日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

日本のひなた宮崎県 コラボ 「ひなたの恵みボンカレー」

Posted morimori / 2016.07.08 Friday / 23:13


宮崎県の「日本のひなた宮崎」のロゴマークとの類似が縁で、スタートしたという、ご当地コラボ、「ひなたの恵みボンカレー」 がこのほど誕生、先行発売されましました。

ひなたの恵みボンカレー
〜 ファミリーマートで3つ購入、まだ食してません(^^;) 〜

宮崎県産の鶏肉と、彩り豊かなにんじん・赤ピーマン、かくし味に日向夏の果汁を加えて爽やかに仕上げた、ひなたの恵みたっぷりのキーマカレーです。宮崎県のおいしさをぎゅ〜っと煮こんだ味わいを、是非ご賞味ください。
内容量(1人前):180g
※限定1万食 

宮崎県によると・・販売の経緯は・・
「日本のひなた宮崎県」とボンカレーのロゴの親和性、類似性のほか、「ボンカレーゴールド」の具材の野菜国産化を実施するなど国産野菜の魅力を伝える大塚食品の企業理念と“ひなた”で育まれた農産物や温暖な気候、温かい人柄などの宮崎の魅力を全国に伝える「日本のひなた宮崎県」プロモーションのコンセプトとが重なっていることから構想が膨らみ、ボンカレーとして初のご当地コラボカレー商品を連携して、開発・販売・PRすることとなりました。

とのこと。

共同通信によると・・
「ボンカレーのパッケージに似ている」とインターネットなどで話題になっていた。大塚食品はこのマークを1978年から使っているが、特に問題にしていなかったという。

私も、日本のひなた宮崎のロゴマークが発表された当時(オリンピックエンブレム問題があった頃)、ボンカレーのロゴに類似しているとブログに書きました。
ただし、ボンカレーのパッケージに使われている、スタンダードなロゴではなく、以下の写真を見て感じたのです。

 → 写真(画像は外部リンク)

当時、インターネットで、ボンカレーのロゴにに似ていると書かれた方は、twitterでお一方見かけたくらいで、他に話題する方はいらしゃいませんでいた。

残念ながら、当時「日本のひなた宮崎」というキャッチフレーズ事態がマイナーすぎて、話題にもならなかったというのが実情ではなかったかと思います・・・

ロゴの類似については、報道のニュアンスほど話題にはなってなかった ってのが事実だったりします。

それをうまくコラボへ持ちこんだ(仕掛けた?)のは、成功かも知れませんね(^^)

ひなたの恵みボンカレー」は、「南九州ファミリーマート」が開発に参画したようで、同社が運営する宮崎県・鹿児島県内のファミリーマート385店と、新宿みやざき館KONNEなどでの先行発売となりました。

7月18日から、みやざき物産館KONNE、Aコープ取扱店などの宮崎県内小売店でも一般販売を予定しているようです。

「南九州限定発売」ってことで、お土産にも良いかも知れませんね。


レトルトパックの宮崎産鶏使用のキーマカレーって、以前からありまして、宮崎のお土産品売り場などで、見かけます。
強力なライバル出現かも?

1万食限定、取扱店も限定だから棲み分け大丈夫かなぁ〜(^^)

大塚食品 ニュース記事
http://www.otsukafoods.co.jp/news/pdf/20160705.pdf

ボンカレー公式サイト内 関連ページ
デザイン類似という偶然から生まれた「ひなたの恵みボンカレー キーマ辛口」
http://boncurry.jp/hinata/

世界初のレトルトカレー「ボンカレー」が誕生したのは1968年
1973年には年間1億食を突破
意外だったのは、ボンカレーの売り上げが一番良いのは夏とか・・


「ひなたの恵みボンカレー」は、通販でも購入出来ます。
 【宮崎県×大塚食品(株) 初のご当地コラボ】【限定販売】「日本のひなた宮崎県」ひなたの恵みボンカレー【キーマ辛口】


食べてみましたが・・

その後、食べてみましたが・・・ 
私の好みに合わなかった。
やはり私は、「普通の味のカレー」が好きかなぁー(^^;)

 



 
-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

 

宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション

− 日本のひなた宮崎県 コラボ 「ひなたの恵みボンカレー」 −
日本のひなた宮崎県
PAGE TOP