日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

西都市西都原古墳群のヒマワリ、7月20日、21日は持ち帰り自由

Posted morimori / 2019.07.19 Friday / 23:23


日本遺産にも登録されている西都市の西都原古墳群では、ヒマワリが見頃となっているようです。

以下は、以前撮影した、西都原古墳群内にある通称「鬼の窟古墳」(206号墳)とひまわりの写真です。

西都原古墳群のヒマワリ
西都原古墳群 鬼の窟古墳(206号墳)とヒマワリ


今週、7月20日(土)、21日(日)は、ヒマワリ摘み放題、自由に持ち帰って良いそうです。 
剪定バサミと包む新聞紙などを用意して行くと良いですよ。
雨が続いておりますので、足元が悪い可能性もあります。

ヒマワリは来週から、秋のコスモスに備え刈り取りが始まるようです。

当サイト内関連ページ・動画など


 西都原古墳群のヒマワリ
 西都原古墳群のヒマワリ動画 タイムラプス偏(Youtube)
 西都原古墳群のヒマワリ動画 スライド動画編(Youtube)
続きを読む>>

宮崎県の準絶滅危惧種「ハマボウ」 宮崎市国道220号沿にて

Posted morimori / 2019.07.18 Thursday / 07:26


宮崎県総合運動公園駅付近の国道220号沿道(西側水路沿い)で、宮崎県の準絶滅危惧種「ハマボウ」が黄色い花を付けています。

ハマボウ

いつもは、走る車の窓ごしに楽しむ程度でしたが、希少な植物なので、今回、写真を撮ってきました。

ハマボウ

花の形は、ハイビスカス、フヨウなどに似てますね。
地味な花ではあるけど、梅雨のこの時期、黄色い花を見ると気分も晴れます。

ハマボウはアオイ科の落葉低木で、早朝に花開き、夕方にはしぼんでしまう「一日花」
一日咲いた後はオレンジ色に変色、閉じて、やがて落ちます。
 
続きを読む>>

日本での開花は珍しい レインボーシャワーが見頃 宮交ボタニックガーデン青島にて

Posted morimori / 2019.07.17 Wednesday / 07:48


6月末、宮崎市青島にある「宮交ボタニックガーデン青島」(県立青島亜熱帯植物園)大温室で、米ハワイ州原産の熱帯花木「レインボーシャワー」が、栽培して3年目で初めて開花した。との新聞記事があった。

この植物、国内での開花例がほとんど無く、日本国内で花が見られるのは極めて珍しいとのこと。

公式サイトで開花状況を確認しつつ、そろそろ満開かな?と思い、事務所へ確認電話、もうすぐ満開、見頃とのことでしたので、出かけました。

西門の近くにある「培養温室」入口付近に展示してありました。
木の背丈は2m程でしょうか(成長すると15m位になるらしい)、現在、8−9分咲きといった感じ、満開ちょと手前ですが、赤みがかったつぼみも見る事が出来る今が一番の見頃なのかも知れません。

もうしばらくは楽しめそうです。
「貴重な花」を見に出かけてみてはいかがでしょう。

レインボーシャワー(Rainbow Shower)
レインボーシャワー 宮交ボタニックガーデン青島にて


マメ科ナンバンサイカチ属
学名:Cassia‘Rainbow Shower’
特徴:レインボーシャワーは、ゴールデンシャワー(C. fistula)とピンクアンドホワイトシャワー(C. javania)を交配して生み出された、ハワイ産の品種です。

ハワイに行けば必ず一度は目にする植物で、街路樹として植えられており、ホノルル市の木にもなっています。
ハワイの気候では、よく咲くようですが、日本での栽培は難しく、宮交ボタニックガーデン青島では、約3年間、温度や湿度などの環境調整を試行錯誤した末、やっと展示に至ったとのこと。

レインボーシャワー(Rainbow Shower)
レインボーシャワー 宮交ボタニックガーデン青島にて

 
続きを読む>>

PAGE TOP