日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

令和4年度「高千穂の夜神楽」観光客向けには日程を公表せず地元住民だけで

Posted morimori / 2022.10.23 Sunday / 07:24


【11/20 追記】今朝の宮崎日日新聞に、高千穂の夜神楽が今期も始まったというニュースと共に3年ぶりの開催となった、押方五ケ村集落の活性化センターであった「高千穂の夜神楽」の写真が掲載されておりました。
「新型コロナ」後、3年目となる高千穂の集落で奉納される「高千穂の夜神楽」は 今期は継承する18集落の大半が実施予定との事ですが、今期も観光客向けには日程を公表せず、地元住民だけで行うとの事でした。

高千穂の夜神楽、椎葉神楽などは今期も一般は見られないと思いますが、外で奉納される、西都市、西米良、高原町などの夜神楽は見る事が出来ると思います。
 / 追記おわり



一昨日、高千穂町サイトに残念なお知らせが・・
令和4年度夜神楽日程について(高千穂町サイトより)一部引用

新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、高千穂町の各地区で奉納される今年度の神楽はほとんどの地区で地元の方のみで執りおこなうこととなりました。

つきましては、毎年作成、公表している夜神楽の日程表を今年は作成しないこととなりましたのでお知らせいたします。

高千穂の夜神楽を楽しみにされていた方々には誠に申し訳ございませんが、ご理解いただきますようお願いいたします。

同様の文が「高千穂町観光協会サイト」にも掲載されておりました。

高千穂などの夜神楽は、室内で奉納されますので「密」は避けられない状況、なので現状致し方ないのでしょう。
3年連続目ですね・・・。

前々から見学し当たった〇〇神楽、今年こそはと楽しみにしてたのですが・・残念・・。

3年も続くと、33番を継承出来ず、一部 途切れてしまうところも出て来るのではと心配しております。
一般無観客、少なからずモチベーションの低下を招いてしまうのでしょう。
モチベーションの低下は見る側(神楽好き)にとっても同様ではないと思います。

以前書いたブログ記事
令和3年度 例年通りの神楽奉納は神楽保存会全体の約4分の1(48団体) 

写真は、高千穂の「上田原神楽」の舞入

こういった道行〜舞入を見るのも良いものです。
高千穂の夜神楽 上田原神楽 道行
上田原(かみたばる)神楽


高千穂の夜神楽 上田原神楽 道行
上田原(かみたばる)神楽


上田原は秋から続いた「高千穂の夜神楽」奉納の最後を飾る神楽です。

当サイト内 関連 WebPage
上田原神楽
 

「みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)」

対象:全都道府県
期間:2022年10月11日(火)〜★12月28日(水)チェックアウトまで
★12月27日泊まで延長されました。
政府は年明けも予定しているようです。(詳細は下記リンク参照)
全国旅行支援 みやざき旅行支援割キャンペーン(みやざき割)


写真は、平成29年度に見学した高千穂の「尾狩神楽」

平成30年度(2018年)に尾狩の「尾狩神楽」は、当方が見学した年を最後に夜神楽は途絶え、「日神楽」で8番程を奉納しているとの事でした。
雰囲気のある、ファンも多い夜神楽だったのですが、やはり後継者が途絶えてしまったようです。

鎮守社の「山中神社」のご祭神は、山中坊という修験者が人神として祀られております。

伝えでは・・山中坊は隣村の秋元集落から旧正月13日の夜に狩底の観音堂に移り住んだが、やがて重い病気にかかり、心配した4集落の里人が交互に飲食を運び、死水をとって往生させたという。
山伏は「この集落の人々の親切は忘れない。死後、吾を祀ったら、疫病の流行から必ず私が護り、法力をもって末永く村を守るので、観音堂より床を低くして祀るが良い。参拝は観音様をまず拝すること。」と臨終のことばを残したという。

「疫病退散」の神様です。

高千穂の夜神楽(尾狩神楽)山中さま
尾狩(おかり)神楽 山中さま


高千穂 尾狩神楽
尾狩(おかり)神楽 山中さま

場所は、日之影町に近い山深いところです。
座張など日之影神楽系統の神楽も番付にあります。

何より興味深いのは

12番 田植神楽(たうえかぐら)
13番 杵の舞(きねのまい)
14番 箕舞(みまい)

宮崎市などの平野部にある、杵・箕などの神楽舞が、高千穂にあるのは非常に興味深かった。

高千穂 尾狩神楽 14番 箕舞(みまい)
高千穂 尾狩神楽 14番 箕舞(みまい)


当サイト内 関連 WebPage
尾狩神楽


神楽関連情報です。

令和4年「天岩戸夜神楽33番大公開祭り」

場所:天岩戸神社「斎館」
11月3日 午前9時半 神迎えの儀
午前10時 神楽開始 - 午後10時 神楽終了

どなたでもご覧いただけるようです。
会場内にて「鈿女御幣」を授与しております。数に限りがありますが、神楽をご覧になった記念に、また、縁起物として家にお飾りください。 とのこと。

一昨年は中止、昨年は外の神楽殿で奉納されたと思います。
今年は例年同様「斎館」で奉納されるようです。
見学される方は早めに行かれた方が良いのではないでしょうかね?

当サイト内 関連 WebPage
天岩戸神社

令和4年度「神話の高千穂夜神楽まつり」

2日間で夜神楽33番すべての舞が奉納されます。
場所:高千穂神社 神楽殿
11月22日(火) 18時〜22時過ぎ(夜神楽 式三番を中心に奉納)
11月23日(水・祝) 10時〜22時過ぎ(夜神楽・棒術を奉納)
拝観無料
20時〜21時にお客様が集中して混雑が予想されます。
できるだけ異なる時間帯にお越しいただき分散化にご協力ください。とのこと。

当サイト内 関連 WebPage
高千穂神社

高千穂神楽(神楽殿での神樂の様子)


参考まで、以下は令和元年・2年の高千穂の夜神楽日程表です。
令和元年度は18ヶ所で夜神楽が奉納されておりました。
過去の記録 令和元年度 高千穂の夜神楽日程



来年度、新型コロナが終息し、すべての夜神楽が一般公開され奉納されることを願っております。

当サイト内 関連 WebPage
宮崎の神楽


− 令和4年度「高千穂の夜神楽」観光客向けには日程を公表せず地元住民だけで −

Comments

Comment Form




日本のひなた宮崎県
「ジモ・ミヤ・ラブ」
PAGE TOP