日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)


最新20記事リスト表示
【当サイト内検索・画像検索含む】

高千穂河原 霧島樹帯トンネル 古宮址 天孫降臨神籬斎場 鹿ヶ原のミヤマキリシマ群落

Posted morimori / 2024.05.14 Tuesday / 18:20


この記事は2023/5/16に記載した記事を2024/5/14に更新したものです。(掲載した写真はいずれも過去の撮影です。)

高千穂河原

高千穂河原(たかちほがわら)は、霧島連山の麓、標高970mに位置し、高千穂峰・御鉢、中岳への登山口として知られております。
詳しくは当サイト内  高千穂河原参照してください。

「天孫降臨への道」「霧島樹帯トンネル」

高千穂河原へは、通常は国道223号より県道480(霧島公園線)=通称「天孫降臨への道」「霧島樹帯トンネル」で向かいます。
樹帯の薄暗いトンネルが続く道路は雰囲気がとても良い。
国道分岐から 高千穂河原駐車場までは約6.2Km、500m程の高低差 約15分です。
GoogleMap

県道480(霧島公園線) 天孫降臨への道 霧島樹帯トンネル
県道480(霧島公園線) 天孫降臨への道 霧島樹帯トンネル


高千穂河原 古宮址


高千穂河原 古宮址
高千穂河原 古宮址


高千穂河原 古宮址
高千穂河原 古宮址


御鉢(おはち)斜面には、5月末ミヤマキリシマが咲く

高千穂河原 古宮址
高千穂河原 古宮址(御鉢斜面にはミヤマキリシマ)


御鉢(おはち)火口壁面のミヤマキリシマ



高千穂河原 天孫降臨神籬斎場てんそんこうりんひもろぎさいじょう

欽明天皇の時代(6世紀 530年〜568年)、矛峰(高千穂峰)と火常峰(御鉢)の鞍部、脊門丘に社殿が造られました。
高千穂峰に対する「山岳信仰」から始まった神社であろうと言われている。 これが「霧島の神社」の始まりです。

高千穂峰のミヤマキリシマ
高千穂峰山頂より

高千穂峰鞍部にあった社殿がは噴火で焼失、天暦年間(947年〜957年)「性空上人」は、現在の「高千穂河原」近くに社殿を遷しましたが、文暦元年(1234年)の御鉢噴火でここも焼失しました。

性空上人像(霧島東神社)
性空上人像(霧島東神社)


後に、現在の都城市高城町鎮座 東(つま)霧島神社に遷座。
年月を経、文明16年(1484)に島津第11代当主島津忠昌の命により、社を東西に分け 東社を、現在の宮崎県高原町鎮座 霧島東神社 西社を、鹿児島県霧島町鎮座 霧島神宮として建立したようです。

霧島の社の遍歴


詳しくは当サイト内  天孫降臨神籬斎場参照

「性空上人」関連ページ 霧島六社権現

高千穂河原 天孫降臨神籬斎場(てんそんこうりんひもろぎさいじょう)
高千穂河原 天孫降臨神籬斎場(てんそんこうりんひもろぎさいじょう)


高千穂河原 天孫降臨神籬斎場(てんそんこうりんひもろぎさいじょう)
高千穂河原 天孫降臨神籬斎場(てんそんこうりんひもろぎさいじょう)


この斎場は1940年(昭和15年)、皇紀2600年記念事業の一つとして作られたもののようです。 

奥に見えるのは高千穂峰の寄生火山の御鉢(おはち)です。
現在、高千穂峰は、御鉢の火口壁に阻まれここからは見えませんが、御鉢が噴火する以前には 高千穂峰も見えており、遥拝できていたのだろうと想像します。

高千穂河原 天孫降臨神籬斎場(てんそんこうりんひもろぎさいじょう)
高千穂河原 天孫降臨神籬斎場(てんそんこうりんひもろぎさいじょう)


高千穂河原 天孫降臨神籬斎場(てんそんこうりんひもろぎさいじょう)
高千穂河原 天孫降臨神籬斎場(てんそんこうりんひもろぎさいじょう)


高千穂河原 天孫降臨神籬斎場(てんそんこうりんひもろぎさいじょう)
高千穂河原 天孫降臨神籬斎場(てんそんこうりんひもろぎさいじょう)


ミヤマキリシマ

ミヤマキリシマは霧島を代表する花・・

♪花はキリシマ〜♪でおなじみ「おはら節」で謡われている霧島を代表する植物です。「深山霧島」の発見・名付け親は「牧野富太郎」
ツツジ科の植物 概ね50cm程度の背丈で、枝先に2,3個づつ散形に2cm程の可愛らしい花をつけます。
霧島では高千穂峰、中岳、新燃岳、えびの高原などに広く分布、開花時期は5月中旬から6月中旬。り、霧島市側では、中岳中腹等で咲き始め、高千穂河原、高千穂峰山腹から山頂に向かって咲き進みます。
えびの高原では、硫黄山周辺で咲き始め、つつじヶ丘、韓国岳山頂へと咲き進みます。

ミヤマキリシマと火山活動との関係

ミヤマキリシマは、霧島のほか、阿蘇山仙酔峡 阿蘇山山上 (熊本県)、雲仙岳(長崎県)、久住連山(大分県)など九州の火山に分布しています。 
火山活動が収まると時間の経過と共に草原の森林化が起こり、ミヤマキリシマへ日光が当たらなくなり、はやがて枯れてしまう運命・・ 火山活動がミヤマキリシマの生存を支えています。

2011年、新燃岳の噴火で誕生したミヤマキリシマの新名所「鹿ヶ原」

鹿ヶ原(鹿の原)は、高千穂河原より、矢岳などへ向かう中岳と高千穂峰の鞍部にある登山道沿いにあり、以前は「知る人ぞ知る」といった感じのミヤマキリシマの群生地でした。
2011年の新燃岳噴火では火山灰や火山レキに埋まり、周辺の木々は火山ガスによるものか?葉は落ち立ち枯れ状態となりました。
日光があたることにより、2015年周辺のミヤマキリシマの株はびっしりと花を付け、さらに植栽も行われ、見事な景観となり、ミヤマキリシマの名所としてマスコミ等でも毎年取り上げられるようになりました。
以前は「鹿の原」とも呼ばれておりましたが、近年は「鹿ヶ原」の名称が一般的なようです。

鹿ヶ原のミヤマキリシマ群落

古宮址から約1Km、高低差約50m、20分程歩いたところにある「鹿ヶ原」でミヤマキリシマの群落を見ることが出来ます。
詳しくは当サイト内  鹿ヶ原のミヤマキリシマ参照

鹿ヶ原のミヤマキリシマ群落
鹿ヶ原のミヤマキリシマ群落


4Kサイズ拡大

鹿ヶ原のミヤマキリシマ群落
鹿ヶ原のミヤマキリシマ群落
※いずれの写真も過去に撮影したものです。


鹿ヶ原は宮崎県小林市

鹿ヶ原(鹿の原)は、宮崎県と鹿児島県の県境付近にあり「地理的には宮崎県小林市」に位置しますが、高千穂河原(鹿児島県霧島市)から近い・・というか・・、高千穂河原からのアクセスが殆んどなので鹿児島県霧島市の観光エリアといったイメージです。

鹿ヶ原概略地図鹿ヶ原の位置鹿ヶ原の位置


参考まで、霧島連山は、宮崎と鹿児島の県境にあり、高千穂峰は宮崎県高原町、御鉢は鹿児島県霧島市です。

例年のミヤマキリシマの見頃(開花時期・目安)

  • 中岳 中腹(探勝路・つつじコース)5月中旬〜5月末頃
  • 高千穂河原 古宮址 5月15日頃〜5月末頃
  • 鹿ヶ原 5月20日頃〜
  • 高千穂峰 登り始め付近 5月15日頃〜5月末頃
  • 御鉢 西壁面・御鉢火口壁 5月20日頃〜5月末頃
  • 高千穂峰山頂 5月22日頃〜5月末頃
  • 大浪池 西回り 6月初旬頃
  • 韓国岳 登山口〜三合目  5月下旬〜6月初旬
  • 韓国岳四合目〜山頂 6月8日頃〜6月中旬
  • えびの高原周辺 硫黄山周辺 5月20日頃〜5月下旬頃(硫黄山周辺は2024/5月現在入山禁止)
  • えびの高原つつじヶ丘 5月下旬〜6月上旬頃
  • 獅子戸岳 山頂 5月下旬〜6月初旬頃
  • 大幡山 山頂 5月下旬〜6月初旬頃


ミヤマキリシマ開花状況(2024年5月16日現在)

参照元:ミヤマキリシマ開花情報(霧島市)
えびの高原含め、霧島山系のミヤマキリシマの開花情報は、霧島市の情報が、一番、オススメです。
場所 / 状況 / 例年の見頃

中岳中腹探勝路 / 見頃
高千穂河原(鹿ケ原) / 3分 - 5分咲き / 5月下旬
御鉢斜面・高千穂峰 / 咲きはじめ / 5月下旬
韓国岳 咲きはじめ / 6月上旬
大浪池 咲きはじめ / 6月上旬
えびの高原つつじヶ丘 3分咲き / 5月下旬〜6月上旬

当サイト内ミヤマキリシマ関連WebPage



周辺の駐車場や道路は大変混み合うことが予想されます。

開花時期の土日、高千穂河原の駐車場は混むと思いますので、早めの行動を。
例年ミヤマキリシマ開花期 土日の高千穂河原駐車場は朝早くから満車になります。
但し、午前中満車でも朝から登山を終えた方が午後に帰りだすので、午後3時頃から比較的空くこともあるようです。
高千穂河原駐車場(乗用車500円・バイク200円)自動券売機です。

以下は主な登山道の規制概略図です。
(2024年5月現在も同様かと思います。)

2022年(令和4年)8月19日時点での登山道周辺道路規制概略地図


※2024年5月現在、硫黄山・不動池付近を通る小林市からの県道1号は土曜・日曜 午前9時〜午後5時の時間帯のみ規制解除。平日や、祝日は通行止めを継続。
通行出来る車両は、屋根がある自動車に制限、駐停車や車両からの乗り降りを禁止しております。

最後に天気予報
霧島方面の天気予報


− 高千穂河原 霧島樹帯トンネル 古宮址 天孫降臨神籬斎場 鹿ヶ原のミヤマキリシマ群落 −

Comments

Comment Form




日本のひなた宮崎県
「みやざき春旅キャンペーン」

PAGE TOP