日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

宮崎県観光協会「Trip in hinata 新しいおもてなしスタイル」|高千穂 お得な県民宿泊情報

Posted morimori / 2020.09.04 Friday / 07:14


公益財団法人 宮崎県観光協会は、ポストコロナ時代での宮崎県観光業界の安心・安全な取り組みを紹介する動画、「Trip in hinata 新しいおもてなしスタイル」を制作、先月末にYoutubeで公開しました。




Trip in hinata 新しいおもてなしスタイル / 宮崎観光情報「旬ナビ」


県内宿泊施設、観光施設などの種々の取り組みをこういやってアピールすることは、とても良い事と思いますが、今回の映像を見て少し気になったシーンがあります。

最後の方、4:45分頃から始まる、手を振るシーン(鵜戸神宮〜宮崎交通〜宮崎観光ホテル〜宮崎空港〜シーガイア)このシーンでの、マスクなし、ソーシャルディスタンスが気になる。

その前のシーン「オープンエアーなアクティビリティー」から続く、ものだろうと思いますが、このシーンにより、主題である「新型コロナ感染症の拡大防止の種々の取り組み」のアピールがボヤケてしまう感じがします。

手をふるシーンは、カットした方が良いのかもなぁーと、個人的には思いました。

なかなか終息しない新型コロナ感染症。
ノーマスクで手を振るシーンに違和感を感じるのは、私だけかなぁー 考えすぎですかね?(^^)


GoToキャンペーン 楽天トラベルラベル
 楽天トラベル GoToトラベルキャンペーン


GoToキャンペーン じゃらんnet
 じゃらんnet GoToトラベルキャンペーン




話は変わって・・

高千穂 お得な県民宿泊情報

先日(9月1日)、宮崎日日新聞経済面に、「ソレスト高千穂ホテル」が「県民特別プラン」を始めた旨、報じておりましたので引用します。

ソレスト高千穂ホテル(高千穂町)は9月1日から、県民限定の特別宿泊プランをスタートさせる。

独自の割り引きに、政府の観光支援事業「GO TOトラベル」を組み合わせ、通常価格の半簡以下に設定。県内観光地の再評価につなげたい考え。

 同ホテルは2018年3月にオープン。新型コロナウイルス感染拡大以前の宿泊客の比率は65%が県外客、30%が外国人客で、県内客は5%に過ぎなかったという。ウィズコロナにおける旅のあり方として注目されている、地元で旅を楽しむ「マイクロツーリズム」に対応するため、思い切った価格設定に踏み切った。

実施期間:10月23日宿泊分まで(※9月19日〜21日は除く)
価格
1室2人利用で
素泊まり 1人3,900円(通常9千円)
1泊朝食付き 4,550円(通常1万円)
1泊2食付き 6,370円(通常1万3千円)

1日10室限定で、土曜宿泊は追加料金千円が必要。

「GO TO トラベル」の申請はホテルが代行する。
予約は同ホテル0982(83)0001 /引用終わり


高千穂峡
高千穂峡


「ソレスト高千穂ホテル」は、高千穂神社に近く(徒歩5分)、高千穂峡も歩いて行けない距離ではありません。(徒歩14分 帰りの坂道が辛いですが・・)

高千穂峡は、おそらく今回の台風でかなり増水すると思いますので、台風通過後、ボートが乗れるまでには、1週間程度はかかるかも知れません。

毎夜、高千穂神社神楽殿で披露される「高千穂神楽」、食事、お土産調達に便利な「がまだせ市場」なども歩いてすぐです。
観光の拠点として、良いロケーションにあります。

「ソレスト高千穂ホテル」「県民特別プラン」
「ソレスト高千穂ホテル」「県民特別プラン」

 


− 宮崎県観光協会「Trip in hinata 新しいおもてなしスタイル」|高千穂 お得な県民宿泊情報 −


みやざき のってん!プロジェクト

日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP