日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

宮崎県総合運動公園のハクモクレン並木(見頃終わり気味) 

Posted morimori / 2020.03.07 Saturday / 07:25


ハクモクレン(宮崎県総合運動公園にて)

宮崎県総合運動公園の「ハクモクレン」です。
公園の南側にある「バラ園」の北側、テニスコートとゲートボール場の間の水路沿いに、ハクモクレンの並木道(100m程)があります。

 地図(GoogleMap)


ハクモクレン(宮崎県総合運動公園にて)


ハクモクレン(宮崎県総合運動公園にて)


GoToキャンペーン 楽天トラベルラベル
 楽天トラベル GoToトラベルキャンペーン


GoToキャンペーン じゃらんnet
 じゃらんnet GoToトラベルキャンペーン





ハクモクレン(宮崎県総合運動公園にて)


ハクモクレン(宮崎県総合運動公園にて)


ハクモクレン(宮崎県総合運動公園にて)

近所のモクレンの開花具合をチェックしつつ、そろそろかなと出かけたのですが、公式サイトを後で参照すると、今年は開花が早く、先月27日には満開だったようで・・(公式サイトをチェックしておけばかったと後悔。)
現在、見頃の木もありましたが、だいぶ散った木も多かったので、見頃はあと数日?といった感じでした。
ハクモクレンの場合、見上げて撮る感じが主になので曇り空だと花が全く映えない、花季もそう長くないのでなかなかタイミングが難しいですね。

ハクモクレン(宮崎県総合運動公園にて)

水路には、コブハクチョウが二羽、人馴れしていて一羽は写真を撮っていると寄ってきました。
誰かが餌をあげてるのかな? 食べ物チョウダイといった感じにも見えました。 
数年前にも二羽公園内の別の場所(サンマリン北側の遊水池)で見かけたので、公園内居ついているのかも知れません。

白鳥(宮崎県総合運動公園にて)

以下の写真は、2018年8月にサンマリンスタジアム北側にある北遊水池で撮影したもの。 同じ白鳥なのかなぁ?

夕暮れ頃「北遊水池」に到着すると、人馴れしているのか、白鳥が寄ってきました。

サンマリンスタジアム宮崎 夕景 1
サンマリンスタジアム宮崎 夕景


KIRIHSIMAサンマリンスタジアム宮崎 夕景 2
サンマリンスタジアム宮崎 夕景


サンマリンスタジアム宮崎 夕景 3
未知との遭遇?



新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、3月5日より3月末(今後変更の可能性)まで、有料施設(武道館トレーニングルームなど)については、利用できません。
公園の無料開放部分(日向景修園(日本庭園)・お子様の屋外遊戯施設等)については、通常通り利用可能です、

宮崎県総合運動公園は、スポーツのみならず、四季折々の花や樹木なども楽しめる公園です。
この4月からネーミングライツスポンサーが「米良電機産業」となり、公園、主要施設に「ひなた」を冠した「ひなた宮崎県総合運動公園」「ひなたサンマリンスタジアム宮崎」・・などになります。(関連ブログ記事


【 追記 】
3月8日の宮崎日日新聞一面に源藤町の「コブシ」が見頃のようで写真が掲載してありました。
源藤町のコブシは、ニトリモールあたりから南へ220号沿い両方に約40本程植栽されております。

ここのコブシ、個人的には、昼間よりは夜が特に良いです。
車を走らせていると、車のライトや街頭に照らされたコブシは、まるで夜桜の様・・特に美しく感じます。
昔は花付が良かったのですが、最近はいま一つの木も多いです。

ところで、コブシ(辛夷)とハクモクレン(白木蓮)ってパッと見た感じではわかり辛いですよね。

コブシは、手の平を広げた感じで咲きますが、ハクモクレンは、チューリップ状に閉じた感じて上向きに咲くのが一番わかりやすい特徴かも知れません。
ただ、ハクモクレンの花も、散る頃には開いてコブシ状態になりますが・・。

こぶし(辛夷)はくもくれん(白木蓮)
原産地日本中国
花の咲き方花弁が全開するチューリップ状に咲く
花の大きさハクモクレンより小振り大きい
開花時の葉花の下に1枚の葉開花時に葉は無い
芽のつき方横向きや下向きにつく上向きにつく


− 宮崎県総合運動公園のハクモクレン並木(見頃終わり気味)  −


日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP