日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

宮崎市、西都市、新富町 3市町の古墳 文化庁「日本遺産」に認定

Posted morimori / 2018.05.24 Thursday / 23:44


西都原古墳群

文化財を観光資源として活用することを目的として、文化庁が3年前から認定している「日本遺産」に、平成30年度、宮崎県では、宮崎、西都、新富の3市町の「古代人のモニュメント−台地に絵を描く 南国宮崎の古墳景観」が認定されました。

「南国宮崎の古墳景観」は
西都市「西都原古墳群
宮崎市「生目古墳群」「蓮ヶ池横穴群」
新富町「新田原古墳群」をまとめたもの。

詳しい内容
 古代人のモニュメント −台地に絵を描く 南国宮崎の古墳景観−(PDF 7.1MB)

文化庁は
列島各地であまた造られた古墳のある景観(風景)は、時の移ろいの中で様変わりするものの、宮崎平野には繁栄した当時に近い景観が今も保たれている。
台地に広がる古墳の姿形が損なわれることなく、古墳の周りには建築物がほとんどない景観は全国で唯一である。

と評価したようです。

「日本遺産」には、平成30年度分を含め、これまで67件が認定、宮崎県内からは初の認定。古墳のジャンルでも初の認定となった。

日本遺産に認定されると、初年度4000万円、2年目に2000万円、3年目に1000万円程度の補助が受けられ、さらに、日本遺産を通じた活性化策を指導、助言する「日本遺産プロデューサー」の派遣もあるとか。

県や3市町は認定を受けて、国内外へ宮崎の古墳文化を発信するための協議会を31日に発足させる。西都市など地元自治体は、今後3年間で国からの補助金7000円を使って、各古墳群を巡るスタンプラリーや上空から古墳群を眺める熱気球の導入、国内外の観光客に配るパンフレットの製作などを進める方針とのこと。

西都原古墳群

申請書のこの写真、いい写真ですねーー(^^;) 
お力になれ、撮影者も、きっと認定を喜んでいることでしょう。
 

台地に絵を描く」・・ 
 この一節に ニヤリとしてしまった。
 
 
 



宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション

「日本遺産(Japan Heritage)」について

引用元
地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」に認定するとともに,ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し,国内外に戦略的に発信することにより,地域の活性化を図る。

※ 認定対象など、詳しくは、引用元リンクを参照願います。

平成30年度「日本遺産(Japan Heritage)」認定一覧 より 宮崎県関連

引用元

◎西都市,宮崎市,新富町(宮崎県)
≪古代人のモニュメント −台地に絵を描く 南国宮崎の古墳景観−≫
(ストーリーの概要)
日本独自の形である前方後円墳という古墳が造られた時代。宮崎平野でも西都原古墳群を始め多くの古墳が造られました。列島各地であまた造られた古墳のある景観(風景)は,時の移ろいの中で様変わりしますが,宮崎平野には繁栄した当時に近い景観が今も保たれています。台地に広がる古墳の姿形が損なわれることなく,古墳の周りには建築物がほとんどない景観は全国で唯一です。
古墳を横から,上から斜めから。いろんな形と古墳のある景観を楽しんでみませんか?

平成30年度「日本遺産(Japan Heritage)」認定一覧 より 宮崎県関連

引用元

13 宮崎県◎西都市,宮崎市,新富町古代人のモニュメント −台地に絵を描く南国宮崎の古墳景観−

平成30年度「日本遺産(Japan Heritage)」申請一覧 より 宮崎県関連

引用元

70 長崎県,宮崎県 
長崎県(◎南島原市,大村市,西海市,雲仙市,波佐見町),宮崎県西都市
天正遣欧少年使節物語〜日本初ヨーロッパの地を訪れた少年たちの軌跡

72 宮崎県◎串間市,日南市
南国情緒に彩られた紺碧の回廊―黒潮に育まれた日南・串間における人々の営み

73 宮崎県◎西都市,宮崎市,新富町
古代人のモニュメント −台地に絵を描く南国宮崎の古墳景観

74 宮崎県◎日向市,門川町
岩岩いこうぜ! ロックな景観〜時を超えて柱状節理がもたらした恩恵

/ 以上 引用終わり

宮崎県の関連した4件の内、3件は残念ながら今回、登録を見送られたようです。


関連情報追記欄

【 2018/6/5 追記 】6月4日、文化庁の日本遺産に認定されたことを受け、3市町や民間団体は、古墳の景観を地域活性化に生かすための協議会を設立。
 協議会の設立総会と第1回総会が同日、西都市の西都原ガイダンスセンターこのはな館で開催された。

事業計画
本年度、案内看板、ホームページなどの作成し、VR(仮想現実)技術を利用したスタンプラリーとウオークラリーを実施。
来年度、ミュージカル開催、キャラクターグッズ製作を予定。
20年度、シンポジウムを実施するほか、古墳群を上空から見る熱気球体験なども計画などを予定しているようです。
情報元:6/5宮崎日日新聞より



 



 
-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

 

− 宮崎市、西都市、新富町 3市町の古墳 文化庁「日本遺産」に認定 −
日本のひなた宮崎県
PAGE TOP