日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

最新20記事リスト表示
【当サイト内検索・画像検索含む】

【9/29更新】 都井岬で野生馬(御崎馬)が足を骨折する自動車事故(80代男性書類送検)

Posted morimori / 2023.05.19 Friday / 22:28


【9/29追記】 
9月24日、リハビリを終え、他の馬と一緒に元気な様子とのこと。良かった!


【7/7追記】 
7/7付 宮崎日日新聞によると、4月30日、都井岬の県道で自動車事故にあい、骨折、患部をギプスで固定、抗生物質を注射するなど治療を受け柵内で隔離されていた 天然記念物の岬馬(御崎馬)4歳雌は昨日(6日)ギブスが外されたようです。
今後柵の中でリハビリを行い、約1カ月後には野生に戻す予定とのことです。良かった!


【5/19追記】 4月30日正午ごろ、都井岬の小松ケ丘の駐車場近くを通る県道で発生したとみられる事故(御崎馬が骨折・はねた車はその場から走り去った。)の続報です。

御崎馬をはね立ち去っていた鹿児島県の80代の無職男性を「当て逃げ」の疑いでを書類送検

5/19のNHK宮崎ニュースによると、御崎馬をはねた鹿児島県の80代の男性が書類送検されたようです。
警察によりますと先月、串間市の都井岬の県道で道路上にいた国の天然記念物の野生馬「岬馬」を車ではねたにもかかわらず、警察に届け出なかったとして道路交通法違反の疑いが持たれています。
警察が目撃情報や現場に散乱していた車の一部とみられる破片を調べた結果、男性が事故に関わった疑いがあることが分かったということです。
男性は当時、観光のため車で孫と2人で都井岬を訪れていたということで、警察の調べに対し「馬にぶつかったのは分かったがその後、馬が歩いていたので大丈夫だと思い、届け出なかった」と容疑を認めているということです。

書類送検された鹿児島県の80代男性は、先月30日正午ごろ、串間市の都井岬で観光のため普通乗用車を運転中、道路上で野生馬に衝突し、そのまま現場から立ち去った疑いが持たれています。

80代・・齢をとると運転もさることながら後の判断さえも鈍るという事例かと思います。

令和元年時点で65歳以上の運転免許保有者数は18,851,637 人(22.9%)となっており、人数も比率も年々増えているという。
気をつけましょう・・ 
ある意味 私含め、高齢者ドライバーへの「戒め」でもありますね。

今回の書類送検は、動物との衝突は道交法上、物損事故扱いになり、警察へ届け出が必要となる為「当て逃げ」容疑とのことでした。
 当初「文化財保護法違反」の可能性もあると言われていたのですが、抵触は無かったのでしょうかね。

【5/12追記】 

「NOSAI宮崎高度獣医療チーム」のメンバーなど7人が治療

5月3日の報道では"馬は岬内にある柵の中に入れており、宮崎大農学部獣医学科の教授らと相談の上、しばらく状態を静観するという。"
ことでしたが、その後、5月5日 獣医たちにより治療が行われたようです。

5/8付 NHK宮崎ニュースWebによると5月5日、県内の獣医師らで作る「NOSAI宮崎高度獣医療チーム」のメンバーなど7人が治療にあたったようです。


はじめに麻酔の吹き矢で馬を眠らせ、けがをした足のレントゲン写真を撮って詳しい状態を確認しました。
そして、感染症を防ぐ薬を塗って、ギプスで足を固定。

治療にあたった獣医師の1人で宮崎大学農学部の小林郁雄准教授は「思ったより状態は悪くなかったで改善が期待できそうですが、状態が悪化すれば足を切断することなども考えらる」と話していました。

一方、警察は車が馬をはねてそのまま走り去ったとみて、捜査しています。

とりあえず良かった!

立ち去った車はまだ発見されていないのでしょうかね?
壊れた車の部品が現場にあったのだから、車種は特定できるはず、警察が本気で捜索・手配すべれば、すぐわかりそうですが・・

場所はこの辺りと思われます ストリートヴュー

毎年2・3頭の馬が交通事故死

現在の状況は不明ですが、御崎馬のいななき(ひむか教育ネットサイト内)」によると、都井岬では、毎年2・3頭の馬が交通事故死していたようです。

馬の行動は予想出来ません。スピードを抑える為の注意喚起を促すしかないと思います。
すぐにでも対策を取らないと この先も同様の事故が発生すると思います。

「都井御崎牧組合」になるのか?県道なので「宮崎県」?なのかわかりませんが、もう既に対策は行われているかも知れませんが、駒止めの門でも、「事故が発生している事」「スピードを抑える事」などを記した注意喚起を促すチラシをパンフレットとは別に配ったり(パンフレット内に記載してもその時見ない可能性大)、馬が飛び出してきそうなポイント前に目立つ看板を設置してはいかがでしょう?
それでも減らないようであれば、路面にスピードを出せなくするような段差を設けるしかないのかも知れません。

はねた車の方も、おそらく後悔していると思います。

半野生馬

以前はは「野生馬」と称しておりましたが、最近は「野生馬」とは称せず、「御崎場」「岬馬」の表現が多いようです。
毎年、年に一回、健康チェックの為、馬を追い込み、採血や寄生虫駆除の薬を投与などもしますので。厳密には「半野生」でしょうか。
野生なら治療も保護もしないのが筋でしょうけど、今回の事故に対しての治療&柵内での保護は妥当な判断ではないでしょうか? 馬に罪はない、被害者です。

余談ですが・・今は「都井岬」ですが、昔は「都井の岬」と呼んでましたね。


以下より5月3日に書いた記事です。
串間市 都井岬 御崎馬(みさきうま)
都井岬 御崎馬(みさきうま)
県道を歩く御崎馬


串間市都井岬で、国天然記念物の岬馬1頭(4歳の雌)が都井岬内の県道で車にはねられ、左後ろ脚の骨を折るけがをしたようです。
事故は4月30日正午ごろ、都井岬の小松ケ丘の駐車場近くを通る県道で発生したとみられ、脚を引きずって歩く姿が観光客らに目撃され、現場周辺には車の破片が散乱していたことから事故に遭ったことが判明したとのこと。

はねた車はその場から走り去っている。
同組合では来訪者に制限速度30前焚爾覗行することや、馬や景色を見るときは脇見運転をせず車を止めるよう呼びかけている。
 / 情報元:5/3付宮崎日日新聞


事故が起きたのはほぼ直線道路だったようなので、スピードの出し過ぎ・わき見運転ではないでしょうか?
車の破片が散乱する位だと、運転手も相当な衝撃を感じたと思います。

ある方のツイートによると運転手は壊れたバンパーを拾って逃げたそうです。"との情報もありました。

また、今日都井岬に行かれた方のツイートでは"先日車と野生馬の接触事故があったばかりなのに結構飛ばす車多かったのが信じられない。30k位で流してたら煽ってくるし・・"などのコメントもありました。

MRTニュースによると、警察では、文化財保護法違反にもあたる可能性があるとして捜査しているとの事です。




ニュース映像を見てると可哀そうで涙が出てきます。
都井岬では、馬が暮らす中に我々人間がお邪魔するというスタンスです。
突然 横から御崎馬が飛び出て来る可能性もあります。
駒止めの門を過ぎたらスピードを抑え、のんびり、ゆっくり走り、馬の生活を乱さないようにしょう。


都井岬ビジターセンターに、御崎馬の剥製が展示してあるそうですが、この剥製になった御崎馬は交通事故で死んだものを外傷が無かったので特別に剥製としたそうです。

串間市 都井岬 御崎馬(みさきうま)
都井岬 御崎馬(みさきうま)
運が良ければこういった光景も



都井岬に入る際、入口のゲート(駒止め門)で料金を支払う際に注意書きなどの記載されたパンフレットが配られます。
以下は、以前で頂いた「都井岬パンフレット」より一部引用します。

観光の皆様へお願い!

  1. 牧場内は、車のスピードを落し、むやみに警笛を鳴らさないで下さい。
  2. 駒止めの門を入りますと牧場です。火気には十分気を付けて下さい。
  3. 馬には近寄ったり、触ったりしないで下さい、危険です。
  4. 馬には、牧草の他食物は一切与えないで下さい、腸閉塞などの胃腸障害を起こして死亡した事があります。
  5. 牧場内では、馬の保護上酒宴・放歌は禁止しております。
  6. 映画の撮影については、牧組合及び市教育委員会に届け許可を受けて下さい。
  7. 馬に困る事故を目撃されました方は、ご面倒でも、牧組合事務所又は駒止めの門までお知らせ下さい。
  8. 野生の馬ですから、観察される場合、又は撮影については、十分気を付けて下さい。この野生馬の保護育成の費用は、皆様から寄付して頂きました「400円」のお金で管理している状態ですから、万一馬から危害を加えられましても、補償できる余力はございません、お気の毒ですがご了承下さい。 / 発行責任 都井御崎牧組合


※2013年に入手したものなので、現在と変っている部分もあるかも知れませんが基本的には同様と思われます。

串間市役所(5月2日のfacebookより) ·
【注意】
都井岬内は法定速度30km規制です!
岬馬は国の文化財に指定されています。馬を傷つける行為は、文化財保護法によって処罰される可能性もあります。お車の運転には十分ご注意下さい。
都井岬は、国指定天然記念物の野生化馬「岬馬」の生息地です。道路を馬が横断したり、カーブの先で馬が寝ていることもあります。急に馬が飛び出す場合もありますので、速度を落として安全運転をお願いします。

串間市 都井岬 御崎馬(みさきうま)
都井岬 御崎馬(みさきうま)
県道沿い 仔馬親子とアジサイ



串間市 都井岬 御崎馬(みさきうま)
都井岬 御崎馬(みさきうま)
丘に登ると雄大な光景が広がる(小松ケ丘にて)


串間市 都井岬 御崎馬(みさきうま)
都井岬 御崎馬(みさきうま)
お昼寝する仔馬(小松ケ丘にて)


串間市 都井岬 御崎馬(みさきうま)
都井岬 御崎馬(みさきうま)
志布志湾に沈む秋の夕日は絶景(小松ケ丘にて)


※今回掲載した都井岬の写真は過去に撮影したのです。
 今回の記事とは直接関係はありません。

余談ですが・・・

グランピング施設「TOIGLAM SOLASITA(トイグランソラシタ)」完成

2023年4月 旧「都井岬観光ホテル」跡地の一部にグランピング施設「TOIGLAM SOLASITA(トイグランソラシタ)」が完成。敷地内には、直径6メートルから7メートルのドーム型のテントが9つあり、それぞれにバーベキューができるグリルのほか、浴室とトイレも整備。施設の本格的な稼働は、7月からとのこと。


当サイト内 関連WebPage
都井岬


− 【9/29更新】 都井岬で野生馬(御崎馬)が足を骨折する自動車事故(80代男性書類送検) −

Comments

Comment Form




日本のひなた宮崎県
PAGE TOP