日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

世界農業遺産高千穂郷・椎葉山地域フォトコンテスト2018

Posted morimori / 2018.07.15 Sunday / 13:54


世界農業遺産高千穂郷・椎葉山地域フォトコンテスト2018」の案内です。

今年で3回目の開催かと思います。
プリント写真を応募する一般部門と、インスタグラム部門、二種で開催。

応募期間:2018年5月24日〜12月26日

募集作品
1.田んぼや畑などの風景、農作業風景、伝統文化などの高千穂郷・椎葉山地域(宮崎県高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町、諸塚村、椎葉村)の世界農業遺産に関する写真
2.近年に撮影され、未発表の作品

世界農業遺産高千穂郷・椎葉山地域フォトコンテスト2018
続きを読む>>

平成30年度宮崎市景観賞「みやざき景観100選フォトコンテスト」

Posted morimori / 2018.06.01 Friday / 19:16


6月1日は「写真の日」とか・・。

Wikipediaによると
写真の日とは、日本写真協会により設定された日で、6月1日である。この日は、日本独自の記念日である。

日本写真協会内の「写真の日制定委員会」(そのメンバーは梅本貞雄など)により、1951年(昭和26年)に制定された。
昔の文献によると、天保12年(1841年)6月1日に、はじめて日本人により写真撮影がなされた(島津斉彬を写した)とされていたため、この6月1日を「写真の日」とした。しかし、その後、この点は間違いであることが判明した(正しくは、安政4年(1857年)9月17日であった)。ただ、いったん定めたこともあり、そのまま6月1日が「写真の日」とされている。
以上 Wikipadiaより 引用おわり

そんな写真の日に、宮崎市景観賞「みやざき景観100選フォトコンテスト」の案内が、宮崎市公式サイトに掲載されておりましたので 転載 ご案内。

応募期間は9月28日(金)まで。
応募は、デジカメのJPGDATAをメール添付するだけ、とても簡単です。


メジャーなところでは無く、私だけが知っているみたいな、あまり知られてない、宮崎市らしいところが良いかも知れませんネ。

皆さまも、応募してみてはいかがでしょう。

以下 一部引用

 宮崎市の豊かな自然や風土と調和し、美しく魅力あふれる優れたデザインや工作物、景観に関わるまちづくり活動などは本市の景観づくりに大きく貢献しています。「宮崎市景観賞」は、これらを表彰することにより、市民の皆様の景観づくりへの意欲や関心のさらなる高揚を図り、美しい自然と情景につつまれた景観都市へ推進していくことを目的とし実施するものです。平成24年度より毎年度実施しています。この賞は建築部門、まちづくり活動部門、屋外広告物部門、フォトコンテストの4部門からなり、平成30年度は「フォトコンテスト」部門について募集いたします。
みやざき景観100選フォトコンテスト
続きを読む>>

「花いっぱいのみやざき」写真コンテスト2018 開催中

Posted morimori / 2018.03.27 Tuesday / 06:57


今年も、花ボラネットみやざき主催、「花いっぱいのみやざき」写真コンテスト2018がインターネット上で開催されております。

応募してみてはいかがでしょう。

「花いっぱいのみやざき」写真コンテスト2018
「花いっぱいのみやざき」写真コンテスト2018サイト
(画像:スクリーンショット)


facebookに投稿、もしくはメールで応募

期間中(2018年3月10日(土)〜2018年6月10日(日))に宮崎県内で撮った写真を、Facebookページに投稿。facebookをお持ちでない方は、主催者にメールで送るだけでエントリーOKです!

応募は5枚まで

従来、何点でも応募出来ましたが、今年は、応募は、おひとり5枚までという制限がありますのでご注意を。
フォトコンに参加して「花いっぱいの宮崎」を盛り上げよう!みたいな趣旨ですので、一部の常連の方に偏らず、より多くの方に、幅広く、いろいろな花の写真を応募して頂くという意味では、良き制限事項だと思います。

審査方法と傾向と対策?

審査は、Facebook投票の「いいね!」獲得数上位作品の中から、コンテスト事務局が入賞作品を決定します。
Facebook投票がいくら多くとも、入賞するとは限りません。
Facebook投票自体、なれあい的なところもありありますしね。
主催者の意向に沿わないものは当然入賞は難しいです。各スポンサーの賞はスポンサーの意向が反映されると思いますので、その周辺・関連施設での撮影写真が選ばれる傾向が強いです。

募集要項では、「宮崎県内で撮った写真を」とはなっておりますが、主催者(花ボラネットは「宮崎市内の花の魅力を県内外に発信することが一つの目的」)、スポンサーなどを考えると、入賞に関しては、過去の入賞例もふまえ、宮崎市内での撮影写真が有利なのかなぁーと思ったりします。

参考まで、昨年の、主な賞と:撮影地(所在地)

宮崎カーフェリー賞:天ケ城(宮崎市)
シーガイア賞:英国式庭園(宮崎市)
宮崎空港ビル賞:宮崎空港(宮崎市) 宮崎空港道路沿い(宮崎市) 都井岬(串間市)
ANA ホリデイ・イン リゾート賞:こどものくにバラ園(宮崎市)

お顔の判断できるような人物が、花と伴に写真に写っている場合、家族、知り合い等、承諾を得ているなど・・は、投稿時、その旨コメントしておいた方が良いです。
お顔のわかるような人物が写り込んだ作品は、肖像権・プライバシー権もあり、審査で、敬遠される可能性大です。

「加工不可」など制約事項は、全く書かれておりません、入選後の原画提出も不要、お気軽に参加できる、おおらかなフォトコンという印象を私は受けております(^^)

花ボラネットとは

全国的に花の美しさで知られている「宮崎市内」において民間団体・企業・市民自らが活動することを通して、市内の花の魅力を県内外に発信し、さらなる観光客誘致を図るとともに、市民へ宮崎の花の素晴らしさを波及し、宮崎市の活性化に寄与し、その円滑なる運営を行うための組織です。

構成団体(2017年2月19日現在)

  • 青島再勢プロジェクト
  • 橘通りフラワーロード推進協議会
  • みやざきフラワーロード・ネットワーク
  • 宮崎空港線修景美化推進協議会
  • 宮崎市檍地区自治会連合会
  • NPO法人オープンガーデンサンフラワーみやざき
  • NPO法人宮崎文化本舗
  • 公益社団法人宮崎市観光協会
  • 宮崎空港ビル株式会社
  • 宮崎カーフェリー株式会社
  • 宮崎交通株式会社 こどものくに
  • フェニックス・シーガイア・リゾート株式会社
  • 宮崎市フェニックス自然動物園管理(株)
  • 九州旅客鉄道株式会社
  • 一般財団法人みやざき公園協会など
続きを読む>>

PAGE TOP