日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

宮崎県の準絶滅危惧種「ハマボウ」 宮崎市国道220号沿にて

Posted morimori / 2019.07.18 Thursday / 07:26


宮崎県総合運動公園駅付近の国道220号沿道(西側水路沿い)で、宮崎県の準絶滅危惧種「ハマボウ」が黄色い花を付けています。

ハマボウ

いつもは、走る車の窓ごしに楽しむ程度でしたが、希少な植物なので、今回、写真を撮ってきました。

ハマボウ

花の形は、ハイビスカス、フヨウなどに似てますね。
地味な花ではあるけど、梅雨のこの時期、黄色い花を見ると気分も晴れます。

ハマボウはアオイ科の落葉低木で、早朝に花開き、夕方にはしぼんでしまう「一日花」
一日咲いた後はオレンジ色に変色、閉じて、やがて落ちます。
 



宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション
ハマボウ


写真を撮っていたら、アオサギが上を通過して行きました。
ハマボウ


ハマボウは、日南線 運動公園駅近く、国道220号沿い写真右側(西側)に植栽されています。
もうすぐ、左側(東側)では夾竹桃きょうちくとうが咲きだします。

国道220号 宮崎県総合運動公園駅付近

今回のハマボウ撮影地

 Google Map

宮崎市内の、夏の花めぐり参考に

 花回遊マップ夏.pdf (PDF 3.65MB)(宮崎市サイトよりPDFダウンロード) 

高鍋町の小丸川河口には県内最大級の群落地

今回紹介したハマボウの植栽規模は、約200m程の区間に数十本程の規模ですが、高鍋町の小丸川河口には県内最大級の群落地(500〜1000本)があります。

他に、延岡市南部を流れる沖田川の河口沿い日南市の細田川などでも見られる。
 



 
-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

 

− 宮崎県の準絶滅危惧種「ハマボウ」 宮崎市国道220号沿にて −


日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP