日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI


FB / twitterのフォローよろしくお願いします。(^^;)

宮崎県版GoToキャンペーンは日向市のクラスターで延期?

Posted morimori / 2021.04.11 Sunday / 07:40


宮崎県は、一昨日(4月9日)、新型コロナウイルスの「第3波」で大きな打撃を受けた観光・宿泊業を支援しようと、
県民対象の県内宿泊旅行の割引キャンペーンを実施すると発表しました。
これは、政府は3月26日政府が発表した。GoToトラベル再開までの一時的なつなぎ「地域観光事業支援」を利用したものと思われます。

「地域観光事業支援」概要

GoToトラベル事業が再開するまでの間、感染状況が落ち着いている「ステージ2相当以下」と判断した都道府県が行う県内旅行の割引事業を財政的に支援する、「地域観光事業支援」を実施する事を発表。
事業の総額は約3,000億円で、GoToトラベルの予算を流用。
一人一泊当たり5,000円を上限として、国から当該都道府県に補助金を交付。
また、旅行への割引支援と併せてクーポン等で土産物屋、飲食店、公共交通機関などの地域の幅広い産業に裨益する支援を実施する場合、一人一泊当たり2,000円を上限に追加して補助金を交付する。
4月1日(木)以降、準備が整った都道府県から順次開始、当面5月末まで実施することを基本とし、予算規模は総額で約3,000億円を予定。

旅行代金が1人1泊10,000円の場合 最大70%の支援を受けることが出来るという事でしょう。

詳細は  地域観光事業支援の実施について(国土交通省観光庁)

感染状況を見るための「ステージ」

  • 「ステージ1」医療提供体制に特段の支障がない段階
  • 「ステージ2」感染者の漸増や医療提供体制への負荷が蓄積する段階
  • 「ステージ3」感染者の急増や医療提供体制における大きな支障の発生を避けるための対応が必要な段階
  • 「ステージ4」爆発的な感染拡大や深刻な医療提供体制の機能不全を避けるための対応が必要な段階

宮崎県民対象の観光宿泊支援 県内版GoToキャンペーン

いわゆる"宮崎県内版GoToキャンペーン"のようなもの。
概要
1泊一人上限5千円で、宿泊代金や日帰り旅行代金を最大50%助成
助成金のほか飲食店や公共交通機関で利用出来るクーポンを一泊一人最大2千円分付与するほか、平日はこれに最大2千円分を上乗せする。

事業開始の時期や利用期間などは近く公表。
予算額は31億9530万円。 との事。

他県では高知県が既に「高知観光トク割キャンペーン」を発表しているようで、4月29日から5月31日までの期間に県民が行う県内旅行が対象のようです。

私も、先日までは宮崎県内では感染者も少ないし、宿泊業界、観光関連などへ、県独自の救済事業(県内でGoToキャンペーン)を行えば良いのにと思っていたのですが・・

しばし落ち着いていた宮崎県で再び新型コロナウイルスへの感染が・・・

都城市 早水公園のアヤメ
記事と関係ありませんが・・・
都城市 早水公園 アヤメ園のアヤメ(過去の撮影)

 
続きを読む>>

門川町へ イペーの花を見学に行ったが・・(かどがわ温泉心の杜 ふれあい多目的広場)

Posted morimori / 2021.04.10 Saturday / 07:05


【 4/10追記 】 4/10付 宮崎日日新聞 地域面に見頃を迎えている、約500本が開花している旨の記事が掲載されていた。
 プレみや記事
同記事掲載写真
※上記サイトは、会員以外は記事の一部のみ閲覧可能。
4月9日 17:01更新記事では、同町は2006年、まちづくり事業の一環として同広場に約500本を植樹した。”と書かれていますが、1,500本の間違いでしょう。(この500本を植樹の部分は朝刊紙面では削除されていた。)/ 追記おわり 

 先日(4月7日)、門川町の門川温泉「心の杜のふれあい多目的広場」に「イペー」が1,500本植栽されているとの事で、見学に行きました。


参照ページ
 ココはハズせない! 県北のおすすめ特集 黄色の珍花「イペー」(門川町)(宮崎県北観光ポータルサイト)
黄色の珍花「イペー」(門川町)
かどがわ温泉心の杜 ふれあい多目的広場には、ブラジル原産のの木であるイペーが約1500本植えられており、満開時には山一面が黄色に染まります。遊歩道を歩きながらのんびり楽しみましょう。

 黄色と青空のコントラスト かどがわ温泉心の杜 ふれあい多目的広場(鉱脈社, タウンみやざき)
黄色と青空のコントラスト
南米原産の木であるイペーが約1500本植えられており、満開時には山一面が黄色に染まる。遊歩道を歩きながらのんびり楽しもう。


イペー好きの私は、数年前からここの存在が気になっており、門川観光協会フェイスブックページで開花状況なども参照の上、先日、そろそろ見頃かな?と見切りで出かけたのでした。

“満開時には山一面が黄色に染まります。”を期待しつつ・・

しかし・・ 
今年はあまり・・殆んど花を付ておりませんでした。スカスカといった感じで花房が殆んど無い。
今回は、これを見る目的だけで来ただけに残念。


イペー 門川町 かどがわ温泉心の杜 ふれあい多目的広場付近の斜面 2021/4/7撮影
イペー 門川町 かどがわ温泉心の杜 ふれあい多目的広場付近の斜面 2021/4/7撮影


イペー 門川町 かどがわ温泉心の杜 ふれあい多目的広場付近の斜面 2021/4/7撮影

イペー 門川町 かどがわ温泉心の杜 ふれあい多目的広場付近の斜面 2021/4/7撮影


現地で、写真を撮っていた女性カメラマンの方とお話したのですが、今が最盛期でしょうとの事。

花は落ちてないので時期が遅かったわけでは無い。
蕾も殆んど見受けられないので、時期が早かったわけでも無さそう。
これ以上咲かないものと思われます。
 
続きを読む>>

萩の茶屋でツツジ・フジ・八重桜 見頃

Posted morimori / 2021.04.09 Friday / 07:30


 この時期、宮崎市方面より、えびの方面へ国道268号を走っていると、突然目の前に鮮やかな朱色の斜面が飛び込んで来るところがある。

萩の茶屋のツツジ(3万本)

実にドラマチックな展開・・ ここが「萩の茶屋

萩の茶屋」はかつて宮崎交通が運営していた、国道268号沿いのドライブインみたいなところ、えびの高原と宮崎市日南海岸などへの休憩ポイントであり、春のツツジと桜、秋は彼岸花、萩の花など、宮崎県を代表する花の名所でした。
(萩の茶屋のネーミングは、萩の花からかも知れない。)

しかし・・宮崎に多くの被害をもたらした2005年の台風14号の際、斜面で土砂崩れが発生した。
当時、宮崎交通は経営状態が良く無かった為(産業再生機構の元再建中)、合理化もあったのでしょう、「萩の茶屋」の復旧を断念、しばらく放置されたままでした。

当時の土砂崩れ後の写真

その後「スミちゃんラーメン」のオーナーがここを買取り、かつての花の名所「萩の茶屋」へと復活させたのです。

今年もその「萩の茶屋」で、3万本のツツジやフジの花、八重桜などが見頃を迎えています。(写真は4/7撮影したもの)

この日は霧島連山も見えた

ツツジ全景(萩の茶屋)
ツツジ全景(萩の茶屋)
この時期、黄砂や霞が多く、萩の茶屋付近から霧島連山が見える日は少ないのですが、この日は朝からなんとか見えました。
左から 高千穂峰、真ん中あたりが新燃岳、一番右の山頂が平たい山は甑岳かなぁ?
高圧送電線鉄塔が目立ちますね(^^:)

霧島連山


まるで絨毯を敷き詰めたようです

ツツジの絨毯(萩の茶屋)
ツツジの絨毯(萩の茶屋)


アゲハチョウとツツジ

アゲハチョウやミツバチも多く飛び蜜を集めておりました。
アゲハチョウとツツジ(萩の茶屋)
アゲハチョウとツツジ(萩の茶屋)
続きを読む>>

PAGE TOP