日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

高千穂峡のボート2年半休止?旭化成発電所改修工事の影響で水位水量増

Posted morimori / 2019.12.21 Saturday / 06:00


新緑の高千穂峡 真名井の滝とボート
新緑の高千穂峡 真名井の滝とボート


高千穂峡と言えば、「渓谷に浮かぶボートと滝」というイメージですが、その高千穂峡のボートが、2021年秋より2年半乗れなくなる可能性が出てきました。

 これは、旭化成が高千穂町で運営する向山の旭化成水ケ崎発電所の大規模改修工事によるもので、高千穂峡の上流にある取水設備の交換や水門、発電機などの取り換えを予定、工期中は取水を停止するため、高千穂峡の水位が60cm以上上昇、また、流量も現在の最大24倍の時速約1Kmとなり、現在の手こぎの貸しボートでは安全な利用が難しくなるようです。

操業から約70年が経過している、水ヶ崎発電所は、高千穂峡上流にある「窓の瀬取水口」より、導水路(6.7Km)を経て、高千穂峡下流の「水ヶ崎発電所」(日之影町との境、天翔大橋付近にある)へ送られています。バイパスしているこの水の流れが改修工事期間に止まるので、その分が高千穂峡に流れ込み、水量流量が上がるというものです。

改修工事に至る経緯
2016年の熊本地震の際、別会社の同形式の発電所が被災、周辺地域に被害が及ぶ事例があり、熊本地震クラスに耐えうるよう、被害を最小限に抑えるために、強靭化を図るための改修工事を行う予定とのことです。

熊本地震で貯水槽などが壊れて大量の水が流出し 流出した水とともに大量の土砂がふもと地区に流れ込み、9世帯の住宅が被災、住人2人が死亡した九州電力黒川第一発電所(熊本県南阿蘇村立野)の事かも知れません。
朝日新聞記事 震災で損壊、黒川第一発電所 評価委「復旧可能」2019年10月24日

「水ヶ崎発電所」外観(Googleストリートヴュー)

高千穂峡 手漕ぎボート乗り場
高千穂峡 手漕ぎボート乗り場
(古い写真なので現在と異なるかも?)

 



高千穂峡の貸しボートは、高千穂町観光協会で運営しておりますが、2018年度の利用料収入は1億3718万円(高千穂観光協会の収益の46%)。大きな収入源を絶たれることになります。

それに加え、高千穂峡の目玉とも言える、ボートが乗れないとなると、高千穂峡はおろか高千穂町を訪れる人も減る可能性も出て来ます。高千穂町にとって、大きな痛手。

年明けにも町と町観光協会など6団体でつくる協議会が旭化成延岡支社と対策について話し合う予定とのことですが、災害に備えた工事でもあり、全面回避は厳しいかも知れません。
妥協点を見いだせると良いのですが・・。

高千穂峡は、真名井の滝、ボートだけではありませんよー
上流側も素晴らしい景観です。

紅葉の高千穂峡
紅葉の高千穂峡



当サイト内関連ページ
 高千穂峡


今日、高千穂では、浅ヶ部神楽(夜神楽)の奉納ですね。
昨年見学、WebPageを作成しております。
 浅ヶ部神楽(高千穂の夜神楽)


【 関連話題追記 】高千穂峡のボート3月より 大幅値上げ 現行30分2000円から最大6000円に。
値上げ後は一隻30分4000円、2人目以降の乗船者は大人一人につき1000円、未就学児は500円の追加料金が必要になる。
 高千穂峡のボート3月より 大幅値上げ
 



− 高千穂峡のボート2年半休止?旭化成発電所改修工事の影響で水位水量増 −


日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP