日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

10月17日(土)〜宮崎県総合博物館で特別展 みやざきの神楽−神々への感謝と祈り−開催

Posted morimori / 2020.09.01 Tuesday / 23:00


【 追記 】 特別展『みやざきの神楽〜神々への感謝と祈り〜』開会式・会場の様子など紹介。


宮崎県総合博物館 みやざきの神楽 特別展
告知バナー 〜宮崎県総合博物館サイトより〜 (8/26追記)

10月17日(土)〜11月29日(日)、宮崎県総合博物館において、特別展『みやざきの神楽 −神々への感謝と祈り−』が開催されます。 

今回、当方も神楽の写真で関わっておりまして、主な展示内容をチラシを交え紹介します。

会期:令和2年10月17日(土)〜11月29日(日)
休館日:毎週火曜、11月第一週のみ4日(水)が休館
会場:宮崎県総合博物館特別展示室(2階)
入場料:無料

 普段お目にかかれない大変貴重な資料、テーマに基づく県内各地の神楽面などの展示、御神屋・注連の再現、神楽の公演、講演、ギャラリートークなどの企画もあるようで、神楽に興味のある方はもちろんの事、神楽は初めてという方にも、宮崎県内の神楽を知る絶好の機会、展示内容と思います。

チラシ(フライヤー)

宮崎県総合博物館「みやざきの神楽〜神々への感謝と祈り〜」

本展覧会は、国文祭・芸文祭みやざき2020 さきがけプログラムの特別応援プログラムです。特別応援プログラムとは、国文祭・芸文祭みやざき2020 さきがけプログラムと同時期に開催され、一緒に盛り上げるイベントです。

宮崎県立博物館 特別展「みやざきの神楽〜神々への感謝と祈り〜」チラシ


国文祭・芸文祭みやざき2020さきがけプログラム(特別応援プログラム)宮崎県総合博物館 特別展

みやざきの神楽 神々の感謝と祈り

展覧会の趣旨

 宮崎県は日本有数の神楽の継承地です。その神楽は、各地で長い年月を経る中で様々な姿となり現在に至っており、展覧会では県内神楽の歴史や多様な内容の資料を一堂に集めて紹介します。祭りの場では近くで見ることができない外注連そとじめもの天蓋てんがい採物とりもの、神楽面、衣装、楽器、唱教しょうぎょう・神楽歌の記録などを展示します。きらに神楽と結びつきが深い記紀神話などに関する資料についても紹介します。

展覧会の構成

第一章 神楽の起こり

 古文書や文献、古い形式をもつ神事などから宮崎県の神楽の歴史を紹介します。
また、神楽と記紀神話との関連についても取り上げます。

第二章 神々との出会い

 神事や演目に着目し、神楽のなかで行われる祓い清め、神招き、神遊び、神への願いなどの姿を紹介します。

第三章 地域に伝わる神楽

県内で継承されている200余の神楽を紹介するとともに、特徴をもった神楽面や舞う時に手に持つ採物、衣装、神楽の場の彫り物などを取り上げます。

第四章 神楽への招待

国・県の指定文化財となっている神楽について、それぞれの舞の姿をマネキン人形で再現し、さらに採物と神面、御神屋みこうや天蓋てんがいなどを紹介します。

第五章 次世代への継承

 神楽面を彫る現代の面師の作品、弥勤祐徳氏の神楽絵、ユネスコ無形文化遺産登録に向けた取組、神楽のふるまい料理などを紹介します。




関連イベント

※以下の【1】【2】【3】【4】については、「神話のふるさと県民大学」と関連した企画で、すべてインターネットによる事前申し込みが必要です。また、会場も異なりますのでご注意ください。
詳細は、以前書いたブログ記事をご覧ください。

【1】みやざきの神楽フォーラム

定員:定員75名(事前申し込み要)
日時:11月22日(日)10:00〜12:30
場所:宮崎県企業局県電ホール
講演:みやざきの神楽を考える
時間:10:00〜10:50
小川直之氏(國學院大學教授)

パネルディスカッション:神楽を伝える「こころ」
時間:11:10〜12:30
浅ヶ部神楽保存会会長 甲斐晃一郎氏
椎葉神楽保存連合会会長、尾前神社宮司 尾前秀久氏
銀鏡神楽保存会会長 濱砂武久氏
祓川神楽保存会会長 西川嘉宏氏

【2】特別関連講演 高千穂の神楽歌にみる神楽伝承

定員:75名(事前申し込み要)
講演:大館真晴氏
日時:令和2年11月28日(土)13:30〜15:00
場所:宮崎県企業局県電ホール

【3】椎葉神楽(嶽之枝尾神楽)公演

定員:70名(事前申し込み要)
日時:10月31日(土)13:30〜16:30
場所:民家園・特別展示室(本館2階)

【4】博物館講座

定員:30名(事前申し込み不要 先着30名)
日時:11月7日(土)13:30〜15:00
会場:総合博物館 研修室1
内容:講演「高原の神舞について」 前田博仁氏(宮崎民俗学会会長)
 

【5】ギャラリートーク

特別版
10月17日(土)14:00〜14:50 小川直之氏(國學院大學教授)

通常
10月18日(日)14:00〜14:30
10月25日(日)14:00〜14:30
11月1日(日)14:00〜14:30
11月8日(日)14:00〜14:30
11月15日(日)14:00〜14:30
11月22日(日)14:00〜14:30
11月29日(日)14:00〜14:30

那賀教史氏、清水聡氏(宮崎民俗学会)
野添和洋氏(県総合博物館 民俗担当)
※それぞれ複数回担当
事前申し込みは不要(先着30名)

【6】神楽面制作見学会

10月24日(土) 13:30〜16:30
11月14日(土) 13:30〜16:30
会場:総合博物館 エントランスホール
講師:工藤浩章氏、古川鶴亀氏(県伝統工芸士)
事前申し込みは不要

【7】子ども神楽大会

11月21日(土) 13:00〜16:30
会場:総合博物館 前庭(雨天時はエントランスホール)
事前申し込みは不要(先着80名)

イベント等の中止や変更が生じる場合があります。
お出かけの際は、公式サイト等で最新の情報をご確認いただくようお願いします。


GoToキャンペーン 楽天トラベル
 楽天トラベル GoToトラベルキャンペーン


GoToキャンペーン じゃらんnet
 じゃらんnet GoToトラベルキャンペーン




おそらく、チラシに書いてあった、外注連そとじめもの天蓋てんがい採物とりもの 一般の方は、何だろう?と思いますので、「みやざきの神楽ガイド」/ みやざきの神楽魅力発信委員会編(鉱脈社)より 説明を一部引用掲載します。

御神屋みこうや

御神屋 戸下神楽にて


神楽を舞う場所は御神屋(高千穂町・日之影町・椎葉村)・御講屋みこうや(高原町)・神庭こうにわ舞処まいど・舞殿などと呼ばれる。

注連しめ天蓋てんがい

注連 天蓋 銀鏡神楽にて


神庭の中央には、天蓋風のものが吊るされている。それらは、雲・アマ・ヤタンパン・キンカイ (キンガサ) など様々な名称がつけられている。
 方形であったり、円形であったりする。色紙を飾ったり、和紙を切り刻んで入れて吹雪を表現したり、白い和紙を筋状に切り下げたりなど様々な仕掛けが見られる。また、布張りの図柄にもいろいろあり、日月を配したり、龍図を措いていたり、あるいは集落の氏神紋を染め抜いたりしている。

もの

 舞処の四周に張りまわす切り紙の飾りである。呼称はほかに、エリメ・切飾り・切抜き・切透し・四節・切子・ザゼチ・ザンゼツ・長押張り・造華 (花)・ローカなどさまざまである。
 神名や社名などの文字を切り抜いたもの、五行・十二支の動物・日形・月形・鳥居・四季の景物など様々な絵模様を切り抜いたもの、文字と絵を組み合わせたものなどがある。高千穂の二上神社の夜神楽では、雲の四周に木・火・土・金・水の彫り物を下げている。

彫り物 採物 浅ヶ部神楽にて


採物とりもの

舞いの際には、種々の道具を用いる。それを採物という。神を招く依代となるものであり、榊、折敷おしき(盆)、麻緒、御幣、杖、棒、扇、鈴、剣、弓、矢をはじめ、鍬や箕、杵などもある。
 榊は「柴」とも呼ばれ、神木である。葉を口にくわえて舞い、折敷に米や餅、そして榊の葉をのせて舞う。それを舞ったあとにまく。
麻は衣服の材料として多く栽培されてきたが、麻緒はまた神様に供える特別に貴重なものであった。榊や竹にさす御幣は、手にとって動かすと神霊の依代を表すものとなる。
 「杖」は棒状のものを総括した表現であり、「鬼神棒」や「面棒」、「藤のむち」などと呼ばれ、大きさや形も種々ある。


県総合博物館前の矢の崎交差点、メディキット県民文化センターの前などに看板が設置してありました。

看板


今回のポスター等に描かれている神楽と舞

(当サイト内関連ページリンクを記載)

〔国指定無形民俗文化財〕
銀鏡神楽 「宿神三宝荒神」
高千穂神楽(浅ヶ部神楽)「神颪(かみおろし)」
椎葉神楽(栂尾神楽)「芝ひき」
高原神舞(祓川神舞)「剱」
〔宮崎県指定民俗文化財〕※9/9時点
高鍋神楽 「寿の舞」
尾八重神楽 「綱神楽」
船引神楽 「箕取舞」
諸塚神楽(戸下神楽)「岩戸」
西米良神楽(村所神楽)「大王様」
日之影神楽(大人(おおひと)神楽)「舞開」
新田神楽「神楽」(綱切・・通称 蛇切り)(9月中旬指定)

〔日南市〕
潮嶽神楽 「魚釣り舞」


− 10月17日(土)〜宮崎県総合博物館で特別展 みやざきの神楽−神々への感謝と祈り−開催 −


みやざき のってん!プロジェクト

日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP