日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

今更ですがぁ・・「アサヒスーパードライ生ジョッキ缶」

Posted morimori / 2021.12.23 Thursday / 23:10


先日、近所の「トライアル」(スーパー)で「アサヒスーパードライ生ジョッキ缶」を発見。

数量限定販売らしく、転売防止の意味もあるのか、積み重ねられた24本入りの箱はすべて開封され陳列、箱買いはご遠慮くださいとの表示もあった。

トライアルは340ml缶が 税込200円以下で販売。

焼酎党なので夏位しかビールはのみませんが、ビール飲むなら「スーパードライ」党の私、どんな違いがあるのかと試しに1本購入してみました。

中身が「スーパードライ」と全く同じとは知らずに 飲んで、これは泡が細かく、切れがあってうまいなぁーと思った私(^^;)
リングプル(プルトップ)がほぼ全面開放しただけで、美味しく感じられるから不思議です。(半分はプラセボかな?)

アサヒスーパードライ生ジョッキ缶


調べると「アサヒスーパードライ生ジョッキ缶」は4月6日に発売、予想を上回る好評で一時休売となっており、単発的に、限定発売していたようです。
私は普段ビールは飲まないので、ビール売り場を見る事は少ないからか、今回、初めて目にしました。
近所のスーパーをあらためて見るとどこも並んでおり、限定2本までというところもありました。
夏場なら一気に売れたのでしょうけど、この時期は売れ行き鈍いかも知れない。

アサヒビールサイト参照

メーカーのPR文
まるで生ジョッキのうまさ。「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」
缶ビールなのに、まるでお店の生ジョッキのように楽しめるスーパードライ。
フルオープンする缶フタ、缶胴はダブルセーフティ構造で手、口が切れない構造。フタを開けると、きめ細かい泡がわき出てきます。飲み口が大きく開くのでジョッキのようにゴクゴク飲めます。

中味は通常のアサヒスーパードライと同じです。


アサヒスーパードライ生ジョッキ缶
続きを読む>>

amazon「おせち」早期予約キャンペーンで5,000ポイント |板前魂の富士を注文

Posted morimori / 2021.09.20 Monday / 07:35


【 追記 】 先日紹介した、amazonで おせちの早期予約キャンペーン(5,000ポイント付与)は10月10日までです。

実は、注文するのを すっかり忘れておりまして、昨日気付いて あわてて注文した次第です。

おせちは4年連続(内二回はこのamazonの早割キャンペーンで)くら寿司のものを注文していたのですが、違うところのおせちも食べてみたくなり、今回は(現時点で)amazonおせち売れ筋ランキング1位のおせちを注文しました。(下段追記掲載) / 追記おわり


一昨年、昨年もお知らせしましたが、今年も、amazonで おせちの早期予約キャンペーンが始まりました。

キャンペーン期間(10月10日まで)に、エントリーの上、対象の15,000円(税込)以上のおせち料理をご購入すると、来年1月に5,000ポイントがアカウントに付与されますので、結構お得です。

おせち イラスト
(おせちイラスト:Frame illust


私はこの早割りキャンペーンを2年連続利用しております。
昨年は、20,000円(税込)以上で10,000ポイントと破格、実質最大半額になったのですが、今年は、対象を5,000円下げて、ポイントも渋めで、実質最大33%引きといった感じです。それでも十分安いですが・・。

ポイント獲得条件

  1. キャンペーン予告期間またはキャンペーン期間中にキャンペーンにエントリーした上で、キャンペーン期間中に本キャンペーン対象の15,000円(税込)以上のおせち料理を購入すること。
    クーポン付き商品では、クーポン割引適用後の表示価格が15,000円(税込)以上の商品のみキャンペーン対象となります。
  2. キャンペーン期間中に注文した商品について、2022年1月5日(水)までに発送が完了していること。


対象商品は、商品詳細ページに下のようなバナーが設置されている商品です。このバナーが設置されていない商品は対象外となりますのでご注意ください。
バナー例


ポイント付与

本キャンペーンにより獲得したAmazonポイントは、2022年1月下旬頃までに対象のお客様のアカウントに付与されます。

詳細は、以下より どうぞ



後で・・と思ってると、忘れるので、今注文しましょう(^^)
続きを読む>>

2020年餃子全国ランキング日本一は?|馬渡のもっちり餃子

Posted morimori / 2021.01.22 Friday / 06:40


【 3/17 追記 】
2021年度1月の餃子支出金額のランキングでは、宮崎市が全国1位で好スタート。

2021年都市別「きょうざ」支出ランキング(1月)

1位 宮崎市 487円
2位 大津市 301円
3位 宇都宮市 293円
4位 前橋市 282円
5位 京都市 279円

【 2/5 追記 】
2020年 年間ランキングの結果
餃子購入額
1位 浜松市 3,766円
2位 宇都宮市 3,693円
3位 宮崎市 3,670円 でした。
差は僅かだったようです。一位という冠は欲しかったですね。

餃子購入頻度では宮崎市が全国1位だったようです。
餃子を一番よく(頻繁に)買って食べているという意味では「宮崎市」が一位って事ですね(^^) / 追記おわり

宮崎市 2020年上半期 餃子購入頻度・支出金額で日本一

毎月 統計局から発表されている「家計調査」の「ぎょうざ」購入頻度・支出金額を、焼き餃子協会で2020年上半期データを独自に集計したところ、2020年上半期は宮崎市が購入頻度・支出金額で日本一となっていることがわかり、昨年話題になりました。

「二冠」獲得は史上初とか。

2020年1月〜6月の
平均支出金額ランキング
1位 宮崎市(1,917円)
2位 宇都宮市(1,886円)
3位 京都市(1,635円)
4位 浜松市(1,522円)
5位 大津市(1,479円)
 全国平均 1,083円

100世帯1月あたりの平均購入頻度
1位 宮崎市(472回)
2位 松江市(434回)
3位 大津市(423回)
4位 大分市(418回)
5位 堺市(418回)
 全国平均=351回

宮崎市では、年間日本一をめざしてキャンペーンなども

宮崎市では、年間一位を目指し、餃子を食べよう!と、昨年後半から結構、餃子を食べて日本一にしよう!みたいなPR、キャンペーンが行われておりました。

宮崎市観光協会サイトには、餃子のページもありました。

宮崎市観光協会 餃子

以下一部引用
宮崎市として初となる「餃子購入額」「餃子購入頻度」の全国1位となったのは、あくまで、6月までの上半期。
関係者悲願の年間1位奪取に向けてのラストスパートはこれからです。
今日の献立に迷ったら・・・お土産に迷ったら・・・ 是非是非、餃子を!!!
あなたの1パックが、年間1位へ、そして「餃子の街 宮崎市」への足掛かりとなります。

乗じて、頑張って餃子を食べた方も多くいらっしゃるかも知れませんが・・

ランキングに寄与するのは「家計調査」に選ばれた家庭だけ

このランキングは、国の「家計調査」のデーターを元にしておりますので、誰が購入してもランキングに寄与するってわけではありません。

「家計調査」とは、一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約9千世帯の方々を対象として,家計の収入・支出,貯蓄・負債などを毎月調査しているもので、この選定された方々が購入した餃子のみデーターに反映されるのです。

さらに「家計調査」には、種々のカテゴリーがあり、「ぎょうざ」のカテゴリーに入るのは、スーパー等で販売されている生餃子、焼餃子及び餃子テイクアウト専門店のテイクアウトを含むもののようです。
家庭で良く食べるであろう、冷凍餃子は「冷凍食品」のカテゴリになる為、ぎょうざには反映されないようです。
宮崎では著名な「ぎょうざの丸岡」はテイクアウト専門店なので「ぎょうざ」のカテゴリーになると思いますが、中華料理店等の持ち帰りは別のカテゴリー(外食系?)になるようで対象外のようです。
この辺りは、申告する側の判断もありそうですし、やや曖昧な感じも無きにしも非ずですが・・。

一定のキャンペーン効果は期待出来るかと

PR、キャンペーンを目に、耳にすれば、宮崎市の「家計調査」の対象となっている方も協力、いつもより餃子を食べる頻度が高くなる可能性あるでしょうし、一定の効果はあったのだろうと思います。
トップ3に入るようなところはどこも行っているのではないでしょうか、餃子で有名な宇都宮とかは、絶対負けてられないでしょうしね。

年間ランキング日本一は?

後半、月単位で宇都宮市か浜松市か?に抜かれたみたいな事を目にしましたが、はたして年間ランキング日本一はどこだったのだろう?
続きを読む>>

PAGE TOP