日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

建設中の「小戸之橋」とアミュプラザみやざきなどが入る宮崎駅西口の複合ビル

Posted morimori / 2020.01.04 Saturday / 23:22


平成23年3月より架け替え中の「小戸之橋」は、北側の仮桟橋を解体中でしょうか? 橋自体はもうすぐ開通という感じにも見えましたが・・
完成はまだまだ、1年以上も先、令和3年3月なのね・・

小戸之橋(宮崎市)
建設中の「小戸之橋」(2020年1月4日撮影)拡大あり


小戸之橋

小戸之橋(宮崎市)

宮崎広域都市計画道路事業 昭和通線

事業の目的

 都市計画道路昭和通線のうち、小戸之橋を含む前後の区間は、都心部への流入交通量を分散させ、特定の路線への集中を緩和させる機能を担う宮崎都市圏の内環状(宮崎内環状線)を構成する重要な路線となっています。しかし、従来の小戸之橋は、昭和38年の建設後、約50年が経過し、次のような問題点があり市民生活に大きな影響を及ぼしていました。

・建設後約50年が経過し、老朽化が著しい
・昭和52年より大型車の通行規制をしている(重量制限10t) 
・平成16年より台風時の通行止めをしている(最大瞬間風速30m/s) 
・橋脚が多く、河川を阻害する割合が大きい
・片側歩道で、歩行者及び自転車の安全が確保されていない

 小戸之橋を架替えることにより、上記の問題点が解消され、良好な歩行者・自転車ネットワークの形成を図ることが可能となります。また、本線は、宮崎市地域防災計画において避難路として位置付けられているため、本区間を早急に整備します。

事業の概要

事業期間: 平成23年3月〜令和3年3月
事業費: 約91億円
橋種: コンクリート橋(7径間ポストテンション方式PC連続箱桁橋)
橋長: 506m
幅員: 16m〜19m(車道部8m〜11m、自転車歩道部3.5m×2)
引用元


平成25年11月より始まった工事は約7年半かかり、令和3年3月完成予定。

普通に考えると、工期かかりすぎじゃない?と思いますが。
“河川内の工事は、大雨の覆い時期(梅雨や台風など)は行うことができません。
これは工事の影響で川の流れが妨げられ、周辺に悪影響を及ぼす場合があるからです。”
とのこと。

計画・予算などもあるだろうし、早まることはないでしょうね。

小戸之橋 地図



 

建設中のJR宮崎駅西口複合ビル

宮崎駅前を通ったところ、「アミュプラザみやざき」などが入るJR宮崎駅西口複合ビル(JR宮交ツインビル)の内の一つ、駅に隣接する10階建てのビル(建設中)の鉄骨の組み上げがだいぶ進んでおりました。

駅ビル
JR宮崎駅西口に建設中の複合ビル(2020年1月4日撮影)拡大あり


こちらは、今年(2020年10月)に開業予定だったかと思います。

以下の基本計画のイメージパースなどは、2019年3月に発表されたものであり、その後の設計変更などにより、整備内容が変更になっている場合もあります。(参考程度に)

宮崎駅西口駅前広場再整備 基本計画 (平成31年3月) /宮崎県 より
宮崎駅西口駅前広場<br />
再整備 基本計画(平成31年3月)より

宮崎駅西口駅前広場<br />
再整備 基本計画(平成31年3月)より

宮崎駅西口駅前広場<br />
再整備 基本計画(平成31年3月)より

宮崎駅西口駅前広場<br />
再整備 基本計画(平成31年3月)より

 過去に書いた関連記事

どちらも待ち遠しいですね。
 



− 建設中の「小戸之橋」とアミュプラザみやざきなどが入る宮崎駅西口の複合ビル −


日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP