日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

霧島 天孫降臨神籬斎場(古宮址)

Posted morimori / 2017.05.31 Wednesday / 21:04


霧島 天孫降臨神籬斎場(古宮址)1
〜 霧島 天孫降臨神籬斎場(古宮址)御鉢にはミヤマキリシマ 〜

中世 天暦年間(947年〜957年)〜文暦元年(1234年)の御鉢噴火でが焼失するまで、このあたりに「霧島の元宮」の流れをくむ社殿があったそうです。
この「霧島の元宮」について、江戸時代薩摩藩により編さんされた「三国名勝図会」では、「高千穂神社と称しただろうかという。」とも書かれています。

奥に見える山は。高千穂峰の寄生火山の御鉢(おはち)です。

文暦元年(1234年)の火常峰(御鉢)噴火で、御鉢は100m 以上高くなったそうです。
おそらく、噴火以前は、社殿から矛峰(高千穂峰)を遥拝していたのでしょう。
続きを読む>>

霧島 高千穂河原 鹿ヶ原 (鹿の原) のミヤマキリシマ

Posted morimori / 2017.05.30 Tuesday / 23:57


霧島 高千穂河原 鹿ヶ原(鹿の原)のミヤマキリシマ 1

霧島の高千穂峰等で、ミヤマキリシマが見頃を迎えております。
  • 高千穂河原・古宮址・神宮の森(展望台周辺)・高千穂峰 登り始め・御鉢:満開
  • 高千穂峰山頂:7分咲き
  • 中岳 (中腹探勝路)つつじコース・登山コース:満開
  • 大浪池 西回り登山道・東廻り登山道:5分咲き
  • えびの高原 つつじヶ丘:5分咲き
  • 韓国岳 登山道・山頂:3分咲き

※上記は、6/2日現在(更新)霧島市の2017開花情報を参照の上、記載。
※硫黄山周辺の噴火警戒規制により、韓国岳は、大浪池経由(一部階段道)でしか行けません。

桜の開花同様、今年は少し遅くなりました。

今回掲載した写真は、高千穂河原から歩いて20分くらいで行ける、(通称)鹿ヶ原(鹿の原)のミヤマキリシマです。
鹿児島の新聞記事では、5月28日時点で八分咲きとのことでしたから、ほぼ満開に近いのかも知れませんね。

矢岳へ登る「瀬田尾越え」コース途中にあるところで、以前は、知る人ぞ知るミヤマキリシマの隠れた見処だったのですが、最近は、メディアなどでも紹介されておりますし、登山道や、周辺もだいぶ整備されきており、歩きやすいということもあり、登山目的の方に加え、一般観光客の方もかなり多く訪れるようになりました。

今回、お昼時に行きましたが、かなり賑わっておりました。
ミヤマキリシマの群生地の西側(中岳側)は、木陰も多く、木陰でお弁当広げる方も結構いらっしゃいます。
続きを読む>>

PAGE TOP