日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

次のSONY ソニー一眼用レンズは FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS (SEL200600G) 望遠 ズームレンズか?

Posted morimori / 2019.06.02 Sunday / 23:06


6/12 FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS 関連Youtbeリンクを追記

Sony | Lens | FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS | Product Feature


Youtubeより

インナーズーム、テレコン使用可が良いですね。

Gレンズ
フィルターサイズ:95mm
レンズ構成:非球面と5枚の低分散ガラスを含む24枚、ナノARコーティング採用
インナーフォーカス、インナーズーム。
絞り羽根:11枚構成円形絞り
AFモーター:ダイレクトドライブSSM
最短撮影距離:2.4m
最大撮影倍率:0.2倍。
本体全長:318mm(フードのぞく)
全高:111.5mm(三脚座含む)
重量:三脚座なしの状態で2,115g
1.4倍と2倍のテレコンに対応。
防塵防滴
希望小売価格:2000ドル

Sony 二種の望遠レンズ発表

Sony Lens FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS
Sony Camera Channel(Youtube)
SONY UK 公式

Sony Lens FE 600mm F4 GM OSS
Sony Camera Channel(Youtube)
SONY UK 公式

国内発売予定 価格

デジタル一眼カメラα[Eマウント]用レンズ SEL200600G

2019年7月26日発売予定
希望小売価格 278,000円+税
2019年6月18日(火) 10時より予約販売開始予定
SEL200600G(SONY 国内サイト)
サンプル写真(ソニーギャラリー)
プレスリリース
価格コム

デジタル一眼カメラα[Eマウント]用レンズ SEL600F40GM

7月下旬出荷予定
希望小売価格 1,795,000円+税
受注生産。※ 納期は受注生産状況により変動します。状況により、受注開始日初日のご注文分から、お届けが10月以降となる場合があります。
SEL600F40GM(SONY 国内サイト)
サンプル写真(ソニーギャラリー)

追記おわり 


望遠レンズ
「いらすとや」


FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS (SEL200600G) 25万円位?

SONY 一眼用レンズ FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS (SEL200600G)は、6月5日か6日に発表されるのでは?とカメラ情報サイトなどで噂されていますが、もし正式に発売になったとして、いかほどの価格になるのだろう?。

GMではなく、Gレンズなので、25万円位で発売、落ちつけば底値20万円程になるのでしょうか?

おそらく発売直後は、品薄入手困難になると思いますので、欲しい方は発売前に高値でも予約した方が確実でしょうね。

リーズナブルかつ、性能が良ければ、スポーツ、野鳥などの野生動物、航空機ファンなどを一気にSONYに呼び込む格好のレンズとなりそうな予感。
 



宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション

200-600m 当方は必要ないかな

私が、600mmとか使う用途はまずないなぁー
200mmの切り出しでなんとかなる範疇。

今までの経験から、強いて言えば、キャンプの選手撮影、金御岳のサシバ撮影位かなぁ。
プロ野球やJリーグなどの選手は、パブリシティー権がらみであまり大きな写真は掲載出来ないし・・。

F6.3と若干暗いですが、α9、α7掘▽7R靴覆匹蓮高感度性能、オートフォーカス性能が良いので、感度を上げれば室内スポーツ撮影もなんとかなるレベルではないでしょうか。

オリンピック特需も、会場内撮影動画のネットへ投稿は禁止

 超望遠域のレンズは、間違い無く、写真愛好家のオリンピック特需も見込めるのでしょうけど、残念ながら「動画」については、オリンピック会場で撮影は良いが、SNS等ネットには投稿公開出来ないといった規約があるんですよね。選手が映っているならまだしも、選手が映っていない応援の様子なども投稿不可とのこと。
放映権がらみらしいですが、正直者が損をするような規制であってほしくないですね。
やるからには、twitter、facebook、Youtubeなどと連携して投稿規制、削除体制を徹底して欲しいものです。

今年も、夏のキャッシュバックキャンペーンがはじまるかも

SONYのカメラレンズを検討してらっしゃる方、おそらく、夏のキャッシュバックキャンペーンが始まる可能性もあるので、少し待った方がいいかも知れません。
キャッシュバックキャンペーンの対象となるレンズは、発売後、売れ行きもある程度落ち着いた製品に限られますので、FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS は数年間はキャッシュバック対象外と思います。

【 追記 】 キャッシュバックキャンペーンが6月4日発表されました。
今回、FE 24-105mm F4 G OSS [SEL24105G]もキャッシュバック対象に加わったようです。

購入対象期間:2019年6月7日(金)〜2019年7月28日(日)
申し込み締切
【WEB申し込み手続き締切】
 2019年8月13日(火)午前10時00分00秒
【専用応募封筒締切】
 2019年8月13日(火)当日消印有効

対象カメラ本体またはレンズキット

機種とキャッシュバック金額
ボディ[ILCE-7RM3] α7R III 30,000円
ボディ[ILCE-7RM2] α7R II 30,000円
ボディ[ILCE-7M2] α7 II 20,000円
ズームレンズキット[ILCE-7M2K] α7 II 10,000円

レンズ キャッシュバック金額 10,000円

ZEISS
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS[SEL2470Z]
Planar T* FE 50mm F1.4 ZA[SEL50F14Z]
Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA[SEL55F18Z]

Gレンズ
FE 70-200mm F4 G OSS [SEL70200G]
FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS [SEL70300G]
FE 12-24mm F4 G [SEL1224G]
FE 24-105mm F4 G OSS [SEL24105G] ]
FE 90mm F2.8 Macro G OSS [SEL90M28G]

G MASTER
FE 24-70mm F2.8 GM[SEL2470GM]

その他FEレンズ
FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS[SEL24240]

フラッシュ
HVL-F60RM キャッシュバック金額 5,000円


ひと昔前は、撮影に行っても、SONY使いは殆んど居なかったのですが、α7シリーズで躍進、最近どこへ行ってもSONYロゴを見かけるようになってきました。

SONYのレンズ群に仲間がまたひとつ増え、ミノルタ一眼レフ〜SONYと愛用してきた者としては楽しみです。




オリンピック 聖火 県内12市町村へ

余談ですが・・ オリンピックの話続きということで・・

聖火リレーの主だったコースが昨日発表されました。
宮崎県は高千穂町からスタート、えびの市がゴール、2020年4月26日、27日、2日間で12市町村を回る。
到着セレモニーは、初日、県庁前クス並木通りで、二日目はグリーンパークえびので実施予定とのこと。

初日の26日は、高千穂町〜延岡市〜日向市〜高鍋町〜西都市〜宮崎市。
県庁前 楠並木通りでセレモニーを開催。
翌27日は、宮崎市〜日南市〜串間市〜三股町〜都城市〜小林市〜えびの市。
「グリーンパークえびの」でセレモニーを開催。

「日向神話」的には、天孫降臨伝説の残る"両高千穂"、高千穂町から高原町というルートが良かったのですが(時間的制約などあるのでしょう)高千穂峰のある高原町を聖火が通らないのは残念です。

前回の東京オリンピックでは、平和台公園が聖火のスタート地点

1964年(昭和39年) 東京オリンピックの開会式のおよそ2カ月前にあたる1964年8月21日、採火式がギリシャのオリンピアにあるヘラ神殿跡で行なわれ、空輸、日本へと運ばれました。
国内聖火リレーの基点は、鹿児島・宮崎・千歳の3起点、宮崎の基点が、宮崎市にある平和台公園でした。

これを記念したプレートや、使った聖火台が平和台公園内にあります。

プレート
第18回オリンピック東京大会の聖火基点記念プレート


聖火は9月9日午後7時到着・翌日9時に出発したようです。

写真は、第18回オリンピック東京大会において、国内最初の夜を燃え続けた記念すべき聖火台です。
聖火台は全高2m40cm、口径87cmの埴輪(はにわ)で、縄文式土器に似たデザイン。外側には神々が高千穂の峰に降臨されたという古事が描かれています。
補修跡があるものの、ほぼ当時のままの状態で、平和台公園内、はにわ館入り口に展示されています。

聖火台
第18回オリンピック東京大会 宮崎起点 聖火台


第18回オリンピック東京大会の聖火リレーでは・・
宮崎市を出発した聖火は県北部にある旧北川村(延岡市)まで133.6Kmを16歳〜20歳の2,196人が3日がかりで繋ぎ、お隣の大分県へと引き渡したそうです。

今回の聖火リレーはというと・・
一日原則8時間の移動、多くの区間は、車に積んで移動一日あたり80人〜90人のランナーが走る区間は一人あたり200m程度(合計20Km弱)のようです。

県内多くの市町村を回る為、時間、交通事情、警備、モロモロ諸事情もあるのでしょう、これから、具体的なプランを作成するのでしょうけど・・なんだか、現代の聖火リレーは、味気なくなった感じもしますが、もりあげたいものです。


2019/6/7 追記 
「SEL200600G」 は、どうやら、待望の"ろくよん"「SEL600F40GM」と共に同時発表される予定のようです。

「SEL200600G」 2,000ドル前後。
「SEL600F40GM」14,000ドルらしい。


※今までの価格設定だと、日本は、若干高めの価格になるようですので・・「SEL200600G」は、25万円あたりなのかも知れない。

2019/6/10 追記
海外サイトの情報では、「SEL200600G」の予約開始は月曜日の発表の1〜2日後発売は7月との噂も。

2019/6/11 追記
「SEL200600G」のレビューが解禁されるのは6月11日の15時(日本時間23時)という噂も。

2019/6/12 追記
発表されました。
www.sony.com

Sony 200-600mm f/5.6-6.3 Review: FINALLY! (Youtube)
Sony 600mm GM and 200-600mm G Hands On!(Youtube)

 



 
-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

 

− 次のSONY ソニー一眼用レンズは FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS (SEL200600G) 望遠 ズームレンズか? −


日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP