日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

橋長および最大支間長が世界最大級の木造車道橋「かりこぼうず大橋」西米良村

Posted morimori / 2017.07.31 Monday / 23:39


かりこぼうず大橋(KARIKOBOUZU-BRIDGE)

かりこぼうず大橋 1
〜 かりこぼうず大橋(宮崎県児湯郡西米良村) 〜


「かりこぼうず大橋」は、林道小山重線 一ツ瀬川に架かる木造車道橋で、橋長および最大支間長は日本一、世界最大級です。

かりこぼうず大橋 7

今回、橋の下からの写真なども交えご紹介。

以下の説明文は、橋の袂にある説明板より引用したものです。

かりこぼうず大橋 説明板
〜 かりこぼうず大橋 現地説明板より 〜


  • この橋は、宮崎県産スギ材の需要拡大などを目的として、ふるさと林道緊急整備事業により、平成12〜14年度に架けられた木造車道橋です。
  • この橋の特徴は、先人のたゆみない努力により育てられた樹齢約50年生の県産スギを集成材に加工し、橋の構造用材としてふんだんに活用しています。
  • 橋の形状は、地元の名峰、米良三山 (市房山、石堂山、天包山)をイメージして、山形のキングポストトラスが3連に並び、橋長および最大支間長が日本一の世界最大級の木造車道橋です。平成15年4月 西米良村


  • 設計荷重:A活荷重
  • 橋梁形式:単純桁橋+キングポストトラス橋x3連
  • 橋長:140.0m(15.0m+50.0m+50.0m+25.0m)
  • 支間長:14.3m+48.2m+48.2m+23.2m、構造規格 2車線
  • 幅員:7.0m
  • 床版:単純桁部 木床版(t=15 cm) トラス部 プレストレス木床版(t=33 cm)
  • 使用材料:スギ構造用集成材(E75-F240等) 集成材使用材積 1335立方メートル 鋼材・PC鋼棒 重量 305 トン。
続きを読む>>

西米良村 鎮座 児原稲荷神社

Posted morimori / 2017.07.30 Sunday / 22:46


今回は、西米良村の「児原(こばる)稲荷神社」の写真です。

朱塗りの鳥居と、緑豊かな竹林が織りなす参道風景は素晴らしい!!

西米良村鎮座 児原(こばる)稲荷神社
〜 超広角レンズ(FE 12-24mm F4 G)で撮影 〜


参道では、キツネ様に迎えられ、さらに境内付近では、ワンちゃんがお待ちに・・・。

西米良村鎮座 児原(こばる)稲荷神社
続きを読む>>

西都市 銀鏡(しろみ)鎮座 銀鏡神社

Posted morimori / 2017.07.29 Saturday / 22:26


西米良方面へ出かけたので、銀鏡神社へ参りました。

銀鏡神社へは、銀鏡神楽で、何度となく訪ねておりますが、数年、ご無沙汰、拝殿が新しくなってからの参拝はこれがはじめてでした。

立派な拝殿、中の様子なども写してみました。

写真をご覧ください。

西都市銀鏡鎮座 銀鏡(しろみ)神社
続きを読む>>

PAGE TOP