日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力なり、写真など交え日々更新目標 By MORIMORI

11月23日、野島神社で、野島神楽(のしまかぐら)が奉納されました。

Posted morimori / 2017.11.24 Friday / 20:56


今年も、11月23日、野島神社で野島神楽が奉納されました。

野島神社は日南海岸沿い、堀切峠、道の駅フェニックスから数キロ南下したところ内海地区に鎮座、秋の例祭 11月23日(祝)に 午前中の「新嘗祭」の後、お昼より、昼神楽として「野島神楽」を毎年奉納しております。

野島神社境内には鮮やかな色の大漁旗が飾られ、独特の雰囲気、境内には立派な神楽舞台が設えられ、秋空の下、夕刻暗くなる前まで全17番が舞われました。

当方は、十三番、箕どり舞 から見学、写真をいくつかご紹介。

野島神楽(のしまかぐら)の説明

(当日の掲示物より引用)
野島神楽とは、浦島太郎の伝説が残る野島神社(宮司河野武嗣)に伝わる神楽で、伊勢神楽の系統を継ぎ、500年の伝統を誇ります。
「降臨の舞」と「里神楽」で成り立っています。四方を踏むことが基本と言われ、太鼓の音も「六調子」のリズムが基本で勇壮活発な舞いです。
 古くより加江田神社と共演していましたが、寛文2年(1662)の外所(どんどころ)地震以降、野島に残り舞い継がれ、33番のうち22番程伝承されています。
 以前は、3月20日の春の大祭に奉納されておりましたが、戦後、早期水稲栽培の復旧に伴い、11月23日の秋の大祭に行われるようになり、地区を挙げての行事となっています。
 平成25年10月には、宮崎市指定無形民俗文化財に指定されました。



野島神楽 箕どり舞
〜 野島神楽 箕どり舞 〜



野島神楽 箕どり舞
〜 野島神楽 箕どり舞 〜



宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション
野島神楽 たちから
〜 野島神楽 たちから 〜


野島神楽 たちから
〜 野島神楽 たちから 〜



鉦を持つ後ろの、宮司さんなどの顔に白いものが・・
拡大して見ると、ヘグロ面が付けて周る炭(現在はクリームを代用しております。)のようです。

野島神楽 戸隠し
〜 野島神楽 戸隠し 〜



野島神楽 戸隠し
〜 野島神楽 戸隠し 〜



野島神楽 たちから
〜 野島神楽 たちから 〜



野島神楽 たちから
〜 野島神楽 たちから 〜



平成29年度 野島神楽番付

一、いれん鬼神
二、花の手
三、星おろし
四、岩くぐり
五、すだ舞
六、鬼神舞
六、矢抜き
七、地割
八、矢抜き
九、人剣
十、七鬼神
十一、へぐろ面
十二、杵舞
十三、箕どり舞
十四、たちから
十五、戸隠し
十六、天照大御神
十七、たちから(岩戸開き)

当サイト内関連ページ
 野島神社
 野島神楽 野島神楽2
 宮崎の神楽


明日は、
西米良村、児原稲荷神社大祭で越野尾神楽
西都市、尾八重神社秋季大祭で尾八重神楽が奉納されます。


この時期の昼神楽も良いものです。
野島神楽は太鼓が大きく、ズシンとおなかに響くリズムが心地よいです。
神楽好きの知人も来ており、神楽が終わった後、神楽情報など交換。
彼とは、今年1月の六社連合大神事(三納代八幡神社)以来。  

【 追記 】

野島神社神楽番付(平成30年案内チラシより)

  • 【1番】〔神迎え〕神事。前日の深夜に宮司・神職・総代のみで執り行う。
  • 【2番】〔一番舞〕祓いの舞。白装束にて舞う。神歌(浦島伝説)を唱える。
  • 【3番】〔二番舞〕祓いの舞。白装束にて舞う。静けさがあり優雅な舞。
  • 【4番】〔いれん鬼神〕入れん鬼神が降臨し、神と人との遊びと別れ(昇神)の舞い。
  • 【5番】〔星卸ろし〕八百万の神々を招き迎える舞いで、神庭の内外を祓い清める。
  • 【6番】〔花の手〕面舞と小舞(小足にて舞)から成り小舞の基となる舞。
  • 【7番】〔素襖ぬき〕「たすき」を素襖にみたて、ぬいたり身につける所作の舞。
  • 【8番】〔すだ舞〕国生みから国譲りから天孫降臨までの国づくりの舞。
  • 【9番】〔地割り〕領地を分ける国づくりを表し、弓と矢で広さを測る舞。
  • 【10番】〔矢抜き〕争いの後、国づくりが終わり、矛を納める様を表した舞。
  • 【11番】〔鬼神舞〕面を着けずに小学生が舞う七鬼神の舞。
  • 【12番】〔矛舞〕「天の逆矛」による国づくりを表した勇壮且つ優雅な舞。
  • 【13番】〔人剣〕国譲りにおいて、剣を前に大国主神と交渉した高天原の舞。
  • 【14番】〔岩潜り〕太刀の下を潜り、急流で水が岩の下を潜る様子を表す舞。
  • 【15番・16番】〔七鬼神・へぐろ面〕鬼神(五神)とへぐろ面(二神)から成る七人の福徳の神の舞。へぐろ面は、へぐろで厄を祓い健康で幸福な円満な生活を祈念する舞。神社に伝わる「神面七面」すべて揃う神楽。
  • 【17番・18番】〔杵舞・箕どり舞〕脱穀用の「杵」は男性を表し、脱穀用の「箕」はその窪みから女性を表す。この二つの舞は生産祈願の神楽で「海幸・山幸」の大漁、豊作と子孫の繁栄を祈念する舞。
  • 【19番】〔たちから〕天照大神が隠れた天の岩戸をどう押し開くかを思案している舞。
  • 【20番】〔戸隠し〕天の岩戸を取って投げ、現われた天照大神の姿に目がくらむ舞。
  • 【21番】〔たちから〕天照大神が出現し、この世の天も地も公明に満ちる様を表す舞。
  • 【22番】〔舞開き〕神楽のフィナーレとなる手力雄命と八百万神たちの歓喜に満ちた舞。

 
  



 
-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

 

− 11月23日、野島神社で、野島神楽(のしまかぐら)が奉納されました。 −
日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP