日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

今朝の宮崎日日新聞ラッピング紙面は、王・長嶋 プロ野球春季キャンプ

Posted morimori / 2020.01.31 Friday / 06:27


今朝の宮崎日日新聞、見開き両面を使ったラッピングは、ON(王、長嶋 両選手)「伝説は、宮崎から」5球団始動
明日からスタートする、プロ野球春季キャンプを盛り上げるものでした。


1/31 宮崎日日新聞ラッピング紙面(プロ野球キャンプ)
1/31 宮崎日日新聞ラッピング紙面(プロ野球キャンプ)


1970年(昭和45年)、当時のキャンプ地、宮崎駅近くにあった、旧県営球場のようです。
 



裏面は、坂本勇人内野手、山本由伸投手、千賀滉大投手、鈴木誠也外野手、山川穂高内野手でした。

1/31 宮崎日日新聞ラッピング紙面(プロ野球キャンプ)
1/31 宮崎日日新聞ラッピング紙面(プロ野球キャンプ)


各選手がチームカラーに配色されています。
みんないい表情してますね。

※新聞の著作権があるので、拡大画像はありません。

補足

5球団に加えファーム2球団も宮崎で春季キャンプ

一軍が5球団に加え、2軍(ファーム)では、ヤクルト(西都市武)、東北楽天の二次キャンプ(日向市)も行われます。

旧宮崎県営球場

wikipadiaより一部抜粋
宮崎県営球場は、現在のJR宮崎駅に程近いところに位置していた県営総合運動場内に1936年11月開場。
1959年から読売ジャイアンツ(巨人)が兵庫県明石市(兵庫県立明石公園第一野球場)から宮崎へキャンプ地を移転して春季・秋季キャンプを1974年まで当球場で行っていた。

宮崎県総合運動公園内に宮崎市営野球場(現宮崎県総合運動公園第二硬式野球場が1974年に完成したのに伴って、1975年から巨人のキャンプ地は市営球場に移転。

2001年に宮崎県総合運動公園硬式野球場(サンマリンスタジアム宮崎)が完成したのに伴い、宮崎市内の県営野球場は2001年3月を以って閉鎖、用途廃止された。跡地の一部は現在、宮崎県立宮崎工業高等学校の第二グラウンドとなっており、現在内野席とフェンスは撤去されている。

なお、サンマリンスタジアムには「宮崎県営野球場」のエンブレムが掛かっているが、正式名称は上記のものである。

※「現宮崎県総合運動公園第二硬式野球場」は、現在、巨人の二軍がキャンプでメインに使っている「ひむかスタジアム」のことかと思います。 


余談ですが・・
王さん長嶋さんの間の広告文字に目が・・
「フローリアン」は、おそらく、いすゞが発売してた車「フローリアン」でしょうね。
いすゞは、トラックのみならず、乗用車も作ってたんですよね。
イタリアのデザイナー「ジウジアーロ」が手掛けた、「117クーペ」「ピアッツァ」などありました。
「ジェミニ」とかもあったなぁ(知らない世代も多いでしょうね〜)



− 今朝の宮崎日日新聞ラッピング紙面は、王・長嶋 プロ野球春季キャンプ −


日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP