日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

2020年 台風10号 椎葉村下福良で土砂崩れ、男女4人行方不明(その後1名遺体で発見)

Posted morimori / 2020.09.08 Tuesday / 23:20


9/17男性の遺体発見、翌日ベトナム人技能実習生の一人と判明 ※下段に追記を加えています。(最終追記9/19)

昨日、台風10号で、椎葉そん、下福良にある建設会社の住宅と事務所が、土砂崩れで押し流され、男女4人の方が安否不明、1人が負傷したとのニュースが流れた。
調べると、十根川沿い、椎葉村から五ヶ瀬町へ通じる国道265号(ひむか神話街道)沿いの、十根川を隔てた対岸にある建設会社「相生あいおい組」との事。

建設会社の事務所、隣接する経営者の自宅を押し流し、経営者の妻の相生勝子さん(68)と長男で専務の泰孝さん(39)、ベトナム人の技能実習生のチャン・コン・ロンさん(23)とグエン・ヒュー・トアンさん(22)(追記:9/17遺体で発見)の4人の行方が分からなくなっています。

椎葉村中心部から五ヶ瀬町へ行く際、何度も国道265号を通っておりますので、もしかすると過去に運転中、現場を見たことがあるのかも知れません。

椎葉村 崖崩れ位置
画像は GoogleMapより


GoogleMap
国土地理院地図
Googleストリートビュー
朝日新聞社・現場空撮映像(Youtube)

※建物はこのストリートビューが撮影された2013年12月撮影以降に建てられたようです。

以下は、崩れたおおよその部分を当方で付記したもの。

崩れた部分(おおよそ)
画像は GoogleMapより


昨年12月、「十根川神楽」(夜神楽)を見学しましたが、神楽を見学した「八村杉」でも有名な「十根川神社」から、直線1km程の所のようです。

8日朝から安否不明の4人の捜索を再開。
大阪府警の広域緊急援助隊も参加。地元の消防団や建設会社の応援を含め、約260人態勢で行いましたが、4人の安否はいまだ確認されていないようです。無事であって欲しい。

以下は宮崎 NEWS WEBより一部引用
4人が行方不明になっている宮崎県椎葉村の土砂崩れでは斜面を流れ落ちた土砂が幅およそ30メートルの川を越えて対岸まで達しています。
現地を調査した専門家は「土砂が流木に乗ってすべるように川を横断したとみられるが、極めて珍しい事例で、土砂のスピードがかなり速かったことを示しているのではないか」と分析しています。

全文は以下(一週間程度でリンク先記事は消えると思います。)
「川横断は土砂の速さ示す」(宮崎 NEWS WEB)

ANNnewsCH(動画)によると、国交省から派遣された 国土技術政策総合研究所 山越隆雄 砂防研究室長は、崩壊は非常に急こう配の斜面で発生した表層崩壊、全長200m位
土砂崩れは山の中腹から始まり、その後に上の斜面が崩壊したとみられると分析、かなり高速で(下の住宅などに)土砂・流木が流れ下ったとみている。


以下の 土砂災害警戒区域等マップ
http://www.sabomap.jp/miyazaki/
を見ると、今回発生した一帯は「土砂災害特別警戒区域」に指定されていたようです。
土砂災害警戒区域等マップ


300m程のところに 避難所(鹿野遊ふれあいセンター)があるようですが、何故避難しなかったのだろう。
道路工事なども請け負う建設業だから、緊急呼び出しに備えて待機していたのだろうか。

かつてない事が発生する、近年の気象下においては、「今まで大丈夫だったから」は通用しなくなっています。

道路の通行止めなどの情報は  こちらを参照して下さい。  


GoToキャンペーン 楽天トラベルラベル
 楽天トラベル GoToトラベルキャンペーン


GoToキャンペーン じゃらんnet
 じゃらんnet GoToトラベルキャンペーン




当初予測より西にそれましたが宮崎市は風が凄かった。

九州西を台風10号が、6日夜中に北上しました。
風がとてつもなく強そうな台風でしたので、窓の内側にシートを貼ったり、風雨が吹き込んだ時の事を考え、パソコン、カメラ保管ケースなど重要なものはシートで覆ったり、断水に備え水を貯めたり、停電に備えペットボトルに水を入れ氷を作ったりと、今までで一番の台風対策をしました。

4日にロープを買いに近くのホームセンター(ナフコ)に行ったのですが、養生テープ、ブルーシートなどは完売しておりました。
5日、スーパ−などでは、カップラーメン、パン、2Lペットボトルの水(6本カートン)なども、店によっては完売していたところもあるようですが、探せば店によっては在庫のあるところもありました。

普段から「備蓄」を心掛けたいものです。(自分への戒め)

結果的には、私の住む宮崎市内は、雨はそれ程でも無かったのですが、23時頃から2時過ぎまで、風速30m程(経験・感覚的にはおそらく)の突風が吹き荒れ、雨戸が外れのでは?と思う位で、寝られませんでした。

なんとか、通り過ぎた朝、人的被害は出なかったようで、一安心だったのですが、その後のニュースで椎葉村での被害を知り、心配しております。

 台風がくる! 大切な命を守るやめに(NHK)
大きな被害がでた2019年の台風19号で、犠牲になった方々の詳しい状況をもとに、大切な人の命を守るために「そのとき行動してほしいこと」を伝えます。


【追記欄】
  • 9/9 県警や消防などが約270人態勢で捜索。「発生後72時間」となり日没後も作業を続けたが、いったん打ち切られた。
     
  • 復旧に備え事務所に待機し被災か
    (NHK 宮崎 NEWS WEB 9月10日 12時20分)

    4人が行方不明になっている椎葉村の土砂崩れで、建設会社の事務所にいて土砂に巻き込まれた専務の男性が「台風が通過したあとの復旧作業に、すぐに取りかかれるように待機している」と友人に電話で話していたことがNHKの取材でわかりました。

    行方不明になっている4人はいずれも地元の建設会社「相生組」の関係者で、このうち、専務の相生泰孝さん(39)は妻と子どもを親戚の家に避難させ、ベトナム人の技能実習生2人とともに会社の事務所にいたところを土砂に巻き込まれたとみられています。/ 以上一部引用


  • 9/10 捜索活動は諸塚村の消防団員15人も新たに加わり、約280人態勢で再開。川の水位も徐々に下がってきたことから、10日からは船を使った捜索も始まった。
     
  • 9/7に陸路で現地入り、9/8より捜索活動に加わった「大阪府警の広域特殊救助隊」126人は9/10正午、任務を終え現場を後にした。大阪府警の広域特殊救助隊は、今回、台風前に九州等での被害を想定、予め陸路で移動できる広島に移動、待機していたとの事です。
     
  • 椎葉土砂崩れ − 山間部の災害リスク対策を −(宮崎日日新聞・社説 9/10)

  • 9/16 椎葉村では、発生以来、行われてきた大規模な捜索は15日で終了、16日以降は規模を大幅に縮小して、地元の消防団を中心にダムの監視などを25日まで続けることにしています。

  • 9/17 椎葉村の川岸で男性の遺体発見
    NHK宮崎 9月17日 20:34 より要約
    17日午後2時頃、土砂崩れの現場から下流におよそ3キロ離れた場所、音ヶ瀬大橋から約200m十根川の川岸 この辺り)で、重機を使って行方不明者の捜索をしていたボランティアが、土砂の中から男性の遺体を発見した。
    警察によりますと、遺体は衣服を身につけていない状態で、身元の特定につながるような所持品も見つかっていないということです。
    警察では今後、DNA鑑定を行うなどして身元の確認を急ぐことにしています。

  • 9/18 宮崎県警は、椎葉村の十根川で17日に見つかった身元不明遺体について、ベトナム人技能実習生で椎葉村に住む、グエン ヒュー トアンさん22歳と確認されたと発表しました。

  • 9/19宮崎日日新聞によると、発見場所は、土砂崩れ現場から約3.4キロ下流で、十根川が緩やかにカーブし、大量の土砂や丸太が流れ着いている、既に捜索した場所だったようで、同社従業員らが再度土砂を掘り起こす作業に当たっていた。発見者によると、地下1.5mを掘っていた重機が何かに接触し、4、5人で慎重に掘り進めると、うつぶせで両手を内側に折り畳んだ状態の遺体が見つかった。
    日向署によると死因は圧死、死亡推定時刻は同日午後8時半頃、体に大きな損傷はなかったとの事。

  • 消防団による捜索は9月25日でいったん終える。以降は川の水の濁りがとれた時などに随時、捜索を行う予定との事。

 


− 2020年 台風10号 椎葉村下福良で土砂崩れ、男女4人行方不明(その後1名遺体で発見) −


みやざき のってん!プロジェクト

日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP