日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

「九州ふっこう割」宿泊数、年内目標を9月でほぼ達成

Posted morimori / 2016.11.17 Thursday / 23:39


「九州ふっこう割」宿泊数、年内目標を9月でほぼ達成

九州観光推進機構表(15日・速報値)によると「九州ふっこう割」を使った宿泊が、7〜9月の第1期分で約147万泊に達したとのこと。
第2期分(10〜12月)と合わせた目標が150万泊だったので、9月までにほぼ達成したことになる。

7〜9月 熊本県42万泊・大分県51万泊

ふっこう割は、熊本県と大分県で割引率を高くし、また、クーポン・宿泊券等の企画行数も桁違いに多い。7〜9月の実績は、熊本県42万泊・大分県51万泊だったようです。

熊本県 五家荘(ごかのしょう)の紅葉
 
続きを読む>>

出張で九州ふっこう割検証?宮崎市議会議員の方のツイート

Posted morimori / 2016.11.04 Friday / 23:54


九州ふっこう割」をネット検索していたところ、宮崎市議会議員(一期目・30歳)の方が、先日、以下のようなツイートをされておりました。


山口としき(宮崎市議会議員)‏@toshiki_0701
来週の大分出張で、ふっこう割を使えるかちょっと検証中。JRキップとのセットを発見してテンションあがりましたが、まさかの宮崎駅は対象外。ついに九州からも除外されてしまうというのか・・・・ 
#九州ふっこう割
(引用元)

「九州ふっこう割」は、熊本地震により、九州全域で旅行客のキャンセルが相次ぎ、大幅減少した観光客の回復に向けた政府の「九州観光支援のための割引付旅行プラン助成制度」。

風評も含め、遠のいた、「不要不急」の観光、その客足を取り戻のが本来の支援金の目的かと私は思います。

JR 宮崎空港線ホームにて 特急ソニック

普段の「出張」等で、こういった国の支援金(元は国税)を使うのは、趣旨から逸脱しているような気がします。

その分、観光目的で使いたい方の分が減るわけでして・・。
 
続きを読む>>

第二期 九州ふっこう割 おおいた旅行券(転売対策)

Posted morimori / 2016.09.29 Thursday / 23:35


第二期 九州ふっこう割 おおいた宿泊券の抽選に当選したので、セブンイレブンで発券してきました。(発券期限は30日までです。)
大分県の宿泊券の場合、額面5,000円券を3,000円(4割引き)で抽選の上、販売、一人8枚まで購入可能、一泊で使えるのは一人あたり4枚までです。

旅行宿泊券を発行する九州各県の利用制限枚数は以下

県 / 価格 / 購入枚数 / 使用枚数
熊本県 / 2,500円 / 6枚 / 4枚
大分県 / 3,000円 / 8枚 / 4枚
長崎県 / 3,500円 / 6枚 / 6枚
福岡県 / 3,500円 / 8枚 / 4枚
宮崎県 / 3,500円 / 8枚 / 2枚

第一期九州ふっこう割の宿泊券は、利益を乗せた転売が横行、ヤフオクだけでも約500件(約500万円分)が転売されました。
九州各県の復興へ、国の税金を投入したもの、ヤフオク(ヤフー株式会社)は落札額より仲介手数料を徴収しておりますが、それらも復興支援金の一部とも取れますので問題です。
 ヤフオク落札結果

これら転売問題に対して、第二期は、抽選募集時に、チケット(宿泊券)の転売・譲渡禁止、当選名義人が同行する場合にのみ有効と告知、チケット(宿泊券)にもその旨が太字で記載され、署名欄も設けられました。

第二期九州ふっこう割 おおいた宿泊券
 
続きを読む>>

PAGE TOP