日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

宮崎市などで震度5弱の地震/宮交ボタニックガーデン青島の大温室のガラス落下、割れる

Posted morimori / 2019.05.10 Friday / 23:56


2019年5月10日午前8時48分ごろ、日向灘を震源とするマグニチュード6.3の地震が発生。
この地震で宮崎市と都城市で震度5弱を観測しました。

宮崎県内各地の震度
震度5弱:宮崎市、都城市
震度4:日南市、小林市、西都市三股町、高原町、国富町綾町、高鍋町、新富町、川南町、美郷町、高千穂町、椎葉村
震度3:延岡市、日向市、串間市えびの市、木城町、都農町門川町、五ヶ瀬町

※下記に掲載した図は、いずれも下段リンク記載した気象庁報道発表資料より抽出したものです。

各地の震度

震度分布

図中、震度5強の色が付いたヶ所は、おそらく都城市高崎町東霧島あたりでは?と思います。

当地は震度5弱だったのですが、棚の上にあったもの(不安定な軽い落ちやすいもの)が一個落下した位でした。

緊急地震速報

震源に近いからか、緊急地震速報が鳴った時は既に揺れ出しておりました・・。
この地震の少し前に一度、震度3の地震があったので心構えというか気がはっていたのでそれ程慌てずに済みました。

詳細は以下をご覧下さい。
 令和元年5月10日08時48分頃の日向灘の地震について(気象庁)
 報道発表資料

被害は殆んど無し

幸いこの地震による、けが人や家屋への大きな被害などの情報は入っていないようです。

宮崎県 危機管理局のまとめによる発表では。
主な被害状況(令和元年5月10日18時00分時点)
(1)人的被害:なし
(2)住家被害:なし
(3)非住家被害:なし
(4)その他:えびの市で約150戸が停電しましたが、現在復旧しています
とのこと。

一方、NHK宮崎の夜のニュースでは、以下が報道されておりました。

【配水管が破裂】
宮崎市の吉村町にある原見橋では、橋の下に取り付けられている直径10センチの配水管が破裂し、下の川に向かって水が勢いよくあふれ出しました。
宮崎市水道局によりますと修理のため、付近の20世帯ほどが一時、断水しましたが、午後3時までにすべて解消されたということです。

【屋上のレンガ塀 一部が落下】
震度5弱の地震があった都城市山之口町の飲食店では、屋上のレンガ塀の一部が崩れて、およそ3メートル下の路上に落下しました。
当時、歩行者などはおらず、けが人はいませんでした。
店のオーナーは「まさかこんなことになるとは思っていなかった。今回壊れなかった部分も危ないので、すぐにフェンスに代えようと思います」と話していました。

【温室のガラス割れる】
宮崎県内の代表的な観光地、宮崎市青島にある青島亜熱帯植物園によりますと、地震の影響で園内にある温室のガラスのうち1枚が割れたということです。

二件は、老朽化したもの揺れで外れたりしたものだろうと思いますが、青島亜熱帯植物園の「温室のガラス割れ」に関しては後半に記載します。 

交通機関への影響

JR
地震発生直後から午前11時半ごろまで日豊本線の高鍋〜日向住吉間と山之口〜霧島神宮間、吉都線の都城〜高崎新田の間で徐行運転。
日豊本線の特急列車と普通列車で上下合わせて23本が運休、27本に最大で79分の遅れ。

高速道路
東九州自動車道と宮崎自動車道の一部区間で安全確認のため50Kの速度規制、午前11時20分に解除。

空の便は通常通り運航。  
続きを読む>>

5月1日、西都市〜西米良村間の国道219号全面通行止め

Posted morimori / 2019.05.02 Thursday / 19:08


【 5/13 追記 】 5月13日より20日まで復旧工事に伴い再び時間規制

【 5/6 追記 】全面通行止めの後、通行が時間規制されていた国道219号(西都市―西米良村間) 西米良村によると、6日17時から、信号機による片側交互通行となるそうです。

【 5/4 追記 】5月5日・6日は時間規制、7日以降は片側交互通行となります

国道219号時間規制(5日・6日)

*5日19時〜6日6時までは全面通行止め。
*6日作業終了後、昼夜間片側通行。
*7日以降は信号機による片側通行。
*現場の状況により作業に支障が生じた場合は、変更になることもあります。

時間規制の時間など、くわしくは 西米良村サイト参照 / 追記おわり


5月1日未明、国道219号沿い、西都市尾八重でのり面が崩れ、現場付近の500mの区間で全面通行止めとなっております。

規制前に乗用車が岩にぶつかる事故がありましたが、乗っていた方にけがはなかったということです。

場所は、ひむか神話街道の椎葉方面へ向かう分岐の近く「東陵トンネル」から300m程西米良寄りのところのようです。

宮崎県道路情報 地図
宮崎県道路情報より通行止め付近の地図 2019/5/2


以下の付近だと思います。
 GoogleMap

5/2付 宮崎日日新聞によると、全面通行止めヶ所では、落石が続いており、西都土木事務所は「早急の普旧は難しい」とのこと。

迂回路

西都市方面から西米良村
通常1時間(46Km)が、木城町美郷町 県道22号・国道388号経由 2時間30分(109Km)。
※木城町などの山間部は道路が狭く、すれ違い出来ないところも多いです。

宮崎市方面から西米良村
通常1時間32分(約76km)が、高速道路(宮崎自動車道〜九州自動車道)人吉経由だと、2時間22分(約161Km)高速料金は、通常2,910円です。

※時間距離は、いずれもGoogleMapによる計測(概ね・目安です。) 

小林市須木から西米良村へ通じる国道265は長期通行止が続いており、使えません。
(仮に使えたとしても、この国道265号は以前走ったことがありますが、道幅も狭く、普通車でもすれ違い出来ないところが多い道でまさしく「酷道」でしたので、おすすめしません。)

「カリコボーズの山菜まつり」は予定通り実施

5月3日に「おがわ作小屋村」で開催予定の「第20回 カリコボーズの山菜まつり」は予定通り実施予定とのことです。

第20回 カリコボーズの山菜まつり
開催日時 2019年5月3日(金・祝)9:00〜14:00
開催会場 おがわ作小屋村

スケジュール予定
09:00 開場
09:30 販売開始
11:00 民話語り
11:50 小川神楽
14:00 イベント終了

 詳細はディスカバー宮崎で

参考イメージ

おがわ作小屋村(秋・紅葉の時期の撮影)
おがわ作小屋村(秋・紅葉の時期の撮影)


小川神楽 かんすい(米良神社夜神楽)
小川神楽にて 「かんすい」(米良神社夜神楽

 
続きを読む>>

県道小林えびの高原牧園線(県道1号)硫黄山付近の新ルート6月にも着手

Posted morimori / 2019.04.24 Wednesday / 07:30


霧島連山・硫黄山の噴火活動の影響で、一部が通行止めとなっている県道小林えびの高原牧園線(県道1号)について、宮崎県は今年2月、通行再開に向け、県道付近の噴気孔周辺を避ける道路を新たに作るため検討に入っている旨、発表しておりました。

詳細は以前書いた関連ブログ記事をご覧ください。
 宮崎県はえびの高原硫黄山付近を通る、県道1号に迂回新ルート検討中(2019.02.20)

その後、2019年04月18日 えびの高原(硫黄山)周辺の噴火警戒レベルは1〈活火山であることに留意〉に引き下げられました。
関連ページ
 えびの高原 硫黄山周辺の噴火警戒レベル1へ引き下げ

えびの高原 新ルート 6月にも現地測量など整備事業に着手

4月23日、宮崎県は6月にも現地測量など整備事業に着手する旨、4/24付、宮崎日日新聞一面トップに掲載されておりました。

ガス発生地帯を通る南側のルート

以前当方は、3つのルートを予想してみましたが、今回発表された道路は、一番南側のルートでした。

下の図は、以前作成したものに、今回発表された新たに整備する県道1号部分を追記したものです。

県道小林えびの高原 県道1号 新ルート

二つのカーブの頂点を約500m直線で結び、県道沿いの噴気孔から半径100mに設定された立ち入り規制区域の外側を通るルートです。

ただし、以下の地図(えびの市 硫黄山周辺の規制図(PDF)より一部抜粋)を見ていただければわかりますが、火山ガスに伴う立ち入り規制に一部入るところです。

硫黄山周辺の規制図(抜粋)に追記

素人の私が考えるに、これから先の硫黄山周辺の噴火活動、今回噴出した噴気孔の位置、火山ガス滞留などを考えると、将来的に一番安心なのは、不動池横の駐車場付近から一帯をショートカットする一番北側のルートが安心なのでは? と思っていただけに、意外な発表でした。

えびの高原 県道1号新ルート予定場所

NHK宮崎のニュースでは
"宮崎県では、県内有数の観光地のえびの高原と小林市の生駒高原などを結ぶ県道1号線の通行止めは観光への影響が大きいとして、複数のう回ルートを検討した結果、整備する長さが短い今回のルートに決めたということです。"と報道されておりました。

県道小林えびの高原 県道1号 新ルート
県道小林えびの高原 県道1号 新ルート(拡大あり)

 
  
続きを読む>>

PAGE TOP