日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)


最新20記事リスト表示
【当サイト内検索・画像検索含む】

県営国民宿舎えびの高原荘 えびの高原スケート場 指定管理者候補「小林まちづくり株式会社」に

Posted morimori / 2024.01.19 Friday / 06:22


宮崎県は「県営国民宿舎えびの高原荘」と「県営えびの高原スポーツレクリエーション施設(えびの高原スケート場など)」の次期、指定管理者の再募集を行っておりましたが、指定管理者候補は 地域DMO法人「小林まちづくり株式会社」に決まったようです。
県は、今後、県議会での議決を経て基本協定を締結する予定で、指定管理期間は今年4月から5年間。

小林まちづくり株式会社

「小林まちづくり株式会社」は、小林市の活性化を図るため、同じ想いを持つ市民や企業が出資し、併せて行政・商工会議所・金融機関からも出資協力を得て誕生した民間企業。
「小林市観光協会」は2022年4月に解散「小林まちづくり株式会社」へ統合されました。
関連リンク
1/19付 宮崎日日新聞によると
「小林まちづくり株式会社」は2014年設立で、小林市で複合施設やホ
テルの管理運営、観光企画などを手がけるほか、同市地域・観光交流センターや出の山親水魚水族館の指定管理業務を請け負っている。
同社が提出した計画書では、運営2年目の2025年度から黒字となり、終年度の28年度には約2千万円の黒字を見込む。
アイススケート場の営業できない期間の活用構想もあり、スケートボードなどを楽しめる施設としての運営なども検討しているとのこと。

硫黄山周辺の火山ガス含め「火山活動次第」といった感じは否めないです。


えびの高原にある県営国民宿舎えびの高原荘(現在「ホテルピコラナイえびの高原」の愛称)と隣接する県営アイススケート場の指定管理者の「レジャークリエイトホールディングス」(宮崎市)は本年度で運営から撤退する方針を示しておりました。

えびの高原荘の2022年度の収支は 、隣接するスケート場と合わせて2845万円余りの赤字だったようです。
えびの高原スケート場は日本最南端にある屋外スケート場として知られておりますが、昨年度の利用者数は1万9498人、コロナ禍前と比べおよそ3割減っているようです。
赤字は9年連続のようですので、2011年の新燃岳噴火あたりに始まり、硫黄山噴火、新型コロナ・・など追い打ち、赤字が続いていたのでしょう。

昨年7月〜9月に、県は2024年度から5年間の指定管理者の公募を行っておりましたが、“火中の栗を拾う”応募者は無く、条件を見直し、11月〜12月に再公募を実施した結果、4者(下段引用記載)から応募があったようです。

2回目の公募では、県は硫黄山の活動による影響を一定割合負担するとして、土日にかかわらず、県道1号(小林えびの高原牧園線)が通行止めになった日数に応じ、1日あたり8万9千円を減収相当額として補填するとの事。

1年間通行止めが続くと、補填額は年間約3,250万円になります。
県道1号は昨年12月9日から、土、日曜日の午前9時〜午後5時、屋根付きの車に限定した通行が再開されておりますので、現状の状況であれば補填額は2,320万円程になると思います。

関連記事 えびの高原 県道1号の新ルート 火山ガスで通行止

過去に撮影した雪のえびの高原の動画です。
えびの高原荘も最後に写っています。

えびの高原 雪上ドライブ 不動池 → えびの高原荘

(以下の動画が枠内で見られない場合、Youtubeリンク先でご覧ください。




県営国民宿舎えびの高原荘及び県営えびの高原スポーツレクリエーション施設の指定管理候補者の選定状況について
掲載開始日:2023年7月3日更新日:2024年1月18日

県営国民宿舎えびの高原荘及び県営えびの高原スポーツ
レクリエーション施設の指定管理候補者の選定について
宮崎県商工観光労働部観光推進課

上記より一部引用(転載)

4 審査結果等
申請者(応募者)
・株式会社クリル
・小林まちづくり株式会社
・合同会社HOLS
・株式会社アイロード・プラス ※申込み順

審査結果

・書類審査を行った結果、全ての申請者(上記4者)が資格要件を満たしていると認められた。

・指定管理候補者選定委員会を令和5年12月26日に開催し、書類審査を通過した4者のプレゼンテーション及びヒアリングを実施し、審査を行った。
審査結果は次のとおり。
1位:440点(小林まちづくり株式会社)最低基準点(委員合計500点満点の6割(300点))以上である。
2位:408点
3位:381点
4位:186点

・指定管理候補者選定会議を令和6年1月5日に開催し、選定委員会の審査結果を、施設所管課において選定基準等に基づき評価した結果と照らし合わせ、確認を行った。
選定会議の確認結果は次のとおりであり、選定委員会の審査結果と相違がないことを確認した。

1位:85点(小林まちづくり株式会社)最低基準点(満点の6割(60点))以上である。
2位:78点
3位:76点
4位:39点

選定結果

指定管理候補者

小林まちづくり株式会社(小林市)

選定理由

  • 選定委員会の審査において、採点結果が最低基準点を満たしていること、また、選定会議で審査結果は適当と確認したこと。
  • 施設の管理運営を適正かつ着実に実施する能力を有していると認められること。
  • 具体的な事業計画及び収支計画が立てられており、施設の効用を発揮しつつ、指定期間を通じて安定した運営が見込まれること。
  • 利用者の平等な利用など公の施設としての基本認識を有しており、適切な利用者サービスの提供が期待できること。

<優れた提案内容>
  • 地域DMO法人として、周辺自治体や事業者、地域住民等と連携しながら、体験型のプログラム商品やイベントを創出
  • 地元の食材を活用した施設限定商品の開発
  • 熊本空港や鹿児島空港に近いという立地を生かし、台湾などからのインバウンドの誘客
  • 子連れの家族の集客を図るため、スポーツレクリエーション施設を活用した子ども向けコンテンツの充実



【お知らせ】

県営国民宿舎えびの高原荘、えびの高原屋外アイススケート場利用者に300円クーポン配布中

県営国民宿舎えびの高原荘及びえびの高原屋外アイススケート場にて300円クーポン配布中
(アンケートに御協力いただいた方が対象)
県営国民宿舎えびの高原荘及びえびの高原屋外アイススケート場の今後の観光誘客につなげるため、周遊分析・観光コンテンツ開発可能性調査(アンケート調査)を実施しています。
アンケートに御協力いただいた方には「足湯の駅えびの高原のヤマザキショップ」で使える300円分のクーポンを配布しています。
令和6年2月28日(水曜日)まで
(注1)クーポン配布上限に達し次第終了
(注2)アイススケート場利用者向けアンケートはアイススケート場の営業期間中のみ


余談ですが・・・

高千穂峡遊歩道の工事は3月末頃まで延長

当初、2023年内に終える予定だった、高千穂峡遊歩道の工事(台風被害の復旧に伴う遊歩道のかさ上げ工事など)は、2024年3月末頃まで延長になる事が高千穂町観光協会サイトに掲載されておりました。

「宮崎・台湾フレンドシップシリーズ」

ソフトバンクとオリックスが、台湾プロ野球・楽天モンキーズと対戦 交流戦を行う予定です。

ソフトバンク - 楽天モンキーズ
日時:2024年2月24日 11:00 開場 13:00 試合開始
場所:アイビースタジアム (生目の杜)
SNSなどで話題のチアガール「楽天ガールズ」も登場。
チケット 1、3塁グッズ付き特別内野自由席5,000円
バックネット裏 内野自由席2,500円など。1月20日からチケットぴあで販売。

オリックス - 楽天モンキーズ
日時:2024年2月25日 9:00 開場 13:00 試合開始
場所:SOKKENスタジアム(清武総合運動公園内)
全席無料

【 追記 】

えびのスケート場 2月18日 今季の営業終了、来場者昨季比減

えびの市のえびの高原屋外アイススケート場は2月18日、今季の営業を終えた。
利用者は1万5957人で昨季の1万9498人を下まわったようです。
1、2月の天候不順による営業休止に加え、日中の暖かさで氷が溶け午後5時の終業を早める日が増えたようで 2月19日以降も雨の予報が続くことなどから、今季の営業終了を決めたとのこと。(情報元:2/19付 宮崎日日新聞)


− 県営国民宿舎えびの高原荘 えびの高原スケート場 指定管理者候補「小林まちづくり株式会社」に −

Comments

Comment Form




日本のひなた宮崎県
PAGE TOP