日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

九州ふっこう割」「ふっこう割みやざき宿泊旅行券」に思う

Posted morimori / 2016.09.09 Friday / 06:53



高千穂の夜神楽と雲海
〜 高千穂神楽高千穂の雲海(コラージュ) 〜

今日(9月9日)から、第二期分の「九州ふっこう割」の旅行クーポンがネット配布されたり、コンビニ発売分の旅行券抽選受付が始まります。

 当サイト内、【第二期】九州ふっこう割ページはこちら。

今回、コンビニで宿泊券を販売するのは第一期九州ふっこう割同様、熊本県、大分県、福岡県、長崎県、宮崎県です。

ふっこう割旅行券は、額面5,000円の旅行券
宿泊地により価格は異なり三種類 
熊本県2,500円、大分県が3,000円
福岡県・長崎県・宮崎県 3,500円で購入できます。

また、各県独自に購入枚数、一泊、ひとりあたりの利用限度数が制限されております。

県 / 価格 / 購入枚数 / 使用枚数
熊本県 / 2,500円 / 6枚 / 4枚
大分県 / 3,000円 / 8枚 / 4枚
長崎県 / 3,500円 / 6枚 / 6枚
福岡県 / 3,500円 / 8枚 / 4枚
宮崎県 / 3,500円 / 8枚 / 2枚

我が宮崎県の使用枚数は一番低く、2枚まで・・
一般的な観光向けホテル(二食付)に宿泊することを考えると、少ないかなぁーと感じるでしょうね。


宿泊券を利用、一泊15,000円のホテルに二名で泊まると・・

(例)一泊、15,000円のホテルに夫婦(二人で合計30,000円)の場合を考えてみると・・。

宮崎県での宿泊費は 24,000円(6000円引)
です。
※20,000円分は券4枚使用(14,000円)+残を現金等が(10,000円)、合計24,000円。
福岡県・長崎県では、券6枚使用できますので 21,000円(9,000円引)


旅行券を3,000円で販売する大分県は、券6枚使用 18,000円(12,000円引)となります。

旅行券を2,500円で販売する熊本県は、券6枚使用 15,000円(15,000円引)となります。

宮崎県が、第一期同様、一泊一人2枚までの制限としたのは、一部の著名宿泊施設だけ潤うのではなく、広く県内の隅々までお金が回るようになど、何か意図するものがあってのこととは察しますが・・こうやって、実際に他県と価格比較してみると、物足りなさを感じてしまいます。
 
続きを読む>>

宮崎県「九州ふっこう割」効果?で夏は宿泊回復傾向

Posted morimori / 2016.09.07 Wednesday / 23:06


阿蘇にて
〜 阿蘇にて 2016/08 〜
熊本地震の影響で、観光客数が伸び悩んでいた宮崎県有数の観光地「高千穂」、お盆休み(8月11〜16日)の観光客入り込み数は5万4870人。過去10年間の平均と比較すると約9割まで回復。
宿泊客も夏休み期間は推計で前年比7割前後まで回復したとのこと。

宮崎市青島の「ANAホリデイ・インリゾート宮崎」でも7、8月は県内外から予約が相次ぎ、昨年の実績を上回ったとのことです。

以上、情報元:宮崎日日新聞


宿泊が最大半額(宮崎県内の場合)になる「九州ふっこう割」での一時的なものでなければ良いのですが・・・。
「九州ふっこう割」も第二期(10月1日〜12月28日)で終わります。
終わった後がどうなのかが本当の意味での数字でしょうね。

阿蘇山周辺の道路の完全復旧、阿蘇山の観光施設の完全復旧なくして、宮崎(特に高千穂など)の観光客は元には戻らないのでは?と思っております。

夏〜秋の行楽シーズンを終え、人があまり動かない、冬が心配です。
破格な7割引宿泊(熊本・大分の場合)を味を味わった方のリピートも気になるところです。

関連ページ
  【第二期】九州ふっこう割
 9月9日(金)からクーポン・旅行券(抽選)申し込み受付・発売開始です。
 
 
 
 
続きを読む>>

6月、九州3県宿泊増加 (観光庁発表)

Posted morimori / 2016.09.06 Tuesday / 23:51


阿蘇 大観峰にて 2016年8月
〜 阿蘇大観峰にて 2016/08 〜

九州の宿泊数改善の兆し 5月18.4%減→6月7.7%減

8月31日、観光庁の発表によると、熊本地震の影響で5月に全県で前年割れとなった九州で、6月、熊本、福岡、佐賀の3県が増加に転じ、改善の兆しが見られたとのこと。
九州全体では、地震直後の4月が11.0%減、5月が18.44%減と落ち込んでいたが、6月は7.7%減まで回復。

熊本・福岡・佐賀はプラス

九州でプラスだった3県

熊本 5.6%増
福岡 2.8%増
佐賀 0.9%増

熊本は復興事業に携わる建設作業員のビジネスホテルや簡易宿泊所の利用が増えていることが要因とみられる。

大分 26.4%減
長崎 20.0%減
宮崎 13.8%減
鹿児島 12,1%減

いずれも減少幅が縮小。

観光庁の担当者は「地震の影響は残っているが、回復傾向が強まっており、今後の増加が期待できる」としている。

情報元:宮崎日日新聞

こういった報道を見るたびに思うのですが、8月末に前々月(6月)の発表、せめて前月(7月)にならないものなのでしょうかね。

関連ページ
  【第二期】九州ふっこう割
 9月9日(金)からクーポン・旅行券(抽選)申し込み受付・発売開始です。
 
 
続きを読む>>

PAGE TOP