日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力なり、写真など交え日々更新目標 By MORIMORI

宮崎市、西都市、新富町 3市町の古墳 文化庁「日本遺産」に認定

Posted morimori / 2018.05.24 Thursday / 23:44


【宮崎県内・お得な情報】
小林市・えびの市・高原町 楽天トラベル宿泊割引クーポン 8/27より配布

西都原古墳群

文化財を観光資源として活用することを目的として、文化庁が3年前から認定している「日本遺産」に、平成30年度、宮崎県では、宮崎、西都、新富の3市町の「古代人のモニュメント−台地に絵を描く 南国宮崎の古墳景観」が認定されました。

「南国宮崎の古墳景観」は
西都市「西都原古墳群
宮崎市「生目古墳群」「蓮ヶ池横穴群」
新富町「新田原古墳群」をまとめたもの。

詳しい内容
 古代人のモニュメント −台地に絵を描く 南国宮崎の古墳景観−(PDF 7.1MB)

文化庁は
列島各地であまた造られた古墳のある景観(風景)は、時の移ろいの中で様変わりするものの、宮崎平野には繁栄した当時に近い景観が今も保たれている。
台地に広がる古墳の姿形が損なわれることなく、古墳の周りには建築物がほとんどない景観は全国で唯一である。

と評価したようです。

「日本遺産」には、平成30年度分を含め、これまで67件が認定、宮崎県内からは初の認定。古墳のジャンルでも初の認定となった。

日本遺産に認定されると、初年度4000万円、2年目に2000万円、3年目に1000万円程度の補助が受けられ、さらに、日本遺産を通じた活性化策を指導、助言する「日本遺産プロデューサー」の派遣もあるとか。

県や3市町は認定を受けて、国内外へ宮崎の古墳文化を発信するための協議会を31日に発足させる。西都市など地元自治体は、今後3年間で国からの補助金7000円を使って、各古墳群を巡るスタンプラリーや上空から古墳群を眺める熱気球の導入、国内外の観光客に配るパンフレットの製作などを進める方針とのこと。

西都原古墳群

申請書のこの写真、いい写真ですねーー(^^;) 
お力になれ、撮影者も、きっと認定を喜んでいることでしょう。
 

台地に絵を描く」・・ 
 この一節に ニヤリとしてしまった。
 
 
 



宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション

「日本遺産(Japan Heritage)」について

引用元
地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」に認定するとともに,ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し,国内外に戦略的に発信することにより,地域の活性化を図る。

※ 認定対象など、詳しくは、引用元リンクを参照願います。

平成30年度「日本遺産(Japan Heritage)」認定一覧 より 宮崎県関連

引用元

◎西都市,宮崎市,新富町(宮崎県)
≪古代人のモニュメント −台地に絵を描く 南国宮崎の古墳景観−≫
(ストーリーの概要)
日本独自の形である前方後円墳という古墳が造られた時代。宮崎平野でも西都原古墳群を始め多くの古墳が造られました。列島各地であまた造られた古墳のある景観(風景)は,時の移ろいの中で様変わりしますが,宮崎平野には繁栄した当時に近い景観が今も保たれています。台地に広がる古墳の姿形が損なわれることなく,古墳の周りには建築物がほとんどない景観は全国で唯一です。
古墳を横から,上から斜めから。いろんな形と古墳のある景観を楽しんでみませんか?

平成30年度「日本遺産(Japan Heritage)」認定一覧 より 宮崎県関連

引用元

13 宮崎県◎西都市,宮崎市,新富町古代人のモニュメント −台地に絵を描く南国宮崎の古墳景観−

平成30年度「日本遺産(Japan Heritage)」申請一覧 より 宮崎県関連

引用元

70 長崎県,宮崎県 
長崎県(◎南島原市,大村市,西海市,雲仙市,波佐見町),宮崎県西都市
天正遣欧少年使節物語〜日本初ヨーロッパの地を訪れた少年たちの軌跡

72 宮崎県◎串間市,日南市
南国情緒に彩られた紺碧の回廊―黒潮に育まれた日南・串間における人々の営み

73 宮崎県◎西都市,宮崎市,新富町
古代人のモニュメント −台地に絵を描く南国宮崎の古墳景観

74 宮崎県◎日向市,門川町
岩岩いこうぜ! ロックな景観〜時を超えて柱状節理がもたらした恩恵

/ 以上 引用終わり

宮崎県の関連した4件の内、3件は残念ながら今回、登録を見送られたようです。


関連情報追記欄

【 2018/6/5 追記 】6月4日、文化庁の日本遺産に認定されたことを受け、3市町や民間団体は、古墳の景観を地域活性化に生かすための協議会を設立。
 協議会の設立総会と第1回総会が同日、西都市の西都原ガイダンスセンターこのはな館で開催された。

事業計画
本年度、案内看板、ホームページなどの作成し、VR(仮想現実)技術を利用したスタンプラリーとウオークラリーを実施。
来年度、ミュージカル開催、キャラクターグッズ製作を予定。
20年度、シンポジウムを実施するほか、古墳群を上空から見る熱気球体験なども計画などを予定しているようです。
情報元:6/5宮崎日日新聞より





古代人のモニュメント − 台地に絵を描く 南国宮崎の古墳景観 ー

日本独自の形である前方後円墳という古墳が造られた時代。
宮崎平野でも西都原古墳群を始め多くの古墳が造られました。
列島各地であまた造られた古墳のある景観(風景)は、時の移ろいの中で様変わりしますが、宮崎平野には繁栄した当時に近い景観が今も保たれています。
古墳の姿形が損なわれることなく、古墳の周りに建築物がほとんどない景観は全国で唯一です。
古墳を横から、上から斜めから。いろんな形と古墳のある景観を楽しんでみませんか?

【「古墳」の世紀】

 紀元3世紀から7世紀にかけての日本列島では、土を盛り上げたお墓”古墳”を造る文化が各地で栄えました。上から見た形が鍵穴のような「前方後円墳」、丸い「円墳」、四角の「方墳」など、その数はなんと約16万基以上。当時の人々にとっての古墳とは、人物の地位や実力を大きさや形で表現した、いわば記念碑(モニュメント)でもありました。そうした古墳をすべて人力で築き上げた古墳時代とは、日本の歴史上初めての「土木工事ラッシュ」の世紀だったのです。
 列島各地の古墳は、長い時の経過とともに、その多くは損なわれました。しかし、唯一、宮崎平野の台地には、古墳の姿形が損なわれることなく、古墳の周りに建築物のほとんどない景観が広がっています。そうした古墳景観の世界をたどってみましょう。

【造られた当時に近い古墳景観ー西都原古墳群ー】

 西都原古墳群は宮崎平野を流れる一ツ瀬川西岸の台地上にあり、東西2.6辧ζ酲4.2劼糧楼呂300基以上が分布する全国屈指の大古墳群です。その特徴は、なんといっても古墳の形がよく残され、木々も生い茂ることなくおよそ1400年以上前の、古墳が造られた頃に最も近い景観が今も保たれていることです。
 ここには、前方後円墳が台地の縁に沿って立ち並び、前方後円墳の間には円墳がキッシリとすき間なく造られています。台地の小高い丘(高取山)の麓には、ひときわ大きな古墳が2つ。女狭穂塚古墳と男狭穂塚古墳は圧倒的な威容をたたえ、南九州の雄として君臨する勢力の大きさを表しています。また、土星のような形の「鬼の窟古墳」は円墳の周りに土塁が巡る全国的にも珍しい形で、岩で出来た石室がぽっかりと口を開け、その内部空間に入ることができます。さらに、数は少ないですが、方墳も造られました。
 豊かな自然環境のもと、交通の要衝であった西都原では、約400年の歳月をかけて古墳づくりに励みました。その結果、青い空と緑の山々を背景にした壮大なパノラマの古墳景観が生まれたのです。そこには時間が止まったような別世界の空間が広がり、訪れる誰もが古代の人々になったような錯覚に陥ることでしょう。朝日夕日に輝き月夜の下で照らされる古墳は、昼間とは趣が異なって神秘的な雰囲気が漂います。小高い古墳の頂きや高取山の展望台に立てば、大きな鍵穴の間に無数の小さな水玉が見え、それはまるで台地に絵を描いたかのようです。秋冬の季節は古墳の色が緑から茶や赤色などに変わるので、春夏の頃とはひと味違う光景になります。

【西都原古墳群の周辺に広がる様々な古墳景観】

 西都原古墳群の他にも、建築物が周りにない古墳群が広がっています。-
新田原古墳群 一ツ瀬川東部の台地上にあり、見渡す限りの広大な田畑の中に、水神塚、機織塚、百足塚などと名付けられた前方後円墳をはじめ、円墳や方墳が浮かぶように点在しています。古墳時代の人々が造った古墳と、後世の人々が生み出した田畑が共にある景観は、古墳の存在を壊さずに開墾されたことで形作られましたが、そこには現在に続く古墳へ畏敬の念が根底にあったのです。また、百足塚古墳から出土した古墳時代の暮らしぶりをイメージさせるユーモラスな埴輪も見ることができます。
生目古墳群 大淀川河畔の小高い丘陵に広がるこんもりとした木立の群れ。実は、前方後円墳や円墳の今の姿です。その一角に、ひときわ輝く前方後円墳が一つ。白い石で表面を覆った当時の姿に復元されたもので、その頂きに立てば、昔日の威容と造形美、古墳造りのエネルギーが体感できます。生目古墳群には、古墳が造られてから悠久の時間を感じさせる森と化した古墳と当時の姿に復元された古墳が対照的に体感できる景観が備わっています。
蓮ヶ池横穴墓群 海辺に近い蓮の花の咲く池のほとりにある。列島最南端の横穴墓です。丘陵の固い岩盤に横穴を掘って造ったお墓で、造り終わった後は、丘陵全体が照葉樹や落葉広葉樹の森林となり、忘れ去られた様にひっそりとたたずむ景観になりました。今も自然のままに時を重ねています。

【「古墳」の世紀を体感する】

 多くの古墳があることで、女狭穂塚古墳に埋葬されているとされる木花咲耶姫の話を始め、古墳に関わる数々の神話や伝説、祭事などが生まれました。また、生目古墳群(4世紀)→西都原古墳群(5世紀)→新田原古墳群(6世紀)、さらに蓮ヶ池横穴墓群(6〜7世紀)へと、繁栄を極めた順に巡ると、南九州の豪族達の栄枯盛衰を感じることができ、副葬品や埴輪といった古墳からの出土品を鑑賞することで、古墳時代の生活を実感できます。
 このような古墳の楽しみ方ができるのは、宮崎平野の古墳群だけです。さあ、ゆっくりと古墳探訪のひとときを過ごしてみませんか。

県作成 リーフレットより




 



 
-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

 

− 宮崎市、西都市、新富町 3市町の古墳 文化庁「日本遺産」に認定 −
日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP