日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

2020年餃子全国ランキング日本一は?|馬渡のもっちり餃子

Posted morimori / 2021.01.22 Friday / 06:40


【 3/17 追記 】
2021年度1月の餃子支出金額のランキングでは、宮崎市が全国1位で好スタート。

2021年都市別「きょうざ」支出ランキング(1月)

1位 宮崎市 487円
2位 大津市 301円
3位 宇都宮市 293円
4位 前橋市 282円
5位 京都市 279円

【 2/5 追記 】
2020年 年間ランキングの結果
餃子購入額
1位 浜松市 3,766円
2位 宇都宮市 3,693円
3位 宮崎市 3,670円 でした。
差は僅かだったようです。一位という冠は欲しかったですね。

餃子購入頻度では宮崎市が全国1位だったようです。
餃子を一番よく(頻繁に)買って食べているという意味では「宮崎市」が一位って事ですね(^^) / 追記おわり

宮崎市 2020年上半期 餃子購入頻度・支出金額で日本一

毎月 統計局から発表されている「家計調査」の「ぎょうざ」購入頻度・支出金額を、焼き餃子協会で2020年上半期データを独自に集計したところ、2020年上半期は宮崎市が購入頻度・支出金額で日本一となっていることがわかり、昨年話題になりました。

「二冠」獲得は史上初とか。

2020年1月〜6月の
平均支出金額ランキング
1位 宮崎市(1,917円)
2位 宇都宮市(1,886円)
3位 京都市(1,635円)
4位 浜松市(1,522円)
5位 大津市(1,479円)
 全国平均 1,083円

100世帯1月あたりの平均購入頻度
1位 宮崎市(472回)
2位 松江市(434回)
3位 大津市(423回)
4位 大分市(418回)
5位 堺市(418回)
 全国平均=351回

宮崎市では、年間日本一をめざしてキャンペーンなども

宮崎市では、年間一位を目指し、餃子を食べよう!と、昨年後半から結構、餃子を食べて日本一にしよう!みたいなPR、キャンペーンが行われておりました。

宮崎市観光協会サイトには、餃子のページもありました。

宮崎市観光協会 餃子

以下一部引用
宮崎市として初となる「餃子購入額」「餃子購入頻度」の全国1位となったのは、あくまで、6月までの上半期。
関係者悲願の年間1位奪取に向けてのラストスパートはこれからです。
今日の献立に迷ったら・・・お土産に迷ったら・・・ 是非是非、餃子を!!!
あなたの1パックが、年間1位へ、そして「餃子の街 宮崎市」への足掛かりとなります。

乗じて、頑張って餃子を食べた方も多くいらっしゃるかも知れませんが・・

ランキングに寄与するのは「家計調査」に選ばれた家庭だけ

このランキングは、国の「家計調査」のデーターを元にしておりますので、誰が購入してもランキングに寄与するってわけではありません。

「家計調査」とは、一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約9千世帯の方々を対象として,家計の収入・支出,貯蓄・負債などを毎月調査しているもので、この選定された方々が購入した餃子のみデーターに反映されるのです。

さらに「家計調査」には、種々のカテゴリーがあり、「ぎょうざ」のカテゴリーに入るのは、スーパー等で販売されている生餃子、焼餃子及び餃子テイクアウト専門店のテイクアウトを含むもののようです。
家庭で良く食べるであろう、冷凍餃子は「冷凍食品」のカテゴリになる為、ぎょうざには反映されないようです。
宮崎では著名な「ぎょうざの丸岡」はテイクアウト専門店なので「ぎょうざ」のカテゴリーになると思いますが、中華料理店等の持ち帰りは別のカテゴリー(外食系?)になるようで対象外のようです。
この辺りは、申告する側の判断もありそうですし、やや曖昧な感じも無きにしも非ずですが・・。

一定のキャンペーン効果は期待出来るかと

PR、キャンペーンを目に、耳にすれば、宮崎市の「家計調査」の対象となっている方も協力、いつもより餃子を食べる頻度が高くなる可能性あるでしょうし、一定の効果はあったのだろうと思います。
トップ3に入るようなところはどこも行っているのではないでしょうか、餃子で有名な宇都宮とかは、絶対負けてられないでしょうしね。

年間ランキング日本一は?

後半、月単位で宇都宮市か浜松市か?に抜かれたみたいな事を目にしましたが、はたして年間ランキング日本一はどこだったのだろう?
続きを読む>>

「高鍋は餃子やっちゃが」高鍋地場産業振興会発行リーフレット入手

Posted morimori / 2020.11.02 Monday / 23:57


高鍋地場産業振興会が発行している「高鍋は餃子やっちゃが」というリーフレットを入手した。

高鍋餃子


「高鍋は餃子やっちゃが」には、高鍋町 餃子が食べられる店の紹介、高鍋町餃子Mapなどが紹介されている。

GoToEatキャンペーンの「ひなた食事券」(30%のプレミアムが付いた食事券)は、対象店であれば県内市町村どこでも使えるので、「高鍋餃子」を食べに遠征したいなーと思っていたところでしたので、こういった情報はありがたい。車に備えておこう。

ひなた食事券」が使えるお店を調べたところ、リーフレットに記載してある店舗では、以下が対象店のようです。

()内はリーフレットの店番号
(1)餃子の馬渡
(2)有限会社たかなべギョーザ
(4)炊き餃子キハチロウ
(9)餃子のくろぎ
(11)ベーカリーCafe風々々
(16)げんこつラーメン
(21)中国料理 吉宝

皮の「もちもち」感が好みの私は、「餃子の馬渡」が第一候補かなぁー

遠方の方は、楽天などでも冷凍モノが購入出来るようです。




スーパー「コープみやざき」などにも餃子の馬渡の冷凍モノが置いてあるけど、私はやはり現地で食べたいと。
GoogleMap
営業時間 16時00分〜22時00分(火曜定休) 

以下はリーフレットから引用

高鍋町って?どんなところ?

宮崎県のほぼ中央部に位置する高鍋町は、県下で最も小さな自治体でありながら、児湯地域の中核として、行政・教育・商業などの機能が集中する「コンパウトシティー」。また、「文教のまち」とも呼ばれる。
江戸期には「美々津で唄を唄うな。高鍋で学問を語るな」と唄われるほど向学精神豊かで、名君・秋月種茂公をはじめ、日本海軍最後の連合艦隊司令長官・小澤次郎や孤児の父・石井十次など、優れた人材を輩出している。

餃子の町高鍋

高鍋町の名物グルメは、なんと言っても「餃子」。
餃子の具の中心的存在であるキャベツの出荷量は、県内一。豚などの畜産業も盛んなので、材料には事欠かない。
親戚の集まりや地域の会合などがある時は餃子を持って行く、という習慣もあるほど庶民の生活の中にも食文化として根付いている。
餃子を食べることができる店も多く、町民一人に対する店舗数は、全国トップクラス。
薄皮の本格焼き餃子から、変わり種の餃子パン、餃子もちパイなど、餃子の種類も多種多様で魅力的。
餃子の美味しいまち高鍋町で、あなたも餃子マスターを目指そぅ!
続きを読む>>

青島ガーリックシュリンプ(ボンデリス テイクアウト)食す

Posted morimori / 2020.10.19 Monday / 23:44


今日の話題は・・食べ物
ハワイのご当地グルメ「ガーリックシュリンプ」の話題です。

「ガーリックシュリンプ」を青島に定着させ、地域ブランド化を目指そうと、青島にある10店舗が各店オリジナルの個性溢れる「ガーリックシュリンプ」を8月から提供しています。

青島ガーリックシュリンプ(ボンデリス)1
青島ガーリックシュリンプ BonDelice(ボンデリス) テイクアウト



今日、青島の「BonDelice(ボンデリス)」(スーパーマーケット)にパンを購入に寄った際、見つけたので購入して来ました。 価格は950円(税込)でした。

ボンデリスの「青島ガーリックシュリンプ」こだわりポイント
ガツーンとガーリックの効いた本場ハワイの味。
ライスにはタコソースとナッツソースをトッピング。

食べた感想
エビは背を割ってあるので、食べやすく、プリプリで美味しいです。
ライスの上に二種類のソースがけてあり、特にナッツソースが美味しかった。
パイナップルがハワイ・青島らしくていい。

青島ガーリックシュリンプ(ボンデリス)2
青島ガーリックシュリンプ BonDelice(ボンデリス) テイクアウト


紙のパックに入ってます。
しっかりビニール袋で包んで縛っておかないと、車の中にガーリック臭充満します。 経験談(笑)

今回、購入したお店、BonDelice(ボンデリス)の場所
  GoogleMap

スーパーの目の前は海、青島の海を眺めながら食べるのも良いかもね!
続きを読む>>

PAGE TOP