日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

高千穂 雲海を求めて国見ヶ丘へ(その1) 

Posted morimori / 2020.11.09 Monday / 23:01


県北プチ撮影記(2020秋)

高千穂町 雲海を求めて国見ヶ丘へ 1日目(ご覧のページ)
五ヶ瀬町 妙見神社の紅葉・妙見神水
五ヶ瀬町 五ヶ瀬ハイランドスキー場・鞍岡祇園山・夕日の里大橋の紅葉
高千穂町 高千穂神楽見学(観光客向けのダイジェスト版神楽)
高千穂町 雲海を求めて国見ヶ丘へ 2日目 |天孫降臨 二上山|槵觸神社の彫刻
延岡市 大瀬川の鮎やな

運が良く無いと見られない 雲(運)海

朝、道の駅高千穂にて・・

冷えこみだしたので、雲海が見られるかも?と高千穂へ向かった、写真は、夜明け前、道の駅高千穂にあるアメノウズメ像。

アメノウズメノミコト像(道の駅高千穂)
アメノウズメノミコト(古事記では天宇受賣命、日本書紀では天鈿女命と表記)


月と星が見える。
朝、星が綺麗に見えるようでは、この日 雲海は出ないことが容易に分かる・・。

お目当ての雲海は見られないが、国見ヶ丘は、市街地から車で10分程度なので、ご来光を拝みに車を走らせた。

国見ヶ丘で見る ご来光

上の写真を一部抽出拡大
見学するスペースは横にいくらでもあるのに、何故、ベンチに立のだろうか、ベンチに乗ると良く見えるのかなぁー??(変わらないよねー)
次、座る人が居る事も考えてほしいものです。
子どもが見てますよー

ベンチに立たないで

余談ですが・・写真左側にあるモニュメントの写真は当方撮影です(^^)
こういったところに設置しても、セラミック印刷なので、日焼けとかの劣化がほぼありません。
  



日が昇ると、あれほどいた人も・・居なくなります。
宿泊施設に帰って、朝食なのでしょう。

紅葉の様子を見に、遊歩道の先端まで行ってみました。
色付いた葉も多くなっているようです。

紅葉もだいぶ色付く 国見ヶ丘にて

紅葉もだいぶ色付く 国見ヶ丘にて

紅葉もだいぶ色付く 国見ヶ丘にて

国見ヶ丘より見た下の山の紅葉

ペアとかで乗れるブランコがいくつか設置してありました。
このブランコ、丁度この時期に太陽が昇る方向を向いて設置しているようです。
誰もいないので、こっそり、おやぢがセルフタイマー撮り(笑)

ブランコに不釣り合いな おやぢ

(11/12 追記】)実は、高千穂に留まり、翌日も雲海期待したのですが、出ませんでした。その後、帰宅、ライブカメラで確認すると、二日連続で雲海出てました・・トホホ(--)

当サイト内関連ページ
国見ヶ丘の雲海

この後、五ヶ瀬町の妙見神社へ向かった。
 


− 高千穂 雲海を求めて国見ヶ丘へ(その1)  −
日本のひなた宮崎県
「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴ
PAGE TOP