日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

宮崎県警レーザー式「移動式オービス」導入、東九州道でも?

Posted morimori / 2019.01.28 Monday / 22:43


 昨年、宮崎県警は、通学路など狭い道など、さまざまな道路に設置できる移動式の速度違反自動取締装置1台の導入のため、1080万円を2018年度当初予算案に計上した。といった報道がありましたが、先日、その「移動式オービス」が、導入され、1月25日朝、宮崎市の本郷小学校の通学路で「移動式オービス」を使った取り締まりが初めて行われたようです。

移動式オービス」は、速度違反を検知するとナンバープレートや運転手を撮影。その後、違反した本人に連絡される仕組みで、狭い道での取り締まりが可能になります。

移動式オービス」は、高さ50センチ、幅25センチ、奥行き40センチの箱形。中に車の速度を検知する装置や、撮影用のカメラが入っており、三脚の上に備え付ける。速度違反を確認すると、自動でナンバーや運転手の写真を撮影し、後日運転手に対し違反通知を届ける。
15分程度で設置出来、場所もとらない為、少人数で運用できる上、従来難しかった停車スペースを確保できない狭い道路でも取り締まりが可能。
レーダーなどの電波式と違い、運用時の法的届け出も不要とか。

レーザーを使用している為、市販のレーダー探知機では事前察知不能。

宮崎日日新聞には、
今後は県内各地の生活道のほか、片側1車線の東九州道などでも使用する。2019年度には新たに1機を導入する予定で、同課の鍋倉幸彦理事官は「いつどこで取り締まりをしているか分からないという緊張感をドライバーが持つことで、事故の抑止につながる」と期待を込める。
とありました。

宮崎西IC〜西都IC 緩衝型のワイヤロープ式防護柵
〜 宮崎西IC〜西都IC 〜


東九州道の70Km制限道路を120Kmとかで走行すると、50Kオーバー 12点減点、即90日免停です。
ある日、警察から通知が来ない様・・。
速度厳守、安全運転を心がけましょう。



宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション

ゴールド免許割引が無くなるのも大きな損失

スピード違反をして、検挙された場合、略式で罰金の振り込みとなりますが、これだけでは無く、次回免許更新ではゴールド免許が無くなりますので、毎年の任意保険でのゴールド免許割引が無くなり、次の免許更新までの間、結構な金額の負担増となることも頭に入れておくべきです。

知人に20K程のスピードて検挙された人がおりまして、ゴールド免許無くなり、任意保険で数万円の痛手と申しておりました。

なんでも その知人は、熊本から高千穂に向かって国道を走ってた途中でオービスで検挙されたらしい。

高千穂の河内大橋を渡り、国道325号の大変見通しの良い道路を走っていたところ・・らしい。
たまたま、後ろから煽られたのでスピードだしてしまったらしい。

それ以降彼は、安全運転遂行しているらしい。

(なんでそんなに詳しいの? といったご意見はなしで・・汗;)

ちなみに、県警のサイトを参照すると、今月1月の高千穂警察署の速度取り締まり重点路線は
国道218号 10:00〜17:00 日之影町槇峰から高千穂町馬門まで
国道325号 10:00〜17:00 高千穂町三田井から河内まで らしい。


関連リンク

 宮崎県警 交通指導取締り情報(宮崎県警サイトへリンク)
 



 
-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

 

− 宮崎県警レーザー式「移動式オービス」導入、東九州道でも? −

Comments

Comment Form







日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP