日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

国富町鎮座「諏訪神社」池のスイレンとコイ|籾木池のアジサイ開花情報

Posted morimori / 2022.06.08 Wednesday / 23:39


先日、国富町鎮座「諏訪神社」を参拝しました。

諏訪神社(国富町鎮座)


境内を取り囲むように水が流れており、緑豊かな境内はマイナスイオンたっぷり、落ち着ける空間でした。

諏訪神社(国富町鎮座)


諏訪神社は全国に約25,000社あるとか。

諏訪神社は、長野県の諏訪湖近くの諏訪大社(旧称:諏訪神社)が総本社。
6年に一度、御柱(おんばしら)と呼ばれる4本の柱を立てる御柱祭で有名ですね。

神社本庁が包括する宮崎県下の神社では「諏訪」と名の付く神社は10社程あるようです。
宮崎市の住吉神社も境内社の三社には諏訪神社もありますので、これらを合わせるともっと多いのでしょう。

現地案内板の御由緒によれば、
諏訪神社は村の鎮守の宮として今より千年の昔 天禄2年(974) 信州(長野県)諏訪神を伊佐生森田に勧請 天正13年(1585)7月27日 福島秀安はじめ300名により現在地に遷宮されたと伝えられる。

 諏訪神は 元来薩摩島津家の氏神で 崇敬の篤い神であった。
 島津義弘は 慶長五年(1600) 関ヶ原の陣より 細島(日向市)に上陸、佐土原を経 10月1日福島家に宿泊、諏訪社に代参神領を寄進せしめた。
 昭和17年(1942) 諏訪大明神を北俣神社と改め 村社より郷社に昇格した。
 とある。

“伊佐生森田に勧請”とありますが、「伊佐生森田」とは何処の事だろう?とネット検索ましたが、同じような御由緒文のコピペばかりで、現在のどのあたりであるかは確認出来なかった。

思うに「伊佐生森田」は、おそらく現在も「伊佐生」という地名が残る この辺り(Google Map)なのかも知れない。
「伊佐生村」は、明治22年(1889) 町村制の施行により、八代北俣村、八代南俣村、深年村と共に「八代村」となっている。その後、最終的には 昭和31年(1956) 本庄町・八代村が合併して国富町となったようです。

追記:国富町に問い合わせたところ、教育委員会 社会教育課の方より回答を頂きました。
伊左生村森田は、現在の国富町大字伊左生(いざお)字森田(しんでん)のことで、現在鎮座している処の昔の地名ではないとの事でした。/ 追記おわり

諏訪大社の御祭神は
建御名方命たけみなかたのみこと ─(大国主神おおくにぬしのかみの御子)と お妃の 八坂刀売神やさかとめのかみです。

一方、国富町鎮座「諏訪神社」の御祭神は
建御名方命たけみなかたのみこと ─(大国主神おおくにぬしのかみの御子)
事代主命ことしろぬしのみこと ─ (大国主神おおくにぬしのかみの御子)
磐長姫命いわながひめのみこと ─(木花咲哉姫このはなさくたひめの姉君)
を祀っております。

八坂刀売神は記紀神話には見られない神で、諏訪固有の神とも考えられるとのこと。
一方、磐長姫命いわながひめのみことは、記紀神話の日向神話で所縁があるので、祀られたのかも知れない。(単なる想像ですが・・。)

関連話題ですが・・

西都市の銀鏡しろみ神社では、磐長姫が鏡に映った自分の醜い容姿を嘆くあまり、遠くに投げたと伝えられる鏡がご神体として祀られています。

西米良村の小川地区鎮座 米良神社も磐長姫を祀り同地区にも伝承があり、小川神楽では 御祭神舞(磐長姫)の舞もある。

小川神楽 御祭神舞(磐長姫)
小川神楽 御祭神舞(磐長姫)


 

宮崎県旅行・宿泊割引ジモミヤタビキャンペーン
大変お得な旅行・宿泊割引
宮崎県の旅行・宿泊割引「ジモミヤタビキャンペーン」
最大5,000円引、付与クーポン分差し引くと実質代金0円も!
キャンペーン期間 9/1(木)チェックアウトまで
※お盆期間も適用・詳しくはバナーリンク参照


諏訪神社には、湧水の流れ入る池があり、凄まじいまでに澄んでいます。

諏訪神社(国富町鎮座) 池


諏訪神社(国富町鎮座) 池のスイレンとコイ


動画+スライド(Youtubeにアップしたもの)

水の流れる音も癒されます。
録画を始めるとタイミングよくウグイスが鳴いてくれました。


WebPageを作成しましたので、以下をご覧ください。
写真全20枚程、他にアクセス(地図リンク)などを掲載。
諏訪神社(国富町鎮座)池のスイレンとコイ


「諏訪神社」からそう離れてはいない(約3Km程・車で10分かからないかと) 籾木池のアジサイも6/7見学しましたが、入口付近のアジサイの見頃はまだまだ先になりそう、まだ花は小振りで白い状態でした。
籾木池のアジサイ(2022/6/7)
籾木池のアジサイ(2022/6/7撮影)

土手のアジサイが一部でほぼ見頃といった感じの株もありましたが、全体的に花は小振り、綺麗に色付くのはもう少し先なのかも知れません。

昨年でしたが、工事が入るのでアジサイはもしかすると見納めにあるかも?なんて話を聞きましたが、今年もアジサイは健在でした。
 


− 国富町鎮座「諏訪神社」池のスイレンとコイ|籾木池のアジサイ開花情報 −

Comments

Comment Form




日本のひなた宮崎県
「ジモ・ミヤ・ラブ」
PAGE TOP