日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

2018年 関之尾滝のライトアップ|都城盆地の夏の風物詩、六月灯

Posted morimori / 2018.07.08 Sunday / 23:01


「日本の滝百選」関之尾滝(都城市)では、夏休み期間、夜はライトアップされ、昼間とはまた違う、幻想的な光景を眺めることが出来ます。

関之尾の滝 2018年ライトアップ開催期間

2018年7月21日(土)〜8月31(金)
時間:日没〜21:00
主催:庄内地区まちづくり協議会

関之尾滝ライトアップ
関之尾滝ライトアップ
満月だと良かったのですが・・あいにく三日月でした。


関之尾公園(関の尾の滝)に伝わる物語

今から600年前、時の都城城主 北郷資忠公(ほんごうすけただ)が家臣を引き連れてここで月見の宴を行いました。

こうこうたる月に映える滝の美しさ、甌穴(おうけつ)の不思議な水の流れに一行は酔っていました。

コラージュ
満月はコラージュ


この宴に庄内一の美女 十八歳の通称 お雪(おしず)がよばれ、殿様にお酌をしますが、緊張のあまり酒をこぼしてしまいました。

それを苦にした お雪は宴の終わった後 滝つぼに身を投げました。
お雪の恋人 経幸(つねゆき)は日夜悲嘆にくれて滝の上から声を限りにお雪の名前を呼び続け泣き悲しみ、槍の穂先で岩に思いをこめた一首の歌を刻み残し、行方が分からなくなりました。

書きおくも かたみとなれや 筆のあと
また会うときの しるしならん

この経幸の想いが通じて、毎年名月の夜になると朱塗りの盃が滝つぼに浮かんでくるのでした。
二人を偲んで恋人道志で男滝、女滝に酒を流すと必ず結ばれるという。

/ 都城市 都城市観光協会

 
続きを読む>>

PAGE TOP