日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

ヤフオクで見かける ノークレームノーリターンは免罪符にはならない

Posted morimori / 2017.08.17 Thursday / 23:02


サギソウ 高鍋湿原にて

ヤフオクなどで、こぞって使われている「ノークレーム・ノーリターン」について調べてみた。

経済産業省 電子商取引及び情報財取引等に関する準則 「ノークレーム・ノーリターン」特約の効力


「ノークレーム・ノーリターン」特約が効力を有すると思われる例

ジャンク品につきノークレーム・ノーリターンでお願いします。」とある場合、正常に動作しないということを理由とする責任を免れることができる可能性がある。

「ノークレーム・ノーリターン」特約が効力を有しないと思われる例

出品者自ら知っていたキズや汚れ等につき十分に説明していなかった場合には、このような特約は有効ではなく、担保責任を免れることができない。

単に「ノークレーム・ノーリターンでお願いします。」と表記されているのみで、商品等の説明が不十分であるために取引の重要な事項につき錯誤がある場合には、錯誤無効の主張が認められる可能性がある。

数量が不足していること、出品物に瑕疵(例えば商品説明には記載されていなかったキズや汚れなど)があること等を自ら知っているにもかかわらず、これを入札者・落札者に告げないで取引した場合にまで、売主に免責を認めるものではない。このような事実がある場合には、たとえ「ノークレーム・ノーリターン」表示がされていても、瑕疵担保責任又は錯誤(場合によっては詐欺)等に基づき契約解除、損害賠償等を請求できる可能性がある。(全文は後半に引用)


サギソウ 高鍋湿原にて


経済産業省 電子商取引及び情報財取引等に関する準則
より 「ノークレーム・ノーリターン」特約の効力

平成19年3月 経済産業省
引用元
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/ec/070405zyunsokusyusei.pdf

一部引用

-2-2-4 「ノークレーム・ノーリターン」特約の効力
【論点】
インターネット・オークションその他個人間取引において、売主が出品アイテムに関し、「ノークレーム・ノーリターンでお願いします。」等と記載されており、買主はこ
れに同意の上入札・落札することがある。このような場合に、落札者や購入者は、商品につきクレームや返品をすることが可能か。


1.考え方
「ノークレーム・ノーリターン」と表示されている場合であっても、このような特約が常に有効ではなく、信義則に照らして判断される。

「ノークレーム・ノーリターン」特約が効力を有すると思われる例)
「ジャンク品につきノークレーム・ノーリターンでお願いします。」とある場合、正常に動作しないということを理由とする責任を免れることができる可能性がある。

(「ノークレーム・ノーリターン」特約が効力を有しないと思われる例)
出品者自ら知っていたキズや汚れ等につき十分に説明していなかった場合には、このような特約は有効ではなく、担保責任を免れることができない。
単に「ノークレーム・ノーリターンでお願いします。」と表記されているのみで、商品等の説明が不十分であるために取引の重要な事項につき錯誤がある場合には、錯誤無効の主張が認められる可能性がある。


2.説明
「ノークレーム・ノーリターン」とは、インターネット・オークションに出品された商品の説明欄等で、出品者が「『ノークレーム・ノーリターン』でお願いします。」等と記載している場合をいう。
このような記載に同意の上入札・落札した者は、出品者に対し、一切クレームやリターン(解除、返品等)できないのかが問題となる。特に、商品の説明欄に記載された商品説明と実際の商品が異なっていた場合、商品欄の説明と実際の商品に食い違いはなかったが記載のない事情で買主が知っていれば入札しなかったと考えられる事情があった場合等において、買主は売主に対し、契約の無効、取消しを主張できるであろうか。
売主が出品物につき「ノークレーム・ノーリターン」表示を行った場合、一般に、「商品に関して一切のクレームを受け付けず、返品も受け付けない」ということに合意する者のみ入札に応じる旨の売主の意思表示があったと解される。これは売主の担保責任を免除する特約と考えられる(民法第572条)。担保責任が免除されるとは、落札物に隠れたる瑕疵があった場合等の売主(出品者)の責任が免除されることを意味する。具体例としては、「ジャンク品につきノークレーム・ノーリターンでお願いします。」とか、「何分中古で年数がたっておりますのでノークレーム・ノーリターンでお願いします。」といったものがよく見受けられる。単に「ノークレーム・ノーリターンでお願いします。」とのみ表記されていることもある。このような特約を定めること自体は原則有効である。
ただし、当事者間の特約によって信義に反する行為を正当化することは許されず、したがって、出品者が出品物の全部又は一部が他人に属すること、数量が不足していること、出品物に瑕疵(例えば商品説明には記載されていなかったキズや汚れなど)があること等を自ら知っているにもかかわらず、これを入札者・落札者に告げないで取引した場合にまで、売主に免責を認めるものではない。このような事実がある場合には、たとえ「ノークレーム・ノーリターン」表示がされていても、瑕疵担保責任又は錯誤(場合によっては詐欺)等に基づき契約解除、損害賠償等を請求できる可能性がある。


サギソウ 高鍋湿原にて


今回掲載した写真は、過去に高鍋湿原で撮影した鷺草(サギソウ)です。
1枚目写真などは、サギが群れで飛び立っているように見えますよね。
今年も、咲き始めているようです。 

鷺草(サギソウ)は日当たりの良い湿地に生えるラン科の多年草。
サギ草は約15〜40cmの茎の先に直径3センチほどの2、3個の花を付ける。
その形が白い羽を大空いっぱいに広げて飛ぶ鷺(サギ)の姿に似ていることが名前の由来とされている。

当サイト内関連ページ
 高鍋湿原
 高鍋湿原のサギソウ
 
 
 



 
-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

 

宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション

− ヤフオクで見かける ノークレームノーリターンは免罪符にはならない −
日本のひなた宮崎県
PAGE TOP