日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

桜島の噴火 長く続く空振に驚く

Posted morimori / 2017.11.13 Monday / 23:18


午後10時過ぎ、地響きのような振動を10秒ほど感じた。
地震のような揺れは感じないので、火山の爆発による「空振」と思われ、まさか、新燃岳が・・と心配、ネット情報を見ると、「桜島」の爆発であった。

「桜島」が爆発すると、夜とか朝の静かな時は、宮崎市でも空振を感じ、窓ガラスサッシがメシっと音をたてたりたまに爆発音も聞こえます。ただ、これはほんの一瞬、今回のように10秒近く続く振動は初めての経験でした。


以下が気象台から発表されたものより一部ピックアップしたもの

日時:2017年11月13日22時07分(131307UTC) 第2報
現象:爆発
火口:南岳山頂火口
横山最大振幅:3.6μm
爆発音:小
体感空振:中
東郡元空振計:9.8Pa
横山空振計:29.1Pa
弾道を描いて飛散する大きな噴石:5合目(南岳山頂火口より1000から1300m)
噴煙量:不明
火山雷:あり
今年79回目


以下の写真は、以前、道の駅垂水から撮影したものです。

桜島噴火 夜景
〜 道の駅垂水より 〜

 
 


以下の写真は、以前、桜島有村溶岩展望所・有村展望台で撮影したものです。



当サイト内関連ページ
 桜島観光


空振(くうしん)が知られるようになったのは新燃岳噴火

今でこそ、「空振」という言葉や現象は、わりと一般的になり、多くの方が「空振」をツイート、検索ワードランキングでも「空振」がトレンド1位になっておりました。

空振が広く知られるようになったのは、おそらく6年前の新燃岳の噴火ではないえしょうか?

私もそれまで「空振」を体験したこともなく、知りませんでした。

6年前の「新燃岳」噴火の際に書いた記事を以下に転載します。

2011年1月26日 
宮崎市内でも夜から風もないのに家の中のふすまがカタカタ、カタカタ、窓ガラスがガタガタ、ガタガタ。
朝2時過ぎ頃でしょうか、家が揺れるような地鳴りのような振動が断続的に続き、目が覚めました。
振動は4時過ぎ頃まで合間無く続く・・・これだけの異常現象(超常現象とも思えた・・)、テレビで速報があるだろうと、テレビを見るも情報皆無、朝になってもニュースでもこの件は無し。
夜が開け、インターネットで宮崎の地域掲示板で新燃岳の噴火による「空振」現象がおきていたことを発見、その後テレビのニュース等で空振が報じられたのはお昼頃になってからのこと。
何か災害等があると連絡が来るよう登録してある宮崎県の危機管理から携帯へ空振の件でメールが来たのは翌日になっての事でした。

インターネットのコミュニティーサイトなどの方が情報が早いという現実・・・。

早く知っていればどんなに安心した事か・・ まさか、霧島から50km隔てた宮崎市にあんなに大きな振動がこようとは夢にも・・ほんと不安な一夜でした。
この日の噴火は上の写真の撮影場所(宮崎市)からも、飛び散る火炎や雷が観測出来たとの事です。  / 以上 



 
-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

 

宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション

− 桜島の噴火 長く続く空振に驚く −
日本のひなた宮崎県
PAGE TOP