日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力なり、写真など交え日々更新目標 By MORIMORI

平成30年度 尾八重神楽(宮崎県指定無形民俗文化財)

Posted morimori / 2018.11.25 Sunday / 23:59


尾八重神楽 柴荒神
〔尾八重神楽(柴荒神)〕
明け方(5:45頃)にもなると、観客も一旦少なくなる。


約900年もの歴史を誇る「尾八重神楽」(夜神楽)を夜通し見学してきました。

尾八重神楽は、保安2年(1121年)、米良山中、尾八重湯乃片に安住の地を求めたた壱岐宇多守幸延(湯乃片神社祖)が神楽伝習所を設けて普及させたと伝えられております。

尾八重神社は永正8(1511)年、当時の自頭 黒木吉英により創建されたもの、後の米良(菊池)氏支配下における例祭(領主主催)に代々神楽は奉納され今日に至ったものとされる。

尾八重神楽は昭和56年3月 宮崎県指定無形民俗文化財指定を受け、平成29年3月には文化庁から「米良山の神楽」(村所・小川・越野尾・尾八重・中之又)の一つとして「記録作成等の措置を講ずべき無形文化財」として選択されており、現在、国指定無形民俗文化財登録を目指しております。

尾八重神楽の特徴は、「ヘンベ」・「カラス飛び」といわれる独特の飛び跳ねる動作。これは、山にこもった修験者が神の使いである「カラス」を崇めたことに由来しているとか。

今回撮影した写真、他の番付含め、いずれ、公開中の「尾八重神楽」のページの写真に加え、更新する予定ですが・・いつになるか?

とりあえず、今回撮った神楽の写真を7枚程掲載します。
今回の写真は、4Kサイズ幅(3840pix)に拡大します。
感度を上げて(ISO3200〜6400)で撮っているので、画質はあまりよくないです。

花鬼神(はなきじん)

壱岐宇多守(いきうたのかみ)(湯之片若宮大明神、尾八重神楽の祖)神面の舞

尾八重神楽 花鬼神
西都市 尾八重神楽 〔花鬼神(かなきじん)〕



宿神(しゅくじん)

湯之片神社面の舞(岩清水正八幡大神) 
尾八重神楽 宿神(しゅくじん)
西都市 尾八重神楽 〔宿神(しゅくじん)〕

冠の中におひねりが入ると御利益があるということで、半紙に包んだおひねりを事前に準備の上、何度かトライしてみたのですが、なかなか入りません・・というか・・全然届きませんでした(^^)


神和(かんなわ)

大神様ともいい、下照姫(しもてるひめ)の舞いで天若彦を慰め祀る神面の舞
尾八重神楽 神和(かんなわ)
西都市 尾八重神楽 〔神和(かんなわ)〕


尾八重神楽では「神和」は「かんなわ」と読みますが、周辺の神楽では「かんなぎ」と読むところが多いです。
続きを読む>>

今週より夜神楽にどっぷり 今週末は約10年ぶりの「尾八重神楽」

Posted morimori / 2018.11.22 Thursday / 21:27


今週から、いよいよ夜神楽見学、今週末は、私が神楽に興味を抱くきっかけとなった神楽の一つ、西都市(旧東米良)の「尾八重神楽おはえかぐら」を平成19年以来、約10年ぶりに見学に行こうかと考え中。

ひと昔前に作った WebPage 当時から変わったこともあるかも知れないし、情報の再確認などしないといけませんし。

 尾八重神楽

当時撮影した写真をいくつか・・
あの頃のデジカメは、高感度特性が悪く、画質を考えると、ISO400が限界でしたので、苦労した思い出が・・。

一番 しめあげ

お神楽斎場の出来たことを祝う舞(初参舞)
尾八重神楽 1番 しめあげ

八番 宿神(しゅくじん)

湯之片神社面の舞(岩清水正八幡大神)
米良神楽の特徴とも言える、神の降臨、降居神楽は威風堂々、ゆったりとおおらかに舞う印象的な神楽。
この番付までは神楽囃子をしない掟。この神楽の際には包まれた賽銭が投げ入れられます。
尾八重神楽 宿神 02
続きを読む>>

宮崎市「市民の森」の中の小さな秋

Posted morimori / 2018.11.17 Saturday / 23:20


今日は、宮崎市「市民の森」近くを通ったので、菖蒲園側にある大きなモミジの色付具合を見に行った。
まだ、ほぼ緑一色、冷え込みが少ないし、紅葉はもう少し先になりそう。
葉は落ちてないので、今年も綺麗な紅葉が見られそうだ。

1時間程、運動を兼ねて、市民の森の中の遊歩道を歩いた。

市民の森の東側は殆んどが松林で、紅葉するような木は無いのですが、松林の中にも秋は訪れておりました。

 宮崎市 市民の森の秋 ハゼ
ハゼかな?
続きを読む>>

PAGE TOP