日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

今回の、新燃岳噴火 火山灰に新たに供給されたマグマ

Posted morimori / 2017.10.17 Tuesday / 23:08


今日も、新燃岳関連の記事です。

新たに供給されたマグマ / 産業技術総合研究所発表

産業技術総合研究所 地質調査総合センターは、新燃岳噴火の火山灰を解析、新たなマグマが含まれていることを発表しました。

 霧島山新燃岳2017年噴火 産総研・地質調査総合センターによる調査結果

2017年10月11日霧島山新燃岳噴出物に含まれる粒子のうち、ガラス光沢のある暗色粒子の一部は、新たに供給されたマグマだと考えられる。

2011年のマグマ噴火、それ以上の噴火も視野に入れ、今後の火山活動を注視する必要がありそうです。



気象庁 火山名 霧島山(新燃岳) 火山の状況に関する解説情報 第22号
 要点

火山名 霧島山(新燃岳) 火山の状況に関する解説情報 第22号
平成29年10月17日16時00分 福岡管区気象台・鹿児島地方気象台

より、新燃岳の現在の状況 要点ピックアップ

  • 10月14日15時05分から継続していた新燃岳の連続噴火は、本日(17日)00時30分頃に停止、その後、噴火は観測されていない。
  • 火山性地震は、昨日(16日)に324回と多かったが、本日は15時までに22回にとどまっている。
  • 火山性微動は、11日17時16分から16日18時55分頃まで継続、その後も時々発生。
  • 地殻変動観測では、新燃岳の明瞭な山体膨張を示す傾斜変動は認められない。
  • えびの岳付近(硫黄山の南西3km付近)の地震は、15日以降、観測されていない。
    (この付近は、2011年の新燃岳の噴火でマグマを供給したと推定される領域)

以上 現在の状況部分より抜粋。
以上を見る限りでは、収束の方向に向かっているように見えますが、活発な火山活動は続いているのは変わりません。

噴火が止まった」は、今は一時的に止まっているだけ、まだ火山性微動がありますし、再び噴火する可能性があると、考えておくべきでしょうね。

 火山に関する発表状況(気象庁)

登山出来た頃の新燃岳(獅子戸岳中腹より撮影)
〜 登山出来た頃の新燃岳(獅子戸岳中腹より2005年撮影)〜


情報収集に、Yahoo!のリアルタイム検索をよく利用するのですが、「新燃岳」でツイートされた数の推移はそのまま新燃岳の活動を表しているようにも見えます。

新燃岳の噴火とツイート数
ツイート数の推移に文字を書き添えたもの


ツイート数は、噴火の規模を表すのかも知れません。
2011年マグマ噴火時の記録があれば比較できたのかも知れない。
とは言え・・
あの頃と今では、ネット環境(特にスマホ等)も全く違うし、最近は、単にニュース記事の紹介しただけの、あまり内容のない重複したものがが目立つし、当時と単純に数だけでの比較は出来ないかも知れない。

アルゴリズムを経たGoogle検索結果と違い、リアルタイム検索はツイートされたものがそのまま、時期列で羅列されているだけなので、正直言って内容の無いものが多いし、重複が多いのがネックですネ。

ミヤマキリシマと新燃岳火口湖(噴火前)
〜 ミヤマキリシマと新燃岳火口湖(新燃岳火口縁にて2005年撮影)〜


この美しい新燃岳の火口湖は、2011年の噴火で、溶岩に埋まってしまいました。

 


 



 
-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

 

宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション

− 今回の、新燃岳噴火 火山灰に新たに供給されたマグマ −
日本のひなた宮崎県
PAGE TOP