日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

池井戸潤 空飛ぶタイヤ 映画化決定 主演:長瀬智也

Posted morimori / 2017.03.09 Thursday / 17:52



「空飛ぶタイヤ」
累計120万部突破!大ベストセラー作品
池井戸潤作品 初の映画化決定!!
空飛ぶタイヤ
2018年 全国公開



池井戸潤作品の最高傑作とも言われるベストセラー小説「空飛ぶタイヤ」の映画化が決まったようです。

映画「空飛ぶタイヤ」

映画公開予定:2018年
監督:本木克英(映画『超高速!参勤交代』『ゲゲゲの鬼太郎』など)
撮影期間;2017年3月中旬〜4月末
製作プロダクション:松竹撮影所
企画・制作・配給:松竹株式会社

主演は、TOKIOの長瀬智也さんとか。
おそらく町の運送会社の社長役なのでしょう。
公式サイト:http://soratobu-movie.jp/

小説「空飛ぶタイヤ」私もオススメします。

映画は・・観てみないとなんとも言えませんが、原作本は私もオススメします。

池井戸潤氏は、「半沢直樹」「下町ロケット」「花咲舞が黙ってない」「民王」などで知られる、直木賞作家
「空飛ぶタイヤ」は2006年に刊行、累計発行部数は120万部を突破、第136回(平成18年下期)直木賞の候補にもなった作品です。
 
空飛ぶタイヤ / 池井戸潤
〜 空飛ぶタイヤ / 池井戸潤 〜


名門巨大企業vs.弱小運送会社
ひとつの命をめぐる感動巨編

走行中のトレーラーから外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。
タイヤが飛んだ原因は「整備不良」なのか、それとも……。
自動車会社、銀行、警察、記者、被害者の家族ら、事故に関わった人たちの思惑と苦悩。
「容疑者」と目された運送会社の社長が、家族・仲間とともに事故の真相に迫る。
圧倒的感動を呼ぶエンターテインメント巨編!

第136回(平成18年下期)直木賞候補作。
「作者の思いが読者を揺り動かす」
「緊迫感のあるストーリー」
「企業小説を越えた作品」
と選考委員の高い評価を受けた。


amazon  空飛ぶタイヤ [ 池井戸潤 ]
楽天ブックス  空飛ぶタイヤ [ 池井戸潤 ]

過去には、WOWOWでドラマ化(全5話)DVDも発売

2009年に、WOWOWでドラマ化(全5話)されたものも見たことがあります。
ドラマも良く出来た作品でした。
DVDBOXも出ており、以前はTSUTAYAにもレンタルDVDが置いてありましたが、今はどうか?

この5話のドラマの内容は、原作本の内容は結構うまく再現しておりましたが、ややはり時間の関係で、付随するPTAの事など、いくつかの話はカットされておりました。
いかんせん原作が長編大作ですからね。

映画となると、ドラマから、さらに半分位はカットされるわけで・・どんな内容になるのでしょうね。
続きを読む>>

PAGE TOP