日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

鵜戸から伝わった銀鏡神楽の鵜戸神楽、鵜戸鬼神 鵜戸神宮へ伝承

Posted morimori / 2021.04.17 Saturday / 07:28


国指定重要無形民俗文化財 銀鏡神楽(国指定名:米良神楽)の中に、「鵜戸神楽」「鵜戸鬼神」 鵜戸が関係する二つの演目があります。

銀鏡神楽 鵜戸神楽
鵜戸神楽(銀鏡神楽)


銀鏡神楽 鵜戸鬼神
鵜戸鬼神(銀鏡神楽)


この二つの演目は、銀鏡神社社家の淡路守重賢が、天和年間(約340年前)に鵜戸山道場で修得した神楽を持ち帰ったもので、鵜戸門流の神楽とも伝えられています。

今年、3月27日、鵜戸神宮(黒岩昭彦宮司)でこの銀鏡神楽の「鵜戸神楽」「鵜戸鬼神」が銀鏡神楽保存会により奉納された事が宮日新聞に掲載されていた。
銀鏡神楽保存会も「感慨深い」と”里帰り”に協力。
鵜戸神宮では昭和30年代に神楽が途絶えていたが、黒岩宮司が同保存会関係者に復活への協力を依頼。銀鏡神楽は「門外不出」(同保存会)だが、歴史的な経緯を踏まえ、二つの舞いを同神宮に伝承することになったとの事。

今朝の宮崎日日新聞に、関連記事がありました。

鵜戸神宮の神楽復活へ向けて西都・銀鏡神社で稽古が始まったようで、鵜戸神宮の神職ら4人が銀鏡神楽を訪れ、「鵜戸神楽」「鵜戸鬼神」の手厚い指導を受けたようです。
今後は月1回程度、同神社などで習いに参加し、習得を目指すとの事。
5年程先?位には、鵜戸神宮で鵜戸神楽・鵜戸鬼神が復活、奉納されるかも知れませんね。

全文は、宮崎日日新聞でご覧ください。プレみやのトピック(全文閲覧は読者会員のみ)にも掲載されておりました。



銀鏡神楽 鵜戸神楽
鵜戸神楽(銀鏡神楽)


銀鏡神楽 鵜戸鬼神
鵜戸鬼神(銀鏡神楽)


銀鏡神楽 鵜戸鬼神
鵜戸鬼神(銀鏡神楽)


鵜戸神楽と鵜戸鬼神は連続する舞で、鵜戸神楽は直面の二人舞で約25分程、鵜戸鬼神は畳一畳程のところで厳かに舞う面舞で約11分程の舞です。
銀鏡神楽では、神々が降りる降居神楽と呼ばれるものがあり、この鵜戸鬼神が最初に舞われます。その後、宿神三宝荒神、西宮大明神、若男大明神、六社稲荷大明神、七社稲荷大明神などが次々出現します。これらが銀鏡神楽の大きな特徴、見どころともいえると思います。

そういえば、同日の宮崎日日新聞、旅のひとこと 受け入れ編でも、神楽関連でした。
新田神社の本部享宮司で、県指定 新田神楽の事を述べられてました。
新田神楽は大丈夫と思いますが、「コロナ」で伝承が途絶えてしまう神楽も出て来るのでは?と、心配しております。
そんな中、鵜戸神宮の神楽復活の取り組みは嬉しいニュースですね。


− 鵜戸から伝わった銀鏡神楽の鵜戸神楽、鵜戸鬼神 鵜戸神宮へ伝承 −

Comments

Comment Form




日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP