日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

白鳥神社の阿吽(あうん)の仁王像 水分神社 

Posted morimori / 2018.07.09 Monday / 23:29


えびの市 白鳥神社 表参道
えびの市鎮座 白鳥神社 表参道


えびの市鎮座、白鳥神社の表参道鳥居から続く石段のところ、左右に、仁王像が鎮座しております。

白鳥神社の阿吽(あうん)の仁王像
白鳥神社の阿吽(あうん)の仁王像


以下は、現地案内文
阿吽の仁王像の由来
当社は明治の廃仏毀釈まで白鳥権現社と称し、金剛乗院満足寺を別当寺とした神仏習合の神社でありました。
その名残として本来仏法の護法人である金剛力士像が阿吽一対以前のまま鎮座し、憤怒の形相を表して境内に魔物が進入しないよう守護しているものであります。
阿吽の二王いることから仁王と呼ばれ、隆々たる筋肉体質で力強い風貌から健康の神さまとして深く崇敬されています。
男性は阿の仁王様、女性は吽の仁王様を特に祈り、自分の悪いところがあれば仁王様のそのところを触れることにより癒えるという信仰もあります。


wikipadiaによれば
阿吽(あうん、サンスクリット語: अहूँ 、a-hūṃ)は仏教の呪文(真言)の1つ。悉曇文字(梵字)において、阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音であり、そこから、それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされた。

また、宇宙のほかにも、前者を真実や求道心に、後者を智慧や涅槃にたとえる場合もある。

次いで、対となる物を表す用語としても使用された。特に狛犬や仁王、沖縄のシーサーなど、一対で存在する宗教的な像のモチーフとされた。
口が開いている方を阿形(あぎょう)、閉じている方を吽形(うんぎょう)と言う。

転じて、2人の人物が呼吸まで合わせるように共に行動しているさまを阿吽の呼吸、阿吽の仲などと呼ぶ。


柔らかい石で作られたものが風化したのか、廃仏毀釈の影響なのか・・一部が削れているようにも見えます。

白鳥神社の阿(あ)形の仁王像
白鳥神社の阿(あ)形の仁王像



白鳥神社の吽(うん)形の仁王像
白鳥神社の吽(うん)形仁王像



えびの市周辺では、地元、明石酒造さんの焼酎「名月」が、奉納されてることが多いようで、良く見かけます。

明石酒造さんの社是は「心を酔わす」とか、なかなかいい社是ですね。
続きを読む>>

PAGE TOP