日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

神話の源流「高千穂夜神楽御祭」午後のみ見学

Posted morimori / 2021.10.17 Sunday / 23:33


※この記事は、後日バックデートで書いたものです。(^^;)


10月17日、高千穂神社神楽殿において、神話の源流 高千穂夜神楽御祭 が開催されました。
国文祭・芸文祭みやざき2020の「分野別フェスティバル」の一つとして開催されたもので、当日は、国指定無形重要文化財「球磨神楽」(熊本県)、「豊前神楽」(福岡県)、「高千穂の夜神楽」の神楽が披露されました。
公演は、午前の部と午後の部があり、各100名限定、事前申し込みによる先着順でした。

当方は、午前、午後行く予定でしたが、予期せぬアクシデント発生の為、午前の部は止む無くキャンセル、午後の部のみの見学となりました。

このブログでは、縮小画像をいくつか掲載、拡大画像、詳細説明はWebPageを作成しましたので以下をご覧ください。

 神話の源流 高千穂夜神楽御祭

神話の源流「高千穂夜神楽御祭」02

神話の源流「高千穂夜神楽御祭」03

神話の源流「高千穂夜神楽御祭」04

神話の源流「高千穂夜神楽御祭」05


神話の源流「高千穂夜神楽御祭」06

神話の源流「高千穂夜神楽御祭」07

ジモ・ミヤ・タビ キャンペーン
県内を旅してコロナ禍で疲弊する観光業を応援しよう!
宮崎県民限定「ジモ・ミヤ・タビ」キャンペーン
隣県割
大分県、熊本県、鹿児島県 在住の方限定【隣県割】宿泊最大一人あたり5,000円割引


神話の源流「高千穂夜神楽御祭」08

神話の源流「高千穂夜神楽御祭」09

神話の源流「高千穂夜神楽御祭」10

神話の源流「高千穂夜神楽御祭」11

神話の源流「高千穂夜神楽御祭」12


このブログでは、縮小画像をいくつか掲載、拡大画像、詳細説明はWebPageを作成しましたので以下をご覧ください。

 神話の源流 高千穂夜神楽御祭


「国文祭・芸文祭みやざき2020」はこれで終了です。
関係者の方は「コロナ」で大変だった事でしょう。お疲れ様でした。
私の「国文祭・芸文祭みやざき2020 広報サポーター」(ボランティア)の活動もこれで終わりです。


(余談)折角なので、この日は高千穂に一泊してきました。

翌朝、雲海出現に期待しつつ、この日は、宮崎県の県民宿泊割引キャンペーン ジモミヤタビキャンペーン」と、高千穂町独自の宿泊キャンペーン 宮崎県民たかちほ割引」を利用して「ホテルグレイトフル高千穂」に一泊しました。

(翌朝は今年一番の冷え込み、6℃まで冷え込みましたが、湿度が足りなかったのでしょう、国見ヶ丘から雲海は望めませんでした。ほんと「運」海なんですよね。)

「ホテルグレイトフル高千穂」ホテルの部屋(RM NO.411)の窓から、二上山、国見ヶ丘などが見えた。夜の帳が降りる頃、武道館の千木などもシルエットとなって良い雰囲気でした。

高千穂の夕景 ホテルグレトフル高千穂にて


朝食付き8,000円のプランを予約
「ジモミヤタビ」適用で、割引後の宿泊料金は4,000円。
 日曜泊なので4,000円分のジモミヤタビクーポンを頂きました。
「宮崎県民たかちほ割引」も間に合い適用されたのでさらに2,000円割引で、宿泊料金は2,000円でした。
翌日、ホテルグレイトフル高千穂での「宮崎県民たかちほ割引」は終了したようですが、他の、高千穂の宿泊施設ではまだ使えるところもあるようですし、「ジモミヤタビキャンペーン」はまだまだ大丈夫そうです。

宮崎県民の方は、この機会に「ジモミヤタビ」を利用して、高千穂へ行かれてみてはいかがでしょう。


次は、やはり出なかった「雲海」、そして 久々訪れた「天安河原」の写真紹介です。、


【 追記 】 後日当日の様子を収めた動画が公開されました。






− 神話の源流「高千穂夜神楽御祭」午後のみ見学 −

Comments

Comment Form




日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP