日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

今週より夜神楽にどっぷり 今週末は約10年ぶりの「尾八重神楽」

Posted morimori / 2018.11.22 Thursday / 21:27


今週から、いよいよ夜神楽見学、今週末は、私が神楽に興味を抱くきっかけとなった神楽の一つ、西都市(旧東米良)の「尾八重神楽おはえかぐら」を平成19年以来、約10年ぶりに見学に行こうかと考え中。

ひと昔前に作った WebPage 当時から変わったこともあるかも知れないし、情報の再確認などしないといけませんし。

 尾八重神楽

当時撮影した写真をいくつか・・
あの頃のデジカメは、高感度特性が悪く、画質を考えると、ISO400が限界でしたので、苦労した思い出が・・。

一番 しめあげ

お神楽斎場の出来たことを祝う舞(初参舞)
尾八重神楽 1番 しめあげ

八番 宿神(しゅくじん)

湯之片神社面の舞(岩清水正八幡大神)
米良神楽の特徴とも言える、神の降臨、降居神楽は威風堂々、ゆったりとおおらかに舞う印象的な神楽。
この番付までは神楽囃子をしない掟。この神楽の際には包まれた賽銭が投げ入れられます。
尾八重神楽 宿神 02

「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)」

対象:全都道府県
期間:2022年10月11日(火)〜★12月28日(水)チェックアウトまで
★12月27日泊まで延長されました。(詳細は下記リンク参照)
全国旅行支援 みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)


三十番 戸開(とびらき)

戸隠雄明神(とかくしおのみょうじん)、岩戸取り払い神面の舞 (手力と同時に舞う部分もある。)
尾八重神楽 戸開(とびらき)

三十三番 舞上(まいあげ)

神楽の終わりを告げる舞
尾八重神楽 舞上

以下は、宮崎県の文化財情報「尾八重神楽」より引用
(カッコ内は当方で付記)

尾八重神楽
宮崎県無形民俗文化財 指定年月日 S56.3.10
所在地 西都市大字尾八重
尾八重神楽保存会

 尾八重神楽は、東米良の尾八重地区に伝承されている夜神楽で、尾八重神社の大祭である11月22日の夕刻から23日の朝(現在は11月第四土曜日〜日曜日)にかけて奉納されるもので、現在は尾八重小学校跡の運動場で行われている。
 神楽は、保安2年(1121)に尾八重湯乃片の集落を安住の地に定めた壱岐宇多守幸延(湯乃片神社祖)によるとされ、修験色が強い。米良系の神楽であるが、壱岐宇多守幸延が西都市・都萬神社に出仕したことなどにより、穂北神楽の影響を受け、近隣の銀鏡地区の米良神楽とは幾分趣を異にしている。
 神楽は「しめ上」から「舞上」までの33番で構成されており、特に真夜中に舞われる「四人神崇(かんすい)」は東西南北の四方神を鎮め、太刀を打ち回して悪魔をはらい村人の無事を祈る剣の舞である。
また神楽が終了すると舞殿から少し南下した谷間で猟の神を招き、その年の獲物のとれる方向を占う「シシバ(猪鹿場)祭」が行われる。

引用終わり

今週は、今年一番の冷え込みになりそうな感じです。
防寒装備は万全に!

そうそう、桐灰カイロ製の「マグマ」 発熱量が凄く、かなり暖かいので、冬場の外での神楽見学には、一押しオススメの使い捨てカイロです。
ディスカウントストア・ドラッグストア等で入手できると思います。

たぶん、今回、地元TV局の取材が入るのでは?と思います。
ライティングとかで、雰囲気を損なわないようにしてほしいなぁー

尾八重へのアクセスですが、「ひむか神話街道」から分岐してからの道が狭く、すれ違い出来ないところが多いです。慣れない方は、夜間の移動は避けた方が良いと思います。

当サイト内関連ページ
 宮崎の神楽
 


− 今週より夜神楽にどっぷり 今週末は約10年ぶりの「尾八重神楽」 −
日本のひなた宮崎県
「ジモ・ミヤ・ラブ」
PAGE TOP