日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

令和3年度 例年通りの神楽奉納は神楽保存会全体の約4分の1(48団体)

Posted morimori / 2022.06.11 Saturday / 20:41


銀鏡神楽 六社稲荷大明神


6月11日付、宮崎日日新聞 文化面に、昨年度(令和3年)、宮崎県内の神楽保存会204団体の実施状況が掲載されていた。

県文化財課が市町村教委などを通じ、神楽保存会204団体の実施状況を「例年通り」「規模を縮小」「開催せず」の3択で尋ねた結果、
昨年度、例年通りの神楽を奉納した県内の保存会は全体の約4分の1に当たる48団体だったようです。



国の重要無形民俗文化財に指定されている銀鏡神楽(西都市)、高千穂の夜神楽(高千穂町)、椎葉神楽(椎葉村)、高原の神舞(高原町)の56団体でみると、

  • 例年通り 21・4%(12団体)
  • 規模を縮小 75%(42団体)
  • 開催せず 3・6%(2団体)


記事では、椎葉神楽(感染対策を行った上で村民限定・奉納)、銀鏡神楽(感染対策を行った上で一般公開・奉納)等、前年度の奉納内容が掲載されておりました。

話題にされておりませんでしたが、神楽を奉納する場所(御神庭)も一つの大きな要素だったろうと思います。
銀鏡神楽など米良系の夜神楽(尾八重・村所・中之又)などは、屋外に御神庭を設える為、観客はそれ程密集しませんし、外なので換気の心配も無い。
昨年度は、積極的に宣伝をすることなく、粛々と奉納されたものと思われます。
当方も、昨年12月に久しぶりに夜神楽 中之又神楽を見学しました。当然見学者はかなり少なかったです。

高千穂の夜神楽や椎葉神楽は、ほぼ室内での奉納。
圏外・県外からも観客は訪れますし、その数はよめない。
観客間の距離を保つのは難しい。
地域には病床施設も無く、守りにつくのは致し方ない。
・・種々要因もあり、例年通りの奉納とはいかなかったのでしょう。

一方国や県、市町村の指定を受けていない、未指定の93団体では

  • 例年通り 32・3%(30団体)
  • 規模を縮小 36・6%(34団体)
  • 開催せず、31・2%(29団体)

との事でした。

「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)」

対象:全都道府県
期間:2022年10月11日(火)〜★12月28日(水)チェックアウトまで
★12月27日泊まで延長されました。(詳細は下記リンク参照)
全国旅行支援 みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)


「みやざきの神楽魅力発信委員会」の小川直之委員長(國學院大教授・民俗学)は「保存会のモチベーションがしぼみ、祭りがなくなれば、保存継承が難しくなるのはもちろん、地域活力の低下にも陥る」と心配する。
しかし、コロナで「どうすれば催行できるか、どんな支援が必要かという課題について地域で考える機会になったのは意義深い」と捉え、「出し合った意見をうやむやにせず、未来へのヒントとして生かすべきだ。保存会同士で情報交換し、具体的な解決の道筋を付けていくことが求められる」と指摘する。
 / 6月11日付、宮崎日日新聞引用



新型コロナの影響で無観客・観客制限などあると、結果、モチベーションの低下を招いてしまうのでしょう。

コロナが終息した頃には、一部の番付で継承が出来なくなったり、神楽そのものが途絶えてしまうのでは? 200団体を切ってしまうのでは?と心配しております。
コロナが落ち着いたら神楽に足を運び、みんなでなんとか郷土を神楽を盛り上げて行きたいものです。

間が空いてしまうと見る側のモチベーションも低下して行くのも現実なのかも知れない。

銀鏡神楽 六社稲荷大明神



銀鏡神楽 六社稲荷大明神


今回掲載した神楽の写真は、銀鏡神楽の「六社稲荷大明神」でした。
個人的には・・一番好きな面様(神様)です。


最後に、宮崎県の「みやざきの神楽サポーター制度(企業等)」の紹介です。

みやざきの神楽サポーター制度(企業等)とは / 宮崎県

県内には200以上もの神楽が継承されており、それぞれが地域の人々の暮らしに根付き、地域活力が維持される上で重要な役割を果たしていますが、少子高齢化や人口減少の進行によって次代に継承していくことが難しくなりつつあります。

このため、県では、神楽の継承活動を支援する企業、団体、大学を「みやざきの神楽サポーター」として認定し、その活動を県が広報する「みやざきの神楽サポーター制度(企業等)」を創設し、サポーターになっていただく企業等の募集を始めました。

新型コロナウイルスの感染拡大によって各地で神楽が自粛されており、継承への影響が懸念される状況にあるからこそ、ポスト・コロナも見据えて徐々にサポーターを増やしていきながら、多様な主体によって神楽を支える気運を高め、持続可能な地域づくりにつなげていきたいと考えています。

みやざきの神楽サポーター(企業等)の募集について
 
みやざきの神楽サポーター認定企業等のご紹介

余談ですが・・
上記宮崎県のページフッタ部のイラスト宮崎らしくて良いですね。

宮崎県サイトより

ただ・・この矢印の植物(おそらくモンステラ)を目にするのは植物園位ではないでしょうか?
ヤシの木は「女王ヤシ」でしょうか、実が付いたヤシも見たことないですね。
気にする人はいないでしょうけど(^^)

宮崎県サイトより

はみだしニュース
本日(6/11)「九州州南部梅雨入り」の発表があった。平年より12日遅い発表。
新型コロナ関連では、150日ぶりに病床使用率10%を下回った。


− 令和3年度 例年通りの神楽奉納は神楽保存会全体の約4分の1(48団体) −

Comments

Comment Form




日本のひなた宮崎県
「ジモ・ミヤ・ラブ」
PAGE TOP