日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

JR九州と宮崎交通 宮崎駅西口の共同開発 2020年秋に開業

Posted morimori / 2018.03.01 Thursday / 18:24


《2018年9月 宮崎市に 新規ホテルオープン》 コンフォートホテル宮崎
予約開始【開業記念バリュープライス】などお得なプランも。

JR九州と宮崎交通は28日、県庁で会見を開き、宮崎駅西口の共同開発について2020年秋に開業させることで基本合意したと発表。

これまで、宮崎交通、JR九州が別々に新ビルの計画を進めていたが、JR九州側がより効率的な投資のため、共同開発を持ちかけたところ、宮崎交通側は「他県の駅前開発のノウハウを持っているJR九州と共同で進めることが継続的な成果になる」と判断。2月9日に基本合意したようです。

開発の対象となるのは、両社などが所有する
(1)駅前西口用地 4,160 屐△よび、道路などを挟んだ西側の
(2)広島用地 2,850 (計):7,010

 高架下 6,000 屬癲∧擦擦謄螢縫紂璽▲襪鮓‘い垢襦

以下は GoogleMapに位置関係を追記したもの。
GoogleMapにJR宮崎駅西口開発対象地
ベースの空撮画像 © 2018Google. 地図データー © 2018Google.ZENRIN
(GoogleMapにJR宮崎駅西口開発対象地を追記)


総事業費は両社合計で100億円規模になる見通し。

駅前商店街とも回遊しやすくするなど、中心市街地との人の流れを作り出したい考え。

今秋にも具体的な内容を公表とのことですが、宮崎日日新聞には以下のように報じられていた。

大手シネコン(8〜10スクリーンの複合映画館)や飲食店などを入居
巨大な屋根を備えたイベント広場を整備
2棟のうち同駅西口の「第1ビル」は最大で地上10階、県道を挟んだ広島通り入り口に面する「第2ビル」は地上7階となる見通し。
2棟を合わせた売り場の規模はJR九州が博多、鹿児島などの主要駅で運営する大型商業施設「アミュプラザ」よりも小ぶりになる。
JR九州の田中龍治専務は、宮崎駅西口にあるタクシーロータリーや駅前広場もー体的に再開発する可能性につ
いても言及。雨天でもイベントなどに利用できる大屋根を備えた広場へと改修し、駅舎のデザインも変更することに
ついて県や市と協議する考えを明らかにした。とのこと。
  



宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション
以下は プレスリリース文を引用

2018年2月28日 九州旅客鉄道株式会社
宮崎駅西口における共同開発について
九州旅客鉄道株式会社(代表取締役社長 青柳俊彦)と宮崎交通株式会社(代表取締役社長
菊池克髻砲蓮宮崎駅西口における共同開発について検討してまいります。
両社が連携して一体的な開発に取り組む事で、にぎわいがより大きくなると同時に、このに
ぎわいが宮崎駅前から“まち”へ広がり、より中心部とのつながりが強まると考えます。
今後、宮崎の中心市街地が更に魅力的でにぎわいのある“まち”となるよう、地元自治体・
宮崎商工会議所等、地域のみなさまと議論を進めてまいります。
具体的な開発内容等は、計画が定まりましたら、改めてお知らせいたします。

【開発対象地】
 ̄愾依冀 4,160
広島用地 2,850 (計):7,010
※高架下 6,000 屬蓮↓´△塙腓錣擦謄螢縫紂璽▲襪鮓‘

引用おわり




JR宮崎駅周辺では、宮崎市のアリーナ建設構想もあります。
人の流れが、駅周辺、さらに商店街へと向かうと良いですね。

どこへ行くにもマイカー主体の県民が、JRやバスなど公共交通機関へとシフトしやすい環境づくりも周辺へ人を集める一つのキーポイントなのかもしれませんね。
シネコンが新規に入るとなると、現状イオン宮崎のセントラルシネマに続いて市内に二つ目のシネコンですよね、そんなに需要あるのかなぁ? セントラルシネマがイオン撤退して移動してくるとか??



 
-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

 

− JR九州と宮崎交通 宮崎駅西口の共同開発 2020年秋に開業 −
日本のひなた宮崎県
PAGE TOP