日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

令和3年度 例年通りの神楽奉納は神楽保存会全体の約4分の1(48団体)

Posted morimori / 2022.06.11 Saturday / 20:41


銀鏡神楽 六社稲荷大明神


6月11日付、宮崎日日新聞 文化面に、昨年度(令和3年)、宮崎県内の神楽保存会204団体の実施状況が掲載されていた。

県文化財課が市町村教委などを通じ、神楽保存会204団体の実施状況を「例年通り」「規模を縮小」「開催せず」の3択で尋ねた結果、
昨年度、例年通りの神楽を奉納した県内の保存会は全体の約4分の1に当たる48団体だったようです。



国の重要無形民俗文化財に指定されている銀鏡神楽(西都市)、高千穂の夜神楽(高千穂町)、椎葉神楽(椎葉村)、高原の神舞(高原町)の56団体でみると、

  • 例年通り 21・4%(12団体)
  • 規模を縮小 75%(42団体)
  • 開催せず 3・6%(2団体)


記事では、椎葉神楽(感染対策を行った上で村民限定・奉納)、銀鏡神楽(感染対策を行った上で一般公開・奉納)等、前年度の奉納内容が掲載されておりました。

話題にされておりませんでしたが、神楽を奉納する場所(御神庭)も一つの大きな要素だったろうと思います。
銀鏡神楽など米良系の夜神楽(尾八重・村所・中之又)などは、屋外に御神庭を設える為、観客はそれ程密集しませんし、外なので換気の心配も無い。
昨年度は、積極的に宣伝をすることなく、粛々と奉納されたものと思われます。
当方も、昨年12月に久しぶりに夜神楽 中之又神楽を見学しました。当然見学者はかなり少なかったです。

高千穂の夜神楽や椎葉神楽は、ほぼ室内での奉納。
圏外・県外からも観客は訪れますし、その数はよめない。
観客間の距離を保つのは難しい。
地域には病床施設も無く、守りにつくのは致し方ない。
・・種々要因もあり、例年通りの奉納とはいかなかったのでしょう。

一方国や県、市町村の指定を受けていない、未指定の93団体では

  • 例年通り 32・3%(30団体)
  • 規模を縮小 36・6%(34団体)
  • 開催せず、31・2%(29団体)

との事でした。
続きを読む>>

延岡市東海町(とうみちょう)鎮座 港神社の青い鳥居

Posted morimori / 2022.04.26 Tuesday / 07:30


延岡市鎮座 港神社


延岡市鎮座 港神社の青い鳥居


宮崎県延岡市 東海町(とうみちょう)鎮座「港神社」の青い鳥居です。
「港神社」御祭神・御由緒など、詳細はわかりません。

延岡市鎮座 港神社の青い鳥居
続きを読む>>

【4/11写真追加】令和4年 花立花見神楽(郷之原神楽=山宮神楽)を見学

Posted morimori / 2022.04.05 Tuesday / 23:09


4月3日(日)、日南市北郷町の花立公園で、桜 舞い散る中「花立花見神楽」(郷之原神樂)が奉納されました。

(4/11写真を10枚追加しました)

花立花見神楽(郷之原神楽)手力
手力(たぢから)

桜と神楽・・日本の風景、若い中高生の舞・楽の活躍、気さくな松田治生宮司のお話、桜舞い散る中、心地良い時間が流れていった。

花立公園の桜(4月3日)

見頃も終わり気味 花立公園の桜(2022/4/3)
見頃も終わり気味 花立公園の桜(2022/4/3)

「疫病退散祈願 花立神楽」

花立花見神楽にて

今年は「疫病退散祈願 花立神楽」でもある。
当日頂いた資料より引用
疫病退散祈願花立神楽
 神社の記録の中に安改6年(1859)3月28日付の「鵜戸山太々神楽番次役」という古文書があります。この神楽は、前年の安攻5年(1858)に日本国内で大流行したコレラの鎮静化を祈願した神楽だったと考えられています。
 この時のコレラは、長崎から侵入し、江戸でも死者数は、10万人とも30万人とも記録があります。又 安政6年(1859)の秋には、油津、飫肥にも侵入し、死者数が161人にもなっています。(南那珂医師会誌)
疫病は、今に始まった事では、ありません。一日も早く鎮静化するよう一緒に祈りましょう。
郷原神社 宮司 松田 治生


花吹雪舞う中、若い子たちの舞い 奏でる楽、良かったです。

「花立花見神楽」は北郷町鎮座「郷原神社」の郷之原神楽(山宮神楽とも呼ばれる)で、舞・楽共に中・高校生など太鼓以外は若い方ばかりで奉納されております。
後継者として育つと良いのですが、高校からの進学、社会人となって地元を離れる方も少なくないようで、卒業後神楽を続ける方はあまりいらっしゃらないようです。
それでも次から次に新しい方が参加して、毎年こうやって奉納・披露出来るのは、素晴らしいことだと思います。

応援も兼ねて、写真をいくつか紹介、動画も一番(鉾)を 最後に掲載しました。


奉者舞(ほうしゃまい)

奉者舞(1) 花立花見神楽(郷之原神楽) 
奉者舞(1) 花立花見神楽(郷之原神楽)
(この画像のみ4Kサイズまで拡大します。)


奉者舞(2) 花立花見神楽(郷之原神楽) 
奉者舞(2)



鯛釣舞

花立花見神楽(郷之原神楽)鯛釣舞
鯛釣舞

鯛釣舞 花立花見神楽(郷之原神楽) 
鯛釣舞


鯛釣舞 花立花見神楽(郷之原神楽) 5.jpg
鯛釣舞


鯛釣舞 花立花見神楽(郷之原神楽) 
鯛釣舞(手に持つのは「潮満つ珠(しおみつたま)」)

続きを読む>>

日本のひなた宮崎県
「ジモ・ミヤ・ラブ」
PAGE TOP