日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

新燃岳噴火 約50Km離れた宮崎市内より火映撮影 爆発的噴火一日で20回以上

Posted morimori / 2018.03.06 Tuesday / 22:30


【宮崎県内・お得な情報】
小林市・えびの市 宿泊割引クーポン(じゃらん・楽天トラベル)|こばやし満喫観光クーポン|えびの市プレミアム商品券

2018年3月6日、新燃岳は2011年より7年ぶりに「爆発的噴火」を起こしました。

14時27分 噴煙は火口上2100メートルまで上昇
14時47分 爆発的噴火 火口上2300メートルまで上昇
15時9分 爆発的噴火 噴煙は火口上1400メートルまで上昇
15時48分 爆発的噴火 噴煙は火口上1300メートルまで上昇
 
 以下 下段参照(一日足らずの間に22回と多発)

掲載した写真は、新燃岳から約50km程離れた宮崎市内から撮影したものです。

新燃岳噴火 宮崎市内より撮影


新燃岳噴火 宮崎市内より撮影



新燃岳噴火 宮崎市内より撮影



宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション

火映も宮崎市から確認

再び日が暮れて夜行ってみると、赤熱した溶岩が火口縁を照らしているのが肉眼でも見えました。

下の住宅街は、生目の杜運動公園付近です。

新燃岳噴火 宮崎市内より撮影

新燃岳噴火 宮崎市内より撮影

宮崎市の生目の杜運動公園では、今日、明日と、ヤクルト−中日のオープン戦、幸い今日は風向きが南方向だったので、火山灰の影響も無く、試合は終えたようです。(中日の勝ち)
風下の地域の方には申し訳ありませんが、明日も試合が滞りなく出来ると良いのですが・・・。


【 追記 】1日弱で爆発的噴火が22回も発生したようです。

2018年3月6日〜7日3:00AM 新燃岳爆発的噴火の詳細


日時、噴煙、流向、最大振幅、空振計の値、噴石、噴煙量など

以下は、気象庁ページより重複を除き編集まとめ転載


  • 日時:2018年03月07日03時00分(061800UTC)
    現象:噴火多発
    有色噴煙:不明
    白色噴煙:
    流向:不明
    ---
    22時48分以降の最高噴煙高度:火口上1700m(海抜10300FT)
    火口:新燃岳
    爆発回数
    22時:5回
    23時:7回
    00時:4回
    01時:5回
    02時:1回
    爆発的噴火が多発。

  • 日時:2018年03月06日22時48分(061348UTC)
    現象:爆発
    有色噴煙:火口上1600m(海抜10000FT)
    白色噴煙:
    流向:南西
    ---
    火口:新燃岳
    新燃岳南西最大振幅:86.3μm/s
    夷守岳西:16.2Pa
    弾道を描いて飛散する大きな噴石:新燃岳火口から400m
    噴煙量:中量
    今年9回目
    爆発的噴火が多発。今後は03時、09時、15時、21時に定期的に通報する。

  • 日時:2018年03月06日22時42分(061342UTC)
    現象:爆発
    有色噴煙:火口上1300m(海抜9000FT)
    白色噴煙:
    流向:南西
    ---
    火口:新燃岳
    新燃岳南西最大振幅:71.7μm/s
    湯之野空振計:27.5Pa
    弾道を描いて飛散する大きな噴石:新燃岳火口から400m
    噴煙量:中量
    今年8回目

  • 日時:2018年03月06日22時01分(061301UTC)
    現象:爆発
    有色噴煙:火口上2200m(海抜11900FT)
    白色噴煙:
    流向:南西
    ---
    火口:新燃岳
    新燃岳南西最大振幅:148.1μm/s
    高千穂河原空振計:11.1Pa
    弾道を描いて飛散する大きな噴石:新燃岳火口から400m
    噴煙量:やや多量
    今年7回目

  • 日時:2018年03月06日22時00分(061300UTC)
    現象:爆発
    有色噴煙:火口上2200m(海抜11900FT)
    白色噴煙:
    流向:南西
    ---
    火口:新燃岳
    新燃岳南西最大振幅:64.6μm/s
    湯之野空振計:26.1Pa
    弾道を描いて飛散する大きな噴石:なし
    噴煙量:やや多量
    今年6回目

  • 日時:2018年03月06日21時59分(061259UTC)
    現象:爆発
    有色噴煙:火口上2200m(海抜11900FT)
    白色噴煙:
    流向:南西
    ---
    火口:新燃岳
    新燃岳南西最大振幅:25.0μm/s
    夷守岳西:10.5Pa
    弾道を描いて飛散する大きな噴石:なし
    噴煙量:やや多量
    今年5回目

  • 日時:2018年03月06日15時48分(060648UTC)
    現象:爆発
    有色噴煙:火口上1300m(海抜9000FT)
    白色噴煙:
    流向:南西
    ---
    火口:新燃岳
    新燃岳南西最大振幅:105.8μm/s
    高千穂河原空振計:30.9Pa
    弾道を描いて飛散する大きな噴石:なし
    噴煙量:中量
    今年4回目

  • 日時:2018年03月06日15時09分(060609UTC)
    現象:爆発
    有色噴煙:火口上1400m(海抜9300FT)
    白色噴煙:
    流向:南西
    ---
    火口:新燃岳
    新燃岳南西最大振幅:246.9μm/s
    湯之野空振計:32.5Pa
    弾道を描いて飛散する大きな噴石:なし
    噴煙量:中量
    今年3回目

  • 日時:2018年03月06日14時47分(060547UTC)
    現象:爆発
    有色噴煙:火口上2300m(海抜12300FT)
    白色噴煙:
    流向:南西
    ---
    火口:新燃岳
    新燃岳南西最大振幅:66.9μm/s
    高千穂河原空振計:10.0Pa
    弾道を描いて飛散する大きな噴石:なし
    噴煙量:やや多量
    今年2回目

  • 日時:2018年03月06日14時27分(060527UTC)
    現象:爆発
    有色噴煙:火口上2100m(海抜11600FT)
    白色噴煙:
    流向:南西
    ---
    火口:新燃岳
    新燃岳南西最大振幅:273.6μm
    高千穂河原空振計:12.9Pa
    弾道を描いて飛散する大きな噴石:なし
    噴煙量:やや多量
    今年1回目


 新燃岳ライブカメラリンク集

【 追記欄 】
  • 3月7日午前0時の爆発的噴火では、大きな噴石が火口から900mまで飛び、6時過ぎの噴煙は、高さ約3000mに達したとのこと。

  • 火砕流の危険も
    "東京大地震研究所・中田節也教授(火山学)の話:火口に出た溶岩は、新しいマグマによるもので本格的な噴火が始まった。
    火口は2011年の溶岩で埋められて浅くなっているため、このまま大きくなれば、溶岩が転がって火砕流の危険性もある。"(宮崎日日新聞記事より一部引用)

 霧島山(新燃岳)の活動状況
 新燃岳が大きな噴火をした際のハザードマップ

   



 
-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

 

− 新燃岳噴火 約50Km離れた宮崎市内より火映撮影 爆発的噴火一日で20回以上 −
日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP