日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

2020年 台風10号 椎葉村下福良で土砂崩れ、男女4人行方不明(その後1名遺体で発見)

Posted morimori / 2020.09.08 Tuesday / 23:20


9/17男性の遺体発見、翌日ベトナム人技能実習生の一人と判明 ※下段に追記を加えています。(最終追記9/19)

昨日、台風10号で、椎葉そん、下福良にある建設会社の住宅と事務所が、土砂崩れで押し流され、男女4人の方が安否不明、1人が負傷したとのニュースが流れた。
調べると、十根川沿い、椎葉村から五ヶ瀬町へ通じる国道265号(ひむか神話街道)沿いの、十根川を隔てた対岸にある建設会社「相生あいおい組」との事。

建設会社の事務所、隣接する経営者の自宅を押し流し、経営者の妻の相生勝子さん(68)と長男で専務の泰孝さん(39)、ベトナム人の技能実習生のチャン・コン・ロンさん(23)とグエン・ヒュー・トアンさん(22)(追記:9/17遺体で発見)の4人の行方が分からなくなっています。

椎葉村中心部から五ヶ瀬町へ行く際、何度も国道265号を通っておりますので、もしかすると過去に運転中、現場を見たことがあるのかも知れません。

椎葉村 崖崩れ位置
画像は GoogleMapより


GoogleMap
国土地理院地図
Googleストリートビュー
朝日新聞社・現場空撮映像(Youtube)

※建物はこのストリートビューが撮影された2013年12月撮影以降に建てられたようです。

以下は、崩れたおおよその部分を当方で付記したもの。

崩れた部分(おおよそ)
画像は GoogleMapより


昨年12月、「十根川神楽」(夜神楽)を見学しましたが、神楽を見学した「八村杉」でも有名な「十根川神社」から、直線1km程の所のようです。

8日朝から安否不明の4人の捜索を再開。
大阪府警の広域緊急援助隊も参加。地元の消防団や建設会社の応援を含め、約260人態勢で行いましたが、4人の安否はいまだ確認されていないようです。無事であって欲しい。

以下は宮崎 NEWS WEBより一部引用
4人が行方不明になっている宮崎県椎葉村の土砂崩れでは斜面を流れ落ちた土砂が幅およそ30メートルの川を越えて対岸まで達しています。
現地を調査した専門家は「土砂が流木に乗ってすべるように川を横断したとみられるが、極めて珍しい事例で、土砂のスピードがかなり速かったことを示しているのではないか」と分析しています。

全文は以下(一週間程度でリンク先記事は消えると思います。)
「川横断は土砂の速さ示す」(宮崎 NEWS WEB)

ANNnewsCH(動画)によると、国交省から派遣された 国土技術政策総合研究所 山越隆雄 砂防研究室長は、崩壊は非常に急こう配の斜面で発生した表層崩壊、全長200m位
土砂崩れは山の中腹から始まり、その後に上の斜面が崩壊したとみられると分析、かなり高速で(下の住宅などに)土砂・流木が流れ下ったとみている。


以下の 土砂災害警戒区域等マップ
http://www.sabomap.jp/miyazaki/
を見ると、今回発生した一帯は「土砂災害特別警戒区域」に指定されていたようです。
土砂災害警戒区域等マップ


300m程のところに 避難所(鹿野遊ふれあいセンター)があるようですが、何故避難しなかったのだろう。
道路工事なども請け負う建設業だから、緊急呼び出しに備えて待機していたのだろうか。

かつてない事が発生する、近年の気象下においては、「今まで大丈夫だったから」は通用しなくなっています。

道路の通行止めなどの情報は  こちらを参照して下さい。  
続きを読む>>

★要注意★ 台風10号 ハイシェン(Haishen)海神

Posted morimori / 2020.09.02 Wednesday / 00:01




気象衛星 ひまわり気象衛星 ひまわり 台風10号画像
気象衛星 ひまわり気象衛星 ひまわり 台風10号画像・最新画像はクリック(タップ)してください。

【 9/3/7:00 追記 】その後、だいぶ西寄りにコースを変えているようです。
勢力は大きく(九州西の位置で、中心気圧925hp/最大風速50m/最大瞬間風速70m)。台風は中心の東側で風がより強く吹くので、特に風に対する警戒が必要かと思われます。

(参考)過去 上陸時の歴代最低中心気圧
 925hp 1961年 第二室戸台風
 929hp 1959年 伊勢湾台風

今回の台風、かなり風が吹きそうで怖いです。

以下の記事は、記載した9月1日時点のものです。
進路の画像は、最新情報へリンクしておりますので最新情報でご確認をお願いします。/ 追記終わり


台風10号が発生しました。
台風名は「ハイシェン(Haishen)」中国で「海神」という意味だそうです。

気象庁、米軍の台風の進路予想などを見ると、この記事を書いている9月1日23:50時点では、宮崎県を直撃する可能性があります。

予報を良くチェックしつつ、滞ることなく備えをした方が良いと思います。

以下の進路予想の画像は、ページ掲載時点(9月1日23:50時点)の予報です。最新情報は、画像をクリック(タップ)してください。

気象庁進路予想


台風10号 進路予想 日本気象協会
http://www.jma.go.jp/jp/typh/2010.html
(台風10号 ハイシェン 海神) 最新情報は画像をクリック(タップ)


台風の大きさ

強風域(15m以上)
超大型(非常に大きい)半径800Km以上
大型(大きい) 500Km以上〜800Km未満

台風の強さ

最大風速
猛烈な54m以上
非常に強い44m以上〜54m未満
強い33m以上〜44m未満


 台風用語(気象庁)
続きを読む>>

青井阿蘇神社(人吉市) 拝殿床上1mの高さまで濁流

Posted morimori / 2020.07.05 Sunday / 07:32


昨日の豪雨で被害に遭われた皆様、お見舞い申し上げます。

 今回、被害の大きかった、人吉市から〜八代市にかけての球磨川沿の道は、熊本へ行く際などに良く通っておりました。

昨日の朝、インターネットで関連ツイートを見ていると、何度か参拝した事のある、人吉市の「青井阿蘇神社」の禊橋前にある石の鳥居が水没してほんの一部しか見えなくなている写真があり、衝撃を受けました。

青井阿蘇神社のある境内は下の道路から石段をいくつか登った、数メートル上にあったと思うので、社殿はぎりぎり大丈夫かも?と思っていたのですが、今朝の読売新聞ニュースを見ると、
"拝殿の床上1メートルの高さまで濁流が流れ込んだ。

同神社の門前にかかり、国登録有形文化財に指定されている「禊(みそぎ)橋」は欄干が損壊した。" とありました。

関連画像(ツイートリンク)
https://twitter.com/toraisana/status/1279581644488204288
https://twitter.com/masa_yagami/status/1279587076288073729

いち早い復旧を祈りつつ、以前撮影した青井阿蘇神社の写真を紹介します。

禊橋

国指定 登録有形文化財
大正/1921 コンクリート造3連アーチ橋、橋長27m、幅員3.8m

一番水が増した時には写真の禊橋最上部付近まで来たようです。

青井阿蘇神社 禊(みそぎ)橋
禊(みそぎ)橋



青井阿蘇神社 禊(みそぎ)橋
禊(みそぎ)橋


青井阿蘇神社 禊(みそぎ)橋の上より
禊(みそぎ)橋の上より
続きを読む>>

PAGE TOP