日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

最新20記事リスト表示

GW後半雨の日でも「宮崎県立西都原考古博物館」(西都市)

Posted morimori / 2023.05.04 Thursday / 23:30


GW、天気がいま一つという事で、雨の日でも楽しめる(学べる)「宮崎県立西都原考古博物館」を紹介します。
西都市西都原古墳群にある「宮崎県立西都原考古博物館」は国内最大規模を誇る考古学博物館です。
とてもすばらしい施設です。
これほどの内容・規模で、無料です。

開館時間:9:30 - 17:30(展示室への入室は17:00まで)
休館日:月曜日(国民の祝日と重なる時は翌日)
祝日の翌日(土曜日、日曜日又は休日に当たるときを除く)
年末年始(12月28日から翌1月4日まで)

県立西都原考古博物館(建物外観)
県立西都原考古博物館(建物外観)


県立西都原考古博物館(考古学の世界へ - 導入部スロープ)
県立西都原考古博物館(考古学の世界へ - 導入部スロープ)


展示室へと向かうこの長いスロープは、旧石器時代へと時代をさかのぼって行く さながら「タイムトンネル」心憎い演出です。

県立西都原考古博物館(考古学の世界へ - 導入部スロープ)
県立西都原考古博物館(考古学の世界へ - 導入部スロープ)


主な常設展示内容

4号地下式横穴墓(R)、写真で見る年表、姶良カルデラの噴火、氷期と温暖化、貝文土器、東アジアとの交流、漁携(海の民)、狩猟(山の民)、祭りと祈り、南九州の縄文土器、穀壁(伝串間出土R)、花弁状間仕切住居、弥生の祭り(青銅器)、稲作の浸透、瀬戸内系土器、弥生の共同作業、山間部の弥生土器、地下式板石積石室墓、弥生の農具と墓、弥生の鉄器、古墳の副葬品、船形埴輪(R)、船形石棺、金銅製馬具(復元・R)、初期の古墳、4号地下式横穴墓(R)、軽石製組合式石棺、地下式横穴墓出土品、騎馬像、特別展示ステージ、子持家形埴輪(R)、酒元ノ上横穴墓、木製品(大足など)、律令時代、隼人の盾(R)

県立西都原考古博物館(展示室案内リーフレット)
県立西都原考古博物館(展示室案内リーフレット)


展示物アラカルト(拡大写真なし)
展示物アラカルト(拡大写真なし)



県立西都原考古博物館(展示物)
西都原考古博物館(展示物)


県立西都原考古博物館(展示物)
西都原考古博物館(展示物)


西都原考古博物館(展示物)
西都原考古博物館(展示物)


県立西都原考古博物館(展示物)
西都原考古博物館(展示物)


西都原古墳群(第三古墳群)の夕景
西都原古墳群(第三古墳群)の夕景


交通・アクセス(車・バス)

住所:〒881-0005 宮崎県西都市三宅5670
地図:GoogleMAP Mapfan Mapion マップコード219 121 516
緯度経度 N=32.7.17.8 E=131.23.6.6(日本測地系)
車:宮崎市内から国道219号線経由約40分
東九州自動車道西都.Cから約10分
宮崎ブーゲンビリア空港から約70分
バス+タクシーの場合 宮崎駅より「西都バスセンター」行き乗車 約70分「西都バスセンター」からタクシーで10分

駐車場:博物館正面
(普通車100台、大型バス8台、身障者等専用駐車場8台)

国宝「金銅馬具類」、重要文化財「埴輪子持家・埴輪船」

国宝「金銅馬具類」、重要文化財「埴輪子持家・埴輪船」
国宝「金銅馬具類」、重要文化財「埴輪子持家・埴輪船」

西都原では 国宝「金銅馬具類」、重要文化財「埴輪子持家・埴輪船」が発掘されましたが、西都原考古博物館に常設展示してある資料はいずれも「レプリカ」です。
レプリカと言えでも精巧に作られておりますので、全く見分けつきませんが・・

2014年に宮崎県立西都考古博物館で開催された 特別企画展「西都原の逸品たち」 では、国宝「金銅馬具類」、重要文化財「埴輪子持家・埴輪船」等、全国各地に所在する西都原古墳群(正確には周辺含む)出土の資料を一堂に集めて展示されました。

国宝「金銅馬具類」

現在、「宮崎県内」に国宝は存在しておりませんが、宮崎県内で出土したものものとして、この「日向国児湯郡西都原古墳出土、金銅馬具類」は宮崎県関連の唯一の国宝ともいえます。
国宝の指定名称は、「西都原古墳」出土となっていますが、実際には西都原古墳群の西方の台地にある「百塚原古墳群」から出土したものと考えられているようです。(詳細は下記リンクをご覧ください。)
国宝「金銅馬具類」(財)五島美術館所蔵)

重要文化財「埴輪子持家」「埴輪船」

写真で一度は目にした事もあるかと思いますが「埴輪子持家」と「埴輪船」は「大正の発掘調査」で西都原古墳群から出土したものです。

大正の発掘:古墳の保護、「皇祖発祥の地」としての宮崎県の古墳文化を実証が目的
今から約100年前、大正元年より同6年まで行われた、西都原古墳の発掘調査は、当時の有吉忠一知事が提唱、発掘調査をとおして、県内古墳の保護を行うと共に、「皇祖発祥の地」として、記紀に記された神話の世界を実証する目的で行われました。

東京、京都の両帝大や東京帝室博物館(現・東京国立博物館)さらに宮内省(現・宮内庁)などから考古、歴史、人類学などの分野で第一線の学者が集結、6次にわたる発掘調査を行いましたが、発掘した古墳群の築造は5世紀初頭、結果的には記紀神話と交差する要素は見いだせませんでした。

この西都原古墳群の発掘調査は、後の考古学的調査に道筋をつけた、日本初の本格的な学術調査となったそうです。

しかし・・その後の調査で古墳群の築造年代はさかのぼっています。
その後、1995年以降の史跡整備事業によって発掘調査を実施、大正期では5世紀初頭頃とされていた古墳群の築造開始年代は、新しい調査や研究により、現在では3世紀末〜4世紀初頭頃に見直されるなど、各古墳の築造年代の見直しや再評価といった成果が得られているようです。

西都原古墳の発掘調査100年の長い歴史の中で、発掘調査が行われた古墳は、全体のわずか1割程度とのこと。

ところで、埴輪の破片を持ち帰り調査を行い、その後保管していた東京帝室博物館は1923年(大正12年4月)、破片6箱分を返送したいと宮崎県に申し出たようですが、県は同年「埴輪片は不要なので(博物館で)処分してほしい」と文書で返答・・・ この辺りの経緯は下記「埴輪子持家」をご覧ください。

重要文化財「埴輪子持家」(東京国立博物館所蔵)

重要文化財「埴輪船」(東京国立博物館所蔵)

「お墓」の元へ帰って来て欲しいという気持ちもありますが・・、
博物館で展示されるなら、東京で多くの方に見て頂き、当時、西都原に大きな権力者がいたということを知って頂いた方が、古代の人も喜ぶのかなぁ〜とも考えたり・・・。


余談ですが・・・
西都原考古博物館には、古墳関連の書籍や関連グッズ等を扱うミュージアムショップがありまして・・ 以前 こんなのゲットしました。

発掘調査スコップスプーン ミニ

発掘調査スコップスプーン ミニ (ステンレス製スプーン)
全体にサンドブラスト処理が施されており、艶消しの渋い風合いが良いです。

最近は暑くなってきたので、このスコップを使い、丸永製菓の「白くまデザート」を掘り、発掘?してます。

白くまデザート
白くまデザート

写真はイチゴ味ですが・・練乳・イチゴ・メロンソーダ 3種あります、いろいろ食べ比べてみた結果、スタンダードな練乳が一番おいしいです。 太るわけだ(--;)


− GW後半雨の日でも「宮崎県立西都原考古博物館」(西都市) −

Comments

Comment Form




日本のひなた宮崎県
miyazaki_flower_month ロゴ
PAGE TOP