日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

宮崎県内宿泊最大90%割引き?「ジモ・ミヤ・タビキャンペーン」

Posted morimori / 2021.04.16 Friday / 20:01


【 4/22 追記 】4/23から開始予定だった「ジモ・ミヤ・タビキャンペーン」は、新型コロナウイルスの県内外の感染状況等を踏まえ総合的に判断し、開始時期を5月10日(月)以降に延期することになったようです。
大型連休中の感染状況を見て改めて判断するようです。
 「ジモ・ミヤ・タビキャンペーン」がスタート
/ 追記おわり



 前回(4/11)、新型コロナウイルスの「第3波」で大きな打撃を受けた県内の観光・宿泊業を支援しようと、宮崎県民対象の県内宿泊旅行の割引キャンペーンが近々実施される事を書きました。

これは、政府の「地域観光事業支援」を利用した県独自のもので、県内だけの「GoToトラベル」のようなものです。

国のGotoトラベルのつなぎみたいなもので、「地域観光事業支援」事業の総額は約3,000億円、GoToトラベルの予算を流用。
感染状況が落ち着いている「ステージ2相当以下」と判断した都道府県が行う県内旅行の割引事業です。

宮崎県のこのキャンペーンの事業費は31億9530万円。
平日の割引利用者へのクーポン上乗せ分の事業費については、昨年度の繰り越し予算約4億円を活用、事業費の総額は約36億円となるようです。

昨日(4/15)、宮崎県観光協会のサイト「旬ナビ」に、事業者向けの関連情報が掲載されておりました。
大変お得な料金で、県内旅行、宿泊ができますので、乗り遅れないように、お知らせです。

イラスト いらすとや(マスク追加)


90%割引き? ジモ・ミヤ・タビキャンペーン

※以下で書いたクーポン価格2,000円については「最大2,000円」との事なので、宿泊価格により、2,000円以下となるケースもあるかも知れません。したがって以下の内容(解釈)に誤りがあるかもしれません。詳細が発表になり次第、修正します。
 
この宮崎県のキャンペーン名は「ジモ・ミヤ・タビキャンペーン」。
地元・宮崎を旅するキャンペーンという意味かと。
国の予算では、旅行代金が1人1泊10,000円の場合、宿泊割引5,000円+クーポン分2,000円で最大70%の支援を受けることが出来るのですが、宮崎県の場合、最大2,000円のジモ・ミヤ・タビクーポン+分散型旅行を促進するため、さらに独自に、平日(日〜金 ※5月2,3,4日を除く)宿泊の場合最大2,000円のジモ・ミヤ・タビクーポンが上乗せされるようです。

【 追記 】:ジモ・ミヤ・タビクーポンは宿泊・日帰り旅行共に4,000円以上の商品に対して付与。)

例えば、平日(日〜金※5月2,3,4日を除く)、10,000円の宿泊施設に泊るケースで考えると、5,000円割引+4,000円分のジモ・ミヤ・タビクーポンという事で、最大90%引ということになるのでしょう。

宿泊対象期間:未定〜5月31日(月)チェックアウト分まで。(【 追記 】クーポンは6月末日までのようです。)

当初、宿泊施設のHP、電話でのご予約のみでスタートするのかもしれません。 じゃらん、楽天トラベル等 OTA関連は追って準備が整い次第追加されるものと思われます。

* OTA:Online Travel Agent じゃらんnet、楽天トラベルなどオンラインの旅行サイトの略。

クーポン関連は今回も「JTB」に業務委託しているようです。
 



以下は、ジモ・ミヤ・タビキャンペーンの「 事業概要書」より一部引用したのものです。

ジモ・ミヤ・タビキャンペーンの基本的考え方について

  • 国の地域観光事業支援等を活用し、県民の県内旅行による応援消費を支援
  • 新型コロナの感染状況を踏まえながら実施することとし、発生区域が感染警戒区域(オレンジ区域:国基準ステージ3相当又はそのおそれがある区域)になる可能性が高いと判断された場合、新規予約を停止。また、オレンジ区域と判断された場合、当該区域のキャンペーンを停止県警報レベルがレベル3(感染拡大緊急警報)となった場合は、県全域を対象にキャンペーンを停止
  • このほか、隣県や全国の感染状況等を踏まえ、キャンペーンを停止するなど総合的に判断
  • 県民及び参加事業者に対して、新型コロナの感染防止の注意喚起を徹底(少人数・分散・安全安心)

宿泊等割引について

県民が県内に宿泊する場合、1人泊当たり商品代金の最大50%(上限額5,000円)を割引
日帰り旅行の場合は、1人当たり商品代金の最大50%(上限額5,000円)を割引
(10,000円未満の場合には50%割引)

宿泊割引利用者には、県内の土産物店、飲食店、公共交通機関等で使用できるジモ・ミヤ・タビクーポンを1人泊当たり最大2,000円付与。
分散型旅行を促進するため、平日(日〜金)の割引利用者に対しては、さらに1人泊当たり最大2,000円上乗せ(県独自)
日帰り旅行の場合は、1人当たり商品代金の最大50%(上限額5,000円)を割引・日帰り旅行の場合は、平日、休日にかかわらず、1人当たり最大2,000円


ジモミヤタビクーポン
公式サイトのタイトル画像
西都原・高千穂峡
鵜戸神宮・フローランテ宮崎ですね。(^^)

宮崎県クーポン券について
 引用元

ジモ・ミヤ・タビクーポン

クーポン券を入手できる対象者
1. 宮崎県に在住しており、当キャンペーンを利用して宿泊を予約された方
2. 宮崎県に在住しており、当キャンペーンを旅行会社を通して利用し、日帰り旅行を予約された方*今回の日帰り旅行とは、募集型企画旅行契約の旅行を指します。

綴り構成:1,000円券一枚ずつ
クーポン配布について
県内の飲食店や土産物店で使用できるジモ・ミヤ・タビクーポンは、割引前の旅行代金が1人泊当たり4,000円以上の商品に対して付与する。日帰りについては、1人当たり4,000円以上の商品に対して付与する。
1人泊当たり最大2,000円をお渡し。分散型旅行を促進するため、平日(日〜金)の割引利用者に対しては、更に1人泊当たり最大2,000円を上乗せしてお渡し。
日帰り旅行の利用者には、平日・休日にかかわらず、1人当たり最大2,000円をお渡し。
使用期間:宿泊日〜令和3年(2021年)6月30日(水)
クーポン券受取場所:宿泊旅行の場合:宿泊予定の宿泊施設
日帰り旅行の場合:取扱旅行会社
参加店舗:募集中

ジモミヤタビ地域共通クーポン
ジモミヤタビ地域共通クーポン


利用可能店舗(参加店舗)はステッカー等を掲示。 ホームページ上で随時掲載。
つり銭は出ない。
未使用のジモ・ミヤ・タビクーポン券の払い戻しは出来ない。
使用上限金額は無いが、各参加店舗の判断で上限を設定している場合がある。
他の商品券や割引券との重複利用は各参加店舗の判断で条件を設定。
たばこには利用できない。酒類には利用可能。

イラスト いらすとや(マスク追加)



九州の他県も同様の企画を発表、既に始まっているところもあります。

※ いずれも地域観光支援事業 県民のみのプランです。
佐賀県 佐賀支え愛宿泊キャンペーン 期間:4/15〜5/31
長崎県 ふるさとで“心呼吸”の旅・第2弾 期間:4/15〜5/31
大分県 新しいおおいた旅割 期間:3/20〜5/31
鹿児島県 今こそ鹿児島の旅・第2弾 対象期間:4/24〜5/31



「ジモ・ミヤ・タビキャンペーン」はGWは対象になるのか(微妙)?

ジモ・ミヤ・タビキャンペーンは、発生区域が感染警戒区域と判断された場合は該当区域を対象に、県警報レベルが感染拡大緊急警報となった場合は県全域を対象に停止するなどするほか、隣県や全国の感染状況を踏まえ停止を総合的に判断する事になっています。

出遅れた感はありますが、宮崎県は県内のコロナの感染状況を鑑みつつ、今回の動きとなっているのでしょう。

公募まではもうしばらくかかるのかも知れません。
日向・東臼杵地域の「感染急増圏域」(赤県域)が解除になってからスタートなのかも知れません。
解除は4/30を目途とのことなので、全県域でのGW前の「ジモ・ミヤ・タビキャンペーン」スタートはおそらく無理でしょうね。
GW中は、県外から人の流れがあると思いますので、感染リスクの観点から考えると、GW明けからでも良いのでは?と思ったりもしますが・・
GWの予約動向などをリサーチしつつ、経済も動かす、総合的な判断も必要となるでしょう。

国内の感染状況(GoToトラベルが出来ない状況)によっては政府の「地域観光事業支援」の延長もあるのかもしれませんが、当初の発表では5/31が期限のようです。
GW明けの「ジモ・ミヤ・タビキャンペーン」スタートとなるとキャンペーン期間は一月以下になりそうです。

いろいろ思った事など・散文

  • こんなこともあるのかな?
    例えば、一泊4,000円(仮定)の宿泊料金のところに泊ると、宿泊50%引で2,000円。平日なら4,000円分のジモ・ミヤ・タビクーポンを頂けると思うので、実質2000円得することになりますね。

  • 今回のこのプランは、お一人10,000円以下の宿泊料金の割引率が高いので、そのあたりの宿泊施設をターゲットとしたものと思われます。

  • 今もあるのか調べておりませんが、地元にお金の落ちる率の減る、キャッシュバックプラン・クオカードプランなどの商品は対象外とした方が良いと思います。

旅行者などのイラストにマスクを追加すべきでは?!

観光庁のこのページもそうですが、旅行業者や、観光客のイラストの人物にはマスクを追加すべきだと思います。
GoToトラベル企画当初は、コロナが終息してからという趣旨でしたので、このマスク無しのイラストだったのでしょうが、現状に則したしたもの(マスク付)へと差し替えるべきではないかと思います。今回の「 ジモ・ミヤ・タビキャンペーン事業概要書」にある利用イメージのイラスト(県観光推進課作成?)も同様に気になりました。

ワクチン接種が浸透する来年位までは「移らない、移さない」が大前提の「withコロナの旅行」だと思います。
 新しい旅のエチケット(観光庁)

私のこのブログに掲載したイラスト原画も同じ「いらすとや」さん提供のフリーイラストを使用しましたが、マスクを追加加工しました。
「いらすとや」さんでマスク・やフェイスシールドを合成出来るよう、それら単体の背景透過画像も提供してらっしゃるので、簡単に合成追加出来ます。

それにしても「いらすとや」さんのイラストはメジャーになりましたね。

 かわいいフリーイラスト いらすとや
 旅行 関連のイラスト
 ホテル 関連のイラスト
 マスク 関連のイラスト

このブログで「いらすとやさん」のイラストを最初に使わせて頂いたのは、3年前、宮崎県 2018年度 観光みやざき未来創造基金事業 他の東京オリンピック2020のイラストでした。
まさか世の中がこんな状況になろうとは、あの時、誰が想像しえただろう。

県内に泊って、観て、食べて、買って・・応援しましょう!
当然、宿泊施設や観光地は、宮崎の方ばかりではありません。大阪、東京・・感染が拡大している地域の方も中にはいらっしゃるかもしれません。マスク・消毒・手洗い・ソーシャルディスタンスなど留意の上、これまで同様「 会食はみやざきモデル」で感染防止対策は滞りなく。

みやざきモデル
みやざきモデル


5月頃だと、えびの市のえびの高原では、初旬に「ノカイドウ」、5月終わり頃には、えびの高原でミヤマキリシマが見られるかもしれません。
今年は桜もツツジも早かったし、これらも早まるかも知れませんね。
ノカイドウ(えびの高原にて)
ノカイドウ(絶滅危惧種 世界で霧島のえびの高原だけに自生)
過去に撮影したもの


硫黄山噴火から4月19日で3年です。

以下の写真は、小林市に位置しますが、霧島市の高千穂河原から30分程のところにある「鹿ヶ原」に咲くミヤマキリシマです。
高千穂河原は、えびの高原から車で15分程です。

鹿ヶ原で撮ったミヤマキリシマ
鹿ヶ原のミヤマキリシマ(正面の山は御鉢、奥が高千穂峰)


えびの高原だと、「ホテルピコラナイえびの高原」(えびの高原荘)がありますね。
宮崎交通が指定管理者だった「えびの高原荘」の時は泊ったことがありますが、今期、指定管理者が変わり、リニューアルでどんな感じになっているのか興味あります。

 ホテル ピコ ラナイ えびの高原(じゃらんnet内ページ)

ひとりごと
えびの市・・といえば、6月末期限のえびの市内の某宿泊施設の「ペア宿泊券」が手元にありまして・・
コロナが落ち着いたらと、延ばし延ばして来たのですが、「ジモ・ミヤ・タビキャンペーン」が始まると宿泊客が増えそうなので、始まる前に利用した方がよさそう、来週あたり宿泊しようか・・いつもぎりぎりにならないと動かない性格でして(^^;) 


− 宮崎県内宿泊最大90%割引き?「ジモ・ミヤ・タビキャンペーン」 −

Comments

Comment Form




日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP