日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力なり、写真など交え日々更新目標 By MORIMORI

霧島 新燃岳で溶岩流 火口の北西側に溶岩が流れ出る

Posted morimori / 2018.03.09 Friday / 18:58


【新燃岳関連情報追記】
New3月15日 11:00AM 気象庁は新燃岳について、噴火警戒レベル3を維持のまま、警戒範囲を「4キロ」から「概ね3キロ」に縮小。「御鉢」はレベル1へ引き下げると発表しました。/ 追記おわり


気象庁は、新燃岳で、「9日午前10時すぎ、溶岩が火口の北西側に流れ出たことを確認した」と発表。

溶岩の流れ出た新燃岳の火口の北西側には住宅や観光施設がないほか、斜面の角度が緩く、溶岩の流れる速度も遅いことなどから、気象庁は、現時点で避難などの対応は必要ないとして噴火警戒レベル「3」を継続。

溶岩が流れ出ることは、火山・地質学者の先生方の多くが前々から予想していたので、「想定内」かと思います。

だいち画像
〜 国土地理院サイトより 〜


20180309.jpg
〜 鹿児島読売テレビライブカメラより 〜


溶岩流の動画リンク追加
 【新燃岳】空撮【MBC南日本放送】(2018/03/09)

上のライブカメラ映像を見ると、風に流された蒸気の流れで早い動きに見えますが、数時間経って見てもほぼ同じ位置でしたので、停まっているようにも見えます。
溶岩の粘性が高いのと、このあたりは斜面が緩やかだからでしょう。

(追記:翌日、夜のNHKニュースでは、200m幅 距離にして6m程先に進んでいるという報道でした。)

幸い、溶岩が流れ下る方向は、大浪池の方ですので、低木の山林です。
新燃岳は昔から噴火しておりましたので、このあたり一帯には人家、施設等はありません。
続きを読む>>

PAGE TOP