日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

西都市 西都原古墳群の菜の花 3/21 満開見頃

Posted morimori / 2020.03.22 Sunday / 23:42


このブログ記事は、facebookPageに掲載したものの補足(補強)版です。

満開の「大坪の一本桜」を見学した後。いつものように西都原へ向かいました。
大坪の一本桜と西都原間は、車だと意外に近いです。

一面に咲く菜の花は満開見頃でした。
鬼の窟古墳周辺から見てまわりました。

まずは定番撮影位置(鬼の窟古墳東側)で

まずはいつもの定番位置(鬼の窟古墳東側)で見学&撮影。
ここは、東側から西に向かい撮るので、午前中の撮影が最適、午後2時頃を過ぎると、空の色が映えないものとなってしまいます。

2020年 西都原古墳群の菜の花
西都原古墳群の菜の花(鬼の窟古墳 東側より)


下の写真は、散策の道を遠くまで撮るべく、もっと高い位置から撮りたかったのですが、高い位置から撮ると、菜の花の葉の緑が強調され花が沈んでしまうようなので地上3m程のところから撮りました。

2020年 西都原古墳群の菜の花
西都原古墳群の菜の花(鬼の窟古墳 東側より)


西都原の台地に一面に広がる菜の花畑。
黄色い花は見ているだけで元気が出ますね。
思えば家畜伝染病「口蹄疫」で宮崎県民全体が沈み込んでいる時、「ひまわり」が元気付けてくれたように、今は「菜の花」が、がんばれよー、負けるんじゃないぞ!と励ましてくれているようでした。

菜の花畑の中には散策路もあり、菜の花独特の酸っぱい香りを楽しみながら散歩も楽しめます。
家族で歩くもよし、カップルで歩くもよし、ボッチで歩くもよし。

2020年 西都原古墳群の菜の花
西都原古墳群の菜の花



2020年 西都原古墳群の菜の花
西都原古墳群の菜の花



2020年 西都原古墳群の菜の花
西都原古墳群の菜の花



2020年 西都原古墳群の菜の花
西都原古墳群の菜の花





西都原 206号古墳(通称:鬼のいわや古墳)

西都原古墳のランドマーク・シンボルとも言える古墳です。西都原古墳群の中では最後の方に築造された古墳です。
築造7世紀初頭 西都原古墳群で唯一の横穴式石室を持ち、墳丘の周辺には土塁を廻らす特異な形状は全国的に見て他に例が無いとか。

この日、大坪の一本桜(国富町)から西都原へ向かう途中、上三財字常心原にある「常心塚古墳」(国指定)に寄り見学しましたが、常心塚古墳も同様に墳丘の周辺に土塁を廻らす形状でした。築造時期も7世紀前半頃、鬼の窟古墳と同じころですし、当時、土塁が流行ったのかも知れませんね。

西都原古墳群 鬼の窟古墳
西都原古墳群 鬼の窟古墳


この日、鬼の窟古墳の土塁の内側斜面は、子供たちの格好(滑降?)の滑り台と化しておりました。(笑)
新型コロナウイルス感染予防から自粛閉館、閉園などで、子どもたちも遊ぶ場所が少なくなった、この時期、西都原の大王おおぎみ様もきっと許してくださることでしょう。
西都原古墳群 鬼の窟古墳の土塁(拡大なし)
西都原古墳群 鬼の窟古墳の土塁(拡大なし)



西都市観光協会によると
「西都花まつり2020」は中止。
西都原古墳群内の散策は自由。
ご家族等でのシートを敷いての軽食などもできます。
飲酒を伴う宴会等はご遠慮ください。
火気の使用は禁止されていますのでご注意ください。
との事です。
 


− 西都市 西都原古墳群の菜の花 3/21 満開見頃 −


日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP