日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

宮崎市で観測 部分日食(約2割)の写真

Posted morimori / 2019.01.06 Sunday / 12:47


今日は、部分日食が見られました。
部分日食は、2016年3月以来、ほぼ3年ぶりらしい。

今回の部分日食、2割程の欠けなので、あまり話題になっておりませんが・・、実際見ると興奮しますね。

宮崎市は、朝から薄曇りだったのですが、時折雲の切れ間からなんとか日食を見ることが出来ました。

宮崎市で観測 部分日食写真


宮崎市で観測 部分日食写真


宮崎市で観測 部分日食写真


今日は、「部分日食観察会」が、宮崎市 宮崎中央公園、小林市 北きりしまコスモドーム、都城市 たちばな天文台でも行われたようです。
曇りがちだった宮崎県、見えたのでしょうかね?
 
次は、12月26日午後に部分日食が起きるとか。



宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション

日食の太陽の撮影

日食の太陽の撮影にはND400(ケンコー)等の濃い撮影用減光フィルターをレンズ前に装着の上(部分日食等強い太陽光ではND8,ND400をさらに追加二枚重ねたりして調整するようです。)、撮影するわけですが、これらの撮影用減光(ND)フィルタ−は有害な赤外線は透過しますので、ファインダー越しに太陽を見ることは厳禁、日食網膜症、失明など眼に重大なダメージを残す危険性があります。と、メーカーも注意を呼びかけているようです。
ライブビュー等で使用する等、注意が必用です。

参考リンク → 太陽観察用各種フィルタ類およびその代用品の透過率測定 (PDF)

今回の撮影では、2009年の日食の際、作成した太陽観測用「アストロソーラーフィルム」を使った一眼カメラレンズ用フィルター(自作)を使用しました。

 以前書いたブログ記事

アストロソーラーフィルムで一眼カメラレンズフィルター自作


当時の使用レンズと、口径が違うので簡易的にテープで貼り付け(^^)

自作日食撮影用フィルター


ちなみに、このフィルターを作った、2009年の日食では、こんな感じで96.4%欠け、周りが薄暗くなり・・大興奮したのを覚えております。

2009年の日食写真
2009年の日食写真


次回、日本で皆既日食が見られるのは・・・2035年9月(北陸や北関東)です。



 
-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

 

− 宮崎市で観測 部分日食(約2割)の写真 −

Comments

Comment Form





日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP