日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

桐の花 西都原古墳群

Posted morimori / 2022.04.21 Thursday / 23:54


前に書いた木城町 石井記念友愛社 石井十次資料館前の水田の鯉のぼりを見学する前に西都市 西都原古墳群にある「桐」の大木を見学しました。
今年も多くの花を咲かせておりました。

「宮崎県立西都原考古博物館」の西側に大きなきりの木があり、毎年、桜が終わった頃に淡い紫色の大きな房状の花を付けます。

キリの花(西都原古墳群にて)
キリの花(西都原古墳群にて)


キリの大木(西都原古墳群にて)
キリの大木(西都原古墳群にて)

ジモミヤタビ キャンペーン
宮崎を旅して観光業を応援しよう!
宮崎県の「ジモミヤタビキャンペーン」
最大5,000円引、付与クーポン分差し引くと代金0円も!
5/9(月)チェクイン - 6/1(日)チェックアウトまで
対象:宮崎県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、鹿児島県在住者


花房は結構大きく、人の頭位あります。
撮影は4月20日、満開、今年も花付が良く感じられました。

キリの花(西都原古墳群にて)
キリの花(西都原古墳群にて)


黒い種の鞘も付いているのが見えました。
「キリ」は「ジャカランダ」と同じ「ノウゼンカズラ科」のようで、花や種の形状が良く似てますね。

キリの花と鞘(さや)(西都原古墳群にて)
キリの花と鞘(さや)(西都原古墳群にて)


タンスの材料や家紋、500円硬貨のデザインでも知られる「桐」ですが、以外に実物の花を見たことのある方は少ないのではないでしょうか?

500円硬貨に描かれた桐
500円硬貨に描かれた桐(キリ)


まだ見られるかなと思っていた高取山のミツバツツジはほぼ終わりでした。


桐の場所 マップ


菜の花・桜・ミツバツツジと華やいだ西都原の春の花もそろそろ終わりですが、クスノキの新緑がとても美しいです。

クスノキから作られる「樟脳しょうのう

余談ですが・・ クスノキ で思い出したので。
樟脳(しょうのう)をご存じでしょうか?
樟脳(しょうのう)は 樟(クスノキ)から水蒸気蒸留法という手法によって抽出され、遠心分離機で水分を取り除くことで粉末状にしたもので、防虫効果があります。
防虫製品がなかった時代では、樟脳(しょうのう)をタンスや押し入れの中に入れ衣類などを虫から守ってきました。

桐の木=タンス、クスノキ=樟脳 という、つながりのある話題でした。


− 桐の花 西都原古墳群 −

Comments

Comment Form




日本のひなた宮崎県
「ジモ・ミヤ・ラブ」
PAGE TOP