、滝壺付近は立ち入り禁止となっているようです。

矢研(やとぎ)の滝(都農町)
〜 矢研(やとぎ)の滝(都農町)〜

  
  
 



 
-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

 

宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション

− Gマスターズームレンズ+α7用、カメラバック (半)DIY自作 −
日本のひなた宮崎県
PAGE TOP